読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

EF-M28mm F3.5 マクロ IS STMに期待していること

EOS Mシリーズユーザにとって楽しみなレンズが発表されました。

EF-M28mm F3.5 マクロ IS STMですっ!

f:id:tarijiri:20160609193529j:plain

 

公式さまはこちら。

cweb.canon.jp

 

スペシャルサイトも用意されてました!

cweb.canon.jp

 

発売は今月下旬とのこと。

私もネット情報にしか触れていないのですが、普段からEOS M10と初代Mを使って満足している私。魅力的なレンズはそのままカメラの魅力もひき上げてくれます。

今回は、EOS Mユーザ的に楽しみにしている点を挙げてみようと思います。

 

マクロレンズであること

スペシャルサイトで大々的に謳われているのが、EF-Mレンズ初のマクロレンズであるという点。

f:id:tarijiri:20160609211011j:plain

可憐な花を撮るときなど、細部に寄って大きく撮りたくなることがあるかと思います。普通のレンズでは、近すぎるとピントが合わなくなりどこかで妥協するわけですが、マクロレンズであれば寄って寄って、大きく写してもピントが合うのです。

 

スペシャルサイトにはこう書かれています。

「最大撮影倍率1倍のマクロ撮影ができる通常撮影モード」

1倍というのはセンサーサイズに対して実際のサイズで受光できる・・という意味だと思っているのですが、0.5倍などの簡易マクロもある中、このレンズは通常でも1倍という妥協のない性能。

そして・・

「最大撮影倍率1.2倍のマクロ撮影ができるスーパーマクロモードを搭載。35mm判に換算すると、約1.92倍に相当する、驚きに満ちたマクロ写真の世界を撮影することができます。」

ごめんなさい。よくわからないのですが、2倍近くのマクロが可能ということでしょうか!?顕微鏡とかそういった領域まで踏み込んでいるのでしょうか??

とにかく妥協のない、本格的なマクロレンズであることはよーく分かりました!

 

世界初!?ライト搭載

このカメラはF値が3.5と決して明るいレンズではありません。ですがマクロ用に、なんとLEDライトを搭載しているとのこと!

f:id:tarijiri:20160609205612p:plain

これならば寄って撮るときも明るく撮れますね。

しかもこのライトは左右に搭載されていて、どちらかだけを点灯するとか明るさ調整などの設定ができるとのこと。被写体に対して理想のライティングをすることで、艶を出したり影を出したり、意図した工夫ができそうですね。

マクロレンズとして意欲的なレンズであることが、さらにわかりました。

 

単焦点レンズであること

私はEF-Mこれまで唯一の単焦点レンズであった、EF-M 22mm F2をこよなく愛して使ってきました。

tarijiri.hatenablog.com

 

今でもとても好きな描写であり、このためにM10も購入して使っているわけですが、やっとこの単焦点ラインナップに第二弾が出たことになります。

今回は28mmということで35mm換算をすると約44.8mmという標準レンズと言われる画角です。より被写体の個を捉えるには向いていて、子供撮りの場合は家族の日常というよりも子供一人一人の姿を写せるのではないかと期待です。

 

単焦点の魅力は何といっても画質の良さ。M10辺りに単焦点を付けて街を撮るって楽しいんですよ。

こちらも本当に楽しみです。

 

手ぶれ補正付きであること

前述のEF-M 22mm F2.0について数少ない気になる点として、手ぶれ補正が無いことを上記エントリでも書いています。

一方、今回の28mmはレンズ名にISと付いていて、これは手ぶれ補正機能が搭載されていることを意味します。下手な私でも、ますます気軽に手軽に綺麗な写真を残せる可能性が増える、そんな貴重な機能だと思います。

 

サイズと価格

EF-Mレンズは本体が小さいのでレンズもそれに合わせたコンパクトなものになっています。公式によると全て太さが60.9mmで均一だそうです。

このコンパクトさで標準単焦点で本格的以上のマクロで、且つEOS Mシリーズの素晴らしい画質という、被写体によっては完璧に近いレンズになるのではないでしょうか。

しかもしかも!この性能を考えると価格も非常にリーズナブルと思います。

 

発売前から、ずいぶんリーズナブルになっています。

 

Canon レンズフード ES-22

Canon レンズフード ES-22

 

専用フードもかっこいい!2016年6月9日現在、レンズとフードで40000円を切っています。 

ついでに、EF-Mレンズは質感も気に入ってます。

 

Mシリーズの良さを体現しているレンズ

以上、スペックやネット情報だけだとほめるところしか見つからず、簡単に綺麗に本格的に撮れるEOS Mシリーズの良さを更に引き出すレンズに見えます。

 

最後に、ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、公式の動画を紹介させてください。


EF-M28mm f/3.5 Macro IS STM "The Day a New Lens Arrived" (CanonOfficial)

 

何故かなかなか日の目を見ない、EOS M10の素晴らしさも凝縮されている動画だとおもいます。。って私は商品のターゲットにないおっさんなのですが・・。

さておき、Mシリーズはいつの間にか、甘えの無いシリーズに育ちつつあるのかもしれません。

 

さて、ここまで褒めちぎってきたのですが、実は即購入?というわけにはいかない事情があります。その辺は追ってブログに書いてみようと思いますが、それはそれとしてとにかく、これは楽しみなレンズだと思います!

 

 

地味な存在ですが、使い勝手が良くてシンプルで綺麗に撮れて好きなカメラです。

ご興味持たれた方には、当然22mm単焦点付属のキットをお勧めします。

 

後日追記

EOS M3とM10は、7月にマクロを同梱したレンズキッドも発売されるようです!