他力と自力と

家事と育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

子供が学校の勉強に前向きになれた、ちょっとした仕掛けのご紹介

我が家の5年生の長男は、塾無しでの公立中高一貫校への合格を目指して、勉強を頑張っています。

 

f:id:tarijiri:20201017161937j:plain

残念ながら狭い我が家では子供部屋を作ってあげることができず、リビング学習です。

 

毎日やることを決めていますが、全部できる日もあればできない日もあって、乗っている日もあれば義務としてやっている日もあってと、中学受験勉強という厳しさのイメージに比べると淡々とした様子ながら、とにかく週に6日間は継続して頑張ってはいます。

 

ただ、塾に行っていないことが原因かもしれないのですが、なかなか目標に向かっているような感覚が持てていない様子です。

同じ目標を持った仲間と切磋琢磨できるような環境が無く、先輩が受験した様子や合否の結果が出るなどの現実を見ることも無いので、リアルなものとして捉えられていないのかもしれません。

 

そんな中でどうやったら子供が勉強に前向きになるのか、モチベーションを高められるのか、勉強がすきになるのか。そんなことを考えているのですが、ひとつやってみたところびっくりするぐらい子供が喜んでくれたことがありました。

今回はその仕掛けを紹介させていただきます。

 

その仕掛けとは・・

100点だった学校のテストを、リビングに貼り出すです!

 

 f:id:tarijiri:20201017155403j:plain

こんな感じで貼っています。

新しいテストが来たら貼り替えになるので、剥がしやすいマスキングテープを使っています。

 

・・それだけ?と思われたかもしれません。

そうなんです。これだけなんですが、本人はほんとうに喜んでいる様子なのです。

 

前提として我が家では、「学校の勉強が最も大事だよ」ということを常々言っています。プロの先生から教われる機会というのはとても貴重であることと、公立中学を受けるためには小学校の成績も重視されるからです。

そして学校でのテストは授業で学んだことが出ます。100点を取るということは、学校で学んだことを身に着けていることを確認できると同時に、筆記試験でミス無く実力を出し切る貴重な本番経験にもなるわけです。

なのでカラーテストや小テストなどで100点を取るということは、重要なパラメータであることを親子で共有しています。

 

ただ中学受験を目指している児童のみなさんは、学校で学ぶたいていのことは先に、しかもより難度を高く学んでいると思います。なので、学校のカラーテストはだいたいが100点を中心にした高得点を取るのではないでしょうか。

 

息子も、塾でバリバリの上位の子などには届かないものの、100点を取れています。なので当たり前のような感覚なのかもしれないながらも、上記のように100点を取れるということは大切なことであり、授業を大切にしてテストでミスをしなかった証拠。

ほんとうに凄いことなんだよ、と親が思っていると伝えるために、ある時持って帰ってきたテストを「すごいねー」と言って壁に貼ってみたのがきっかけでした。

 

息子が何度も何度もその壁に貼られたテストを見ては、誇らしいような表情をしていたのです。「お母さんこれ見て」なんて言っていたのです。

彼の自尊心も大いに満たされた様子。

 

なので100点のテストはここに貼るというのを決まりにしました。

 

 

そうすると毎回、嬉しそうに自慢しながらもったいぶったり、はしゃいだりしながら100点のテストを渡してくれるようになりました。もう10歳なのに単純すぎますが(笑)。

本人にとっては学校の勉強を前向きにできる一要素になってくれているのではないかと感じています。

 

さて、この仕掛けをやってみて本人がびっくりするぐらい喜んでいること以外にも、色々なメリットがありました。

・お金がかからないのに、効果テキメン!

・子供を思い切り褒めることができる

・親も喜んでいると伝えることができる

・二年生の妹も影響を受けて、100点を目指してくれるようになった

以前はここに印刷した大量の家族写真を貼っていたのですが、数が減るので楽になったというのもありますね(笑)。

 

こんなことをすると照れてしまって嫌がるようなお子さまも多いかもしれませんが、我が家はこんな簡単なことで学校での勉強に頑張れているようなので、やってよかったと思っています。

 

ちょっとしたことが子供の自尊心を育み、子供を褒める貴重な機会になりました。

別に100点じゃなくても、本人が頑張った結果があればいいんです。大いに褒めて、「これいつも見られるように貼ってもいい?」なんて言ってあげるのはいかがでしょうか。

 

皆さんは思ったより効果があった仕掛けなどありましたか?

私もまた気付いたことがあったら、報告させていただこうと思います。

EOS Webcome Utilityを使用して、”カメラを起動できませんでした”が表示された場合の対処法

コロナの影響から在宅勤務が増えている方も多いのではないでしょうか。

そんな中、キヤノンさんの一部EOS(イオス)カメラをWebカメラとして使えるWindowsアプリケーションが公開されました。

 

cweb.canon.jp

 

私のが自宅で業務に使っているメインPCにはカメラが付いていません。なので本サービスを試してみたのですが、アプリをインストールした後Google Meetに接続したところ、”カメラを起動できませんでした”というエラーとなってしまう問題に直面しました。

 

f:id:tarijiri:20201016042817p:plain

 

この問題の解決方法について、ネットで調べてもなかなか解決法が見つからなかったので、私ができた方法をご紹介いたします。

以下、確認した順に纏めてみます。

 

カメラの設定を確認

 

上記公式サイトには、次のように書かれています。

”カメラを[動画モード]に設定してください。

※最適な設定は、解像度が[Full-HD]、フレームレートが[29.97p](30p)です。お使いのカメラに29.97p(30p)の設定がない場合は、23.98(24p)を選択しても機能します。”

 

お手持ちのEOSの設定を確認します。

 

PCとカメラの接続を確認

 

次いでPCとカメラが物理的に接続されていることを確認します。

正しく接続されている場合、カメラの背面液晶にこのようなアイコンが表示されると思います。

f:id:tarijiri:20201016052541j:plain

これが写っていない場合、USBケーブルを指し直すなどして接続を確認しましょう。

 

私はカメラを購入するとダウンロードできる、PCからカメラを操作できるEOS Utilityというソフトを起動し、映像データがPCに送られていることも確認しました。

 

EOS Utilityを起動し、「リモート撮影」をクリックします。

f:id:tarijiri:20201016044532p:plain

 

こちらの画面が起動するので、「ライブビュー撮影」をクリック。

f:id:tarijiri:20201016044607p:plain

 

するとカメラで撮影している映像がPCに表示されます。

f:id:tarijiri:20201016044701p:plain

 

間違いなく、PCとカメラは接続されていることを確認できました。

 

ブラウザのアクセス権を確認

 

ブラウザがカメラのアクセスを拒否している場合もあります。

私はChromeブラウザでGoogle Meetで確認したのですが、Google Meetのページに行った際に次のようなカメラの許可についてポップアップが出たので、「許可」を選択しました。

 

f:id:tarijiri:20201016045245p:plain

通常、これだけで使えるようになるはずです。

 

OS側の設定

 

PCとカメラは接続され、ブラウザの許可もある。それなのにカメラが起動できないということでハマってしまったのですが、調べてみるとOS側も改めて許可が必要であることがわかりました。

 

EOS Utilityで接続できたとしても、それ以外にも設定が必要であったみたいです。

以下の手順で設定します。

 

Windows10の左下にあるウインドウボタンをクリックし、表示された「設定」アイコンをクリックします。

f:id:tarijiri:20201016045733p:plain

 

"Windowsの設定"の「プライバシー」をクリック。

f:id:tarijiri:20201016050018p:plain

 

プライバシー画面の左のリストにある「カメラ」をクリックし、”アプリがカメラにアクセスできるようにする”を「オン」にします。

f:id:tarijiri:20201016050308p:plain

私はこれでできましたが、ここでもダメならこのカメラページの下にある、"デスクトップアプリがカメラにアクセスできるようにする"も試してみてはいかがでしょうか。

 

これでOS側の許可を得ることができました。

 

再度アクセスでセキュリティソフトに設定→成功!

 

この状態で改めてMeetにアクセスすると、PCにインストールしているセキュリティソフトがカメラ仕様の許可を求められたので許可を選択したところ、成功しました!

 

f:id:tarijiri:20201016051528p:plain

これでもダメであれば、一旦ブラウザを再起動して試してみてください。

 

以上が、私がこの問題を解決した手順です。

ググれば簡単に出てくると思っていたのですが、実際には情報が全然上がっておらず非常に苦労したので記事にしてみました。

レアケースなのかもしれませんが、どなたかのお役に立てたら幸いです。

 

EOSで写る映像は、びっくりするぐらい綺麗です!

f:id:tarijiri:20201016052559j:plain

 

在宅勤務で増えたお肉があごの下に目立っているので、ここは何とかしなければ・・。

瞳オートフォーカス機能がアップ!EOS Kiss M2が発表されました

ひとつ前のエントリで一眼カメラが子供写真を撮るのにどんどん進化していますよ、という話を書かせていただきました。

しかもエントリー機もだいぶ使いやすいように性能がアップされてきました、と書いていました。

 

そしたら!

なんと、そんなジャンルにふさわしい最新カメラが今日発表されたので取り急ぎご紹介です!

 

それが、EOS Kiss M2というカメラです!

cweb.canon.jp

 

こちらは小型軽量の初心者に扱いやすいカメラでありながら、AF性能は過去の同シリーズよりも進化していました。

 

cweb.canon.jp

 

こちらを見ていただくとわかる通り、

オートフォーカスの性能がアップし、

動画でも瞳を追従してくれる機能も追加されたそうです。

 

エントリー機でこれですか。

まだ発表されただけで私も触ったこともないのですが、お子さんの綺麗な写真を手軽に撮るのにぴったりのカメラではないかと思います。

 

発売は11月ということでまだ少し先。

ご興味の湧いた方は、ご注目してみてください。

子供の顔写真が、この数年でとても簡単に撮れるようになりました

2020年現在、子供写真を撮る道具というのは圧倒的にスマホだと思います。

私も子供たちの写真や動画を撮る際にはiPhoneを多用しています。

直ぐに妻や祖父祖母にシェアできるし、いつでも見られるし、便利ですよね。

 

ただ私は綺麗に撮って残すことを重視していて、ことあるごとに写真は印刷して、毎年一年分をアルバムに纏めています。

f:id:tarijiri:20201011085247j:plain

ぼかさせていただいていますが、もう結構な年数溜まってきました。

印刷して残したいような写真は、やっぱり一眼カメラが撮りやすい!と思い使っています。

 

さて、実は一眼カメラでの顔写真の撮り方がこの2年ほどで劇的に変わってきたのはご存知でしょうか。より簡単に、綺麗に、失敗の無い写真が撮れるようにカメラが進化してきたのです。

どう変わってきたのか、私自身の変遷を踏まえてご紹介させてください。

 

子供写真で狙うところ

その前に、子供の顔写真を撮る時に一番きれいに写すために狙うところはどこかご存知でしょうか?

そうですね、目です。目が綺麗に撮れている、つまりピントも目に合わせるというのが基本になります。

 

その前提で、この数年で目にピントを合わせる方法がどんどんと簡単になってきて、それによって写真を撮るのが楽になってきた、というのが今回のお話です。

 

5年以上前=中央一点時代

私が子供たちの写真を綺麗に残したいと、かなり無理をしてキヤノンさんのEOS 6Dという一眼レフカメラを購入したのはもう5年以上も前でした。

6Dは写真はきれいに写るのですが、少し安い機材ということでフォーカスの合う場所がたった11点しかなく、一番精度が高いのが真ん中のみでした。

 

f:id:tarijiri:20201011092339p:plain

 

ファインダーを覗くと、このポイントが見えて、ピントを合わせたい場所を真ん中にしてボタンを半押しします。半押しするとピピッと真ん中のポイントにピントが合うので、そのままボタンを全押しまで押し込むとシャッターが切れる仕組みです。

 

では例えば子供の写真を撮る時はどうするか。

子供の目をファインダーの真ん中にしてピントを合わせるのですね。でそのままシャッターを切ると、やたらと上部と左右に空間のある写真ばかりになってしまうのです。

 

f:id:tarijiri:20201013024152j:plain

こんな感じで目が画面の真ん中にある写真が増えました。

 

子供の位置をもう少し横にずらしたような構図を作るためには、半押しでピントを合わせた後自分が理想とする場所にファインダー内の子供の位置を移るようにカメラをずらして、それから全押しするという必要があります。

このとき、折角目にピントが合っているのに動かしている最中にずれてしまう可能性もあるため、結構難しい。当時は目がぼやけた写真を量産していたものです。

 

中央一点時代は、折角きれいに写真が撮れるカメラであっても、目にピントをしっかり合わせるのは難しかったのです。

 

4年前=フォーカスポイント増加

 

EOS 6Dは当時でいうとある高いレベルの中でのエントリーモデルだったのですが、上位モデルはもっとフォーカスを設定できる場所が沢山ありました。

私が購入した1DX Mark2というのは当時の一眼レフの最高峰のカメラだったのですが、一気にフォーカスを合わせられる場所がこんなに増えました。

 

f:id:tarijiri:20201012200624p:plain

 

この小さな四角の場所にピントを合わせられるのです。

中央一点しかほとんど使えなかった6Dに比べて、子供の目の位置に近いところに移動させることができたのです。

 

なので写真を撮る際には、ファインダーを覗き、子供の位置を置きたい場所に近いところにフォーカスポイントを移し、それを瞳に合わせて半押しして、そのまま子供を置きたかった位置に動かしてボタンを全押しする。

真ん中一点よりは広がったし、ポイントの移動はやりやすくなりました。

 

・・でも、ですよ。

やっぱりフォーカスを合わせられる場所が中央に寄っていますよね?

いわゆる"一眼レフ"というカメラの構造上、フォーカスポイントを端っこまで広げられないのは仕方ないのです。

この外に子供の瞳を移したい時は、どうしてもピントを合わせた後にカメラをずらす必要があったのです。

これが当たり前だったので当時はなんとも思っていませんでした。ですが・・。

 

瞳認識時代

時代は一眼レフというカメラから、ミラーレスというカメラの時代に移りました。

ご存知ない方のためにざっくり言いますと、より便利で小さく軽くなったのです。

 

そしてすべての映像をデータとして扱えるようになりました。それによって、映像上の顔認識をカメラが勝手にしてくれて、画像上のどこに写っていても瞳を認識して自動でピントを合わせてくれるようになったのです。

 

f:id:tarijiri:20201012201524p:plain

 

もうこれですね。カメラ構えてお子さんを背面液晶に写せば、もうカメラが勝手に瞳を認識してフォーカスを合わせてくれるのです。

 

これはもう、革命的だと思います!

写真を撮るパパママは技術が要らないんです。背面の液晶に子供を捉えてさえいれば、もう目に勝手にAFが合うんです。その分、子供の表情に集中するとか撮りたい瞬間を狙うことが容易になるわけです。

 

だから今は子供写真を撮る時は、ファインダーを覗く必要すらありません。子供を背面液晶に捉えて、カメラが認識して瞳に□が付いたらボタンを押すだけ。これだけで簡単に美しい写真が撮れるのです。

※もちろんファインダーの中にも同じものが映っているので、同じことができますよ!

 

 

エントリー機へ

そして最近は、この技術がエントリー機にも波及しています。

レンズも含めて10万円前後のカメラですら、十二分に簡単に目にピントを合わせて写してくれる時代になってきました。

 

 たとえばこちらのEOS M200。

 

公式の説明ページがこちらになりますが、もう発売から3年になり今日現在Amazonさんではレンズセットで8万円を切るような落ち着いたこの機種にも、瞳AFの機能があります。

 

まとめ

ほんの数年前まで、瞳にピントを合わせるのに自分が操作する必要があったものが、今はカメラ任せにできるようになりました。

 

瞳AFに対応した機種も増えていますが、例えば動く子供の瞳を追従する機能が無いものや、動画の時には追従が効かない機種などもあります。

※前述のM200は、写真の時は瞳を追従してくれて、動画の時は瞳ではなく顔を見つけて追従してくれるようです。

 

もし興味を持たれた方は、その辺りを注視してカメラ選びをしてみてはいかがでしょうか。

 

もしEOS Mシリーズを選ばれる方は、単焦点レンズのついたこちらのキットを個人的にはお勧めします!

 

とはいえ望遠レンズも捨てがたい・・。

 

※このエントリを書いてすぐ、お勧めのカメラが発表されました!

 EOS M200も良いですが、更に瞳オートフォーカスの性能がアップしたカメラのようです。

tarijiri.hatenablog.com