他力と自力と

家事と育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

中学受験は合格だけが成功ではない!と気付けた話

4月から6年生となる長男は、塾無しで公立中高一貫校を目指して勉強を頑張っています。

f:id:tarijiri:20210221221108j:plain

 

とても難しいチャレンジに親である私の焦る気持ちが募り、子供にイライラをぶつけてしまうこともありました。合格するためには厳しさも必要と思いながらも、本当にこれでいいのかと自問し、親としてダメダメな自分に嫌気が差していました。

 

なのですが最近、とある考え方の変化からこの気持ちからだいぶ解放されることができたのです。

私自身とても楽になったので、もし同じように思い悩んでいる親御さんの参考になればいいなと今回のエントリを書いてみます。

 

公立中高一貫校の難しさ

息子本人を始め、我々親もいろいろと頑張りながら合格を目指して日々取り組んでいるわけですが、正直、実際に合格できるのかはやってみないとわからないというのが本音です。

それぐらい、難しいことにチャレンジしているという認識でいます。 

公立中高一貫校の難しさというのは、いろいろな要因があるんです。

 

最大の障壁は、適性検査はたった1回しか行われないこと。私立では同じ学校で何回か試験がありますが、公立校は一回しか機会が設けられていないのです。

もしたまたまその日に体調を崩してしまったら?コロナに罹ってしまっていたら?インフルエンザに罹ってたら。家族が発熱していたら?たった一回の検査もチャレンジすることなく終わってしまうかもしれないのです。

 

受検することができたとしても、適性検査はとても難しい。

我が家のような塾無しでは、情報が少ないというのが本音です。私立型の学習については需要が多いこともありネットや書籍で情報を得られることも多いのですが、公立中高一貫校は全体に対する受験者数が少ないこともあって、情報を発信してくれている媒体も少ないと感じます。

準備が正しいのか。どれだけやれば合格の可能性が上がるのか。準備も過去問からの手探りになっています。

 

そのうえ倍率も非常に高く、問題も予想がしづらいもの。

志望校の過去問は10年以上見ていますが、例えば作文一つとっても傾向がコロコロと変わっています。本番で焦る気持ちでちょっと鉛筆が止まってしまったら、何も書けないままに終わってしまう可能性もあります。

 

そもそも、中学受験は難しい

公立中高一貫校のみならず、中学受験そのものの難しさも感じています。 

 

最大のものは、わずか11歳~12歳という短い時期に一発で勝負が決まってしまうということ。

お子さまによって、頭や精神面の発達時期は違うと思います。そういう時期を迎える前に試験期になることもあり得るわけですね。

 

月齢も有利不利がありますよね。言い訳にするわけではないですが、長男は3月下旬産まれ。体験したことの豊かさが大事な検査だと感じるのですが、1年分の時間の違いは成長面のみならず経験値としても差が出てしまうと思うのです。

 

目標が切り替わったこと

この難しさをどう克服するのか。

自分の力が足りないばっかりに、あるいは経済力がないばかりに、こんなに頑張っている長男に結果を出させてあげられないかもしれない。

答えが見えないまま、私は息子が受検勉強を始めて以来ずっとこんなことを考えては勝手に焦り、広い範囲を詰め込もうとしすぎてしまい、長男の拙さにイライラし、それでも合格のためにさらに厳しく当たってしまっていたのです。

 

子供を可愛いと思う気持ちと、頑張りが不足しているように感じてイライラする気持ちを抱えて、自分の親としての、大人としての器の小ささに落ち込むような日々でした。

 

なのですが。

最近ようやく気付けたことがあります。

 

中学受験への取り組みが、それそのものが彼にとって既に十分にプラスになっているということです。

 

それは算数で難しい問題が解けるようになったとか、3.14の掛け算を暗記したとかそういう話だけではありません。

 

勉強の習慣がついたこと。

自分で調べられるようになったこと。

ものごとの本質に目を向ける練習ができること。

学校の授業を真剣に聴けるようになったこと。

社会の問題を知り、興味を持つことができたこと。

”やればできるようになる”という効力感を得られたこと。 

 

親の私ですらおざなりになっているような、こんな大切なことを学べているのです。

これは仮に不合格だったとしても、失うものではありません。

 

来年どの中学校に進学しているかは分かりませんが、これらのことを身につけながら小学校を卒業できたならば、彼は親の手も必要とせずに中学高校生活を楽しめるのではないでしょうか。

 

非常に難しいであろう、たった一度のチャンスにかけた合格を目指すことのみに執着するのでなく、彼の成長こそを喜びにできるのであれば、それこそを中学受験の成功という価値観が持てたら、きっと私たちでも成功させることができる。そう考えたのです。

 

これから目指すこと

合格のみに執着しなくなってから、明らかに私のイライラは減りました。

息子を叱る回数も減りました。

彼のために家族のために、本当に良かったと思います。

 

これを受けて、妻とこれからの勉強についてのテーマを決めました。

それは受検勉強を通じて、息子がワクワクしながら学べるように、彼の知的好奇心を育むことを目指そうということです。

彼自身が興味を持てる物に出会った時に力になるように。

 

その先にはもちろん合格を目指すわけですが、受検という取り組みのベースを合格のみに限定せずに済んだのは、よい気付きであったと感じています。

彼は既に毎日頑張って成長して、たくさんのものを得ているのですから。

 

受検が終わった時に、合格不合格にかかわらずやって良かったと家族で思えるような一年にしたいと思います。

 

もし中学受験をされる親御さんのなかで、高い結果を求めてどうしてもイライラしてしまうことがある方は、よければ参考にしてみてください。

 

最後に、私の気づきにつながった書籍をご紹介いたします。

 

受験を外から詳しくご存知のおおたとしまささんと、中からご経験豊富な京子先生こと安浪京子先生の対談と交互にご意見を書かれている書籍。

読みやすいし分かりやすいし、本当に大切なことは何か、気付かせてくれました。

 

わが子を合格させる父親道 (中学受験)

わが子を合格させる父親道 (中学受験)

 

ちょっと前にご紹介した、鳥居りんこさんの書籍です。

我が家のこれからの目標の参考になりました。

 

 

こちらも以前に紹介したことがあります。

ちょっと古くて、しかも中学受験ではなくサッカーの育成の話なのですが、子供を育てるという観点では中学受験もサッカーも全く一緒です。

親が教えることではなく、本人が好きになって頑張ることが大切、ということを教えてくれました。

池上正さんの著書はとても参考になりました。

 

まだまだ、書籍の通りには全くいかないのですけどね・・。

EOS R6を購入!私にとってはオールマイティーなカメラでした

迷いに迷っていましたが、マップカメラさんに在庫が出てきたのを確認した瞬間、衝動的にポチってしまいました。

EOR R6です!

 

f:id:tarijiri:20210218014751j:plain

 

このカメラに期待していたのは、この一台で私がやりたいほとんど全ての撮影を、

・手軽に快適に行い

・満足できる画質の写真が撮れること。

実際に手にしてみて、はっきり言いましょう、大満足です!

 

私の用途は、最も大切にしているのは家族写真を撮ること。そして子供のサッカー(つまり動きものの撮影)、あとは散歩スナップが大半です。

その中では先に挙げた期待を十分に満たしてくれた、オールマイティーなカメラでした。

 

カメラを始めて以来、私は撮影する対象に応じてその都度カメラを変えていました。そのため数台のカメラを所有していました。

最近であれば、画質と瞳へのAFを重視する家族写真であればEOS Rを、レスポンスや連写を重視するサッカー撮影には1DX2を、スナップには持ち運びを重視してE-M1Mark2やEOS M100を、同時に所有してそれぞれ使っていました。

このような方も多いのではないでしょうか。

 

それぞれのカメラは気に入って使い分けてきました。

なのですが、その全てのシチュエーションでEOS R6の方が快適に使えるのです。

なのでこの一台 で全てを賄えるようになりました。

 

実は順番としては逆で、資金のためにこのカメラを買うために私はこれらの機材を先に手放していました。

それらと引き換えに購入できたEOS R6を使ってみて、期待通りに使いやすいカメラであったため大満足できたということなのです。

 

それぞれのシチュエーションでカメラがEOS R6に変わったことでどういうメリットがあったのか、それについてはまた別のエントリで纏めようと思います。

 

参考までに、以下ほんとうに適当な撮影ばかりですが、EOS R6で撮って出しのjpg写真をLightroomで圧縮した写真です。

 

f:id:tarijiri:20210204185449j:plain

暗所にも強い!サクサク撮れます。

 

f:id:tarijiri:20210206091813j:plain

構図が下手ですが、写りの参考になれば。

 

f:id:tarijiri:20210210103419j:plain

 

f:id:tarijiri:20210206094757j:plain

これは水平だけ調節しました。バランス悪いな~

 

f:id:tarijiri:20210206160801j:plain

スポーツ撮影もとても撮りやすい!

 

ちなみに手元に残ったカメラ本体は、Canon FTbという機械式カメラ、そしてもうバッテリーもチャージャーもダメになってしまったけど手放せない御大EOS Kiss X。

そして、1DX Mark2です。

※EOS M100もあるのですが、これは初めての子供が生まれた親友夫妻に譲りました。

 

今回、使い道が難しくなってしまったものの最も思い入れのある1DX2を残すことはできました。その分お金は足りなかったため、妻に借金してしまいましたが(笑)。

 

それでもEOS R6を使えるようになって本当に良かった。

これから長く使い続ける相棒になりそうな予感がします。

  

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS R6 ボディー EOSR6

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS R6 ボディー EOSR6

  • 発売日: 2020/08/31
  • メディア: Camera
 

迷いましたが、思い切って買ってよかった!

 

Canon 標準ズームレンズ RF24-105mm F4-7.1 IS STM EOSR対応 RF24-105ISSTM

Canon 標準ズームレンズ RF24-105mm F4-7.1 IS STM EOSR対応 RF24-105ISSTM

  • 発売日: 2020/04/30
  • メディア: エレクトロニクス
 

スナップ用にこちらも購入。

写りがいいのに、非常に軽い! 

長男の歯磨き、本人に全て任せることにして感じたこと

子供の歯磨きって、いつまで親がやってあげなければいけないのでしょう?

我が家では、どこかで聞いた「子供が小学生のうちは、親が仕上げをする」というのをなんとなく守ってきました。

 

f:id:tarijiri:20210210043337j:plain

 

ちなみに我が家では、子供たちには朝は登校前に顔洗いと共にうがいをさせていて、しっかりと歯磨きするのは夜のみ、です。

歯磨きは、歯磨き粉を付けた歯ブラシで磨くことと、歯間ブラシのセットを意味しています。

 

夜寝る前に、それぞれが自分で歯ブラシに歯磨き粉を付けて、歯間ブラシと共に持ってきます。

そして私か妻が歯を磨いて歯間ブラシをかけてあげると、子供たちがそれを洗って元の場所に戻す。そんな感じで毎晩行っています。

 

子供3人のうち、もうすぐ6年生の長男ともうすぐ小学生になる次女では、親が行う負担が違います。理由は歯の大きさが違うから。

次女はようやく下の前歯が2本抜けて、他にぐらついている歯が無い状態。まだまだ歯が小さくて楽に磨ききれるのですが、ほとんどが大人の歯になっている長男の歯は面積が大きくて、擦る回数も増えるので結構めんどうなのです。

ちなみに、もうすぐ3年生になる長女はちょうどその間ぐらいですね。

 

ということで、長男はもう小学校の最高学年になるのをきっかけに、彼に関しては歯磨きを自分でやってもらうことにしました!

いちおう練習期間として、朝の通勤前にうがいではなく自分で歯磨きまでやってもらい、夜も歯間ブラシは任せるようにしており、準備はしていたのですが。

もちろん歯磨きが雑になって虫歯になるのは不安ですが、もうとっくに自分でできても良いですよね。注意することもあるかと思いますが、任せることにしました。

 

考えてみると、彼が生まれたときからずっと、身の回りのことに携わってきました。

ミルクもオムツもお尻を拭くのも、爪を切るのも離乳食を食べさせることも、全部私たちの日課でもあったのです。彼の成長に伴い、ひとつづつ自分でできるようになり、親として毎日のようにかかわっていたことはこの歯磨きだけになっていました。

 

それもいよいよ、卒業。とうとう身の回りのことはすることが無くなったのですね。

いつも通り、子供が成長して手を離れることがあるたびに感じる9割の嬉しさと共に1割の寂しさ、というか今回はもうちょっと寂しさ比率が高いかもしれませんが・・。

でも、これでいいのですよね(面倒くさいことが一つ減ったしw)。

親のフォローは形を変えて、まだしばらく続きます。

 

特に彼は塾無しでの公立中高一貫校受検という難しい戦いに向けて、あと一年を切りました。いよいよ最前線。

合格を目指すのであれば、これからの一年はもっともっと成熟する必要があります。

私たち両親も、それを精一杯フォローしてあげたいと思います。

 

クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ 30本×3

クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ 30本×3

  • 発売日: 2019/08/09
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

ちなみに、このY字型と言われる歯間ブラシが、子供の歯で使う時もとても使いやすいです!

次女による音読ハラスメント

我が家では決まったお小遣いはありません。

その代わり、本を読んだらそのページ数✖️1円あげるというルールがあります。

 

それを知った、保育園年長の次女。

お小遣い欲しさに本の音読を始めました。

 

最初は「すごーい、お勉強になるね~」なんて気楽に考えていたのですが、お金への執着が強いのか、隙あらば「聞いて」と親につきまとって一方的に読み始めるんです。

 

これが・・しつこい!

ひたすらに「お父さん聞いて」「お母さん聞いてて」と付きまとって、返事も聞かずに音読を始めます。

それはこちらの都合全く関係なし!ご飯を作っていても洗濯物を干していても、やっと一息休憩を取っていても追いかけてくるんです。

そして読み終わったら即「お金ちょーだい」・・。

 

f:id:tarijiri:20210201183343j:plain

食器を洗っている妻に向けて一方的に拙い音読を続ける次女。

 

そのしつこさには親も本気で怒るほどだったりするほど。

私たち夫婦は、この次女の一方的な音読を「音読ハラスメント」と名付けました。

 

f:id:tarijiri:20210201182625j:plain

直近の凶器は、図書館で借りてきたこちらの本でした。

いまのところ平仮名で書かれている本は、小学1〜2年生用の本も果敢に読んでいき、全て音読で読み切ります。

ただ内容は全く理解できていないようなので、これが良いことかどうかはわからないのですが。とりあえず本を開くのに抵抗がなくなるのは良いかな。

 

長男も長女も本に興味が無いのですが、次女が本好きになってくれたらいいなと思いながら、めんどくさいのにもできるだけ付き合ってあげようと思います。

・・まぁでもしつこいんだよな〜。