他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

EOS M100とM10をスペックベースで比較してみました

EOS M100というミラーレス一眼カメラの発売が発表されたということで、前回のエントリでは前機種M10のユーザとしてこのシリーズの特長についてまとめてみました。

 

tarijiri.hatenablog.com

 

今回はこの二つのカメラの違いについて、まとめてみようと思います。

まだM100は実機を使っていないのでスペックベースになりますが、参考になれば幸いです。

 

スマホ連携

スマホにアプリ(Camera Connect:以下略してCC)をインストールすることで、Wifiでの通信が可能です。

それによって、撮った写真をスマホにコピーしたり、スマホからボタンを押してシャッターを切るようなことができます。

 

このスマホ連携がM100になって強化されています。

 

まず、Wifi接続の部分で機能が強化されました。

これまではカメラの専用ボタンを押すこと、或いはNFCでタッチすることで接続しましたが、M100ではBluetoothからの接続が可能です。

f:id:tarijiri:20170831043715j:plain

カバンに入っているM100の電源をONすることなく接続ができるそうで、これは簡単かも!

私が持っているEOS M5というカメラもBluetooth接続可能ですが、こちらは電源ONのタイミングでの接続になるのでそれよりもより接続しやすくなっていますね。

Bluetoothで接続後は、CCから接続ボタンをタップするとWifi接続に移行し、各種機能が使えます。

 

NFCも簡単に接続できるので良いですが、Andoroidスマホのみ対象だったんですね。これでiPhoneユーザも接続が簡単になりそうです。

 

また、Wifi接続後のCCから使える機能として、GPSの位置情報を写真に埋め込むことができるようになったようです。

f:id:tarijiri:20170831043723j:plain

 

旅行先で使う場合などには便利そうですね。

 

スペック

M100になり、カメラとしてのスペックもブラッシュアップがされているようです。

スペックの比較表はこちら

 

ただこのカメラの役割を考えると、あまり違いを感じないかも・・。

私的に気になる点を挙げてみます。

 

素数

M10が約1800万画素であったのに対して、M100では約2420万画素にふえました。

私の持っているEOS M5というカメラも同じく2420万画素なので参考にすると、やはり精細さは増します。

 

でもそれはPCのような大きな画面で見る場合に目立つ違いであって、スマホの画面やL版~2L版写真に印刷する程度では、あまり違いは目立ちません。

むしろ画素が大きくなる=写真データが重くなる、という面もあるので注意は必要です。

※もちろん、小さなデータで写真を撮る設定も可能です。

 スマホに転送の際もリサイズ可能。

 

動画

いずれもFullHDでの撮影が可能ですが、M10が約30pまでだったのに対し、M100では約60pでの撮影も可能となりました。一秒に60コマの動画という意味です。

これにより、ぬるぬるとより滑らかな動画が撮れます。勿論その分データ量は増えるわけですが、もっと小さく撮ることも可能なので使い分けができるようになった、というわけですね。

 

オートフォーカス(AF)

ちょっとマニアックな話で恐縮ですが。。

自動でピントを合わせてくれるオートフォーカスの仕組みが代わり、M100ではより早くなりました。これにより、例えば歩いている子供にピントを合わせ続けるなど、動きものを追いかけやすくなったようです。

 

なのですが、やはりM100でも動きものの撮影は得意になったとは言えないようです。

逆に止まっているものやハイチーズして撮ることが多いのであればM10でもそれほど遅いわけではく、新しいAF機構を別のカメラでも使っていますが、そういった被写体ならば私はそれほど違いは感じません。

 

ただ、M100のほうがより暗いところでもピントを合わせられるようになりました(EV1→EV-1に。マニアックな単位ですが・・)。

そういった場所での撮影が多い方はM100が便利かもしれません。

 

起動時間

私としてはこちらが重要!電源ONしてからの起動時間が1.6秒→1秒に短縮されました。

私が使っているM5も1秒なのですが、これは結構な差があります。

 

ミラーレスで消費電力が大きいのでこまめに電源をOFFすることになると思いますが、「あ、シャッターチャンス!」と思った後の待ち時間は、やはり短い方が快適です。

 

モードスイッチが回しやすくなった(?)

本体の上部にモードを切り替えるスイッチがあります。

M10ではこれが回しにくかったのですが、写真を見ると改善されているように見えます。 

f:id:tarijiri:20170831051723j:plain

 

これは実際に触ってみなければわかりませんが、M10より扱いやすくなったかもと感じます。

真ん中の電源ボタンも押しやすくなったかも。

実機で試してみたいところですね。

 

まとめ

そのほかにも違いはありますが、私が気になった違いを纏めてみました。

いかがでしょうか。ブラッシュアップはされていますが、見た目やサイズ・重さなどもほぼ変わらず、役割としては変わらずと感じます。

 

最新のM100を買うか、それとも安くなったM10をレンズ付きで買うか、なんて悩まれている方もいらっしゃるかもしれません。

 

私的な視点で言いますと・・

M10よりも100をオススメしたい人

スマホとの連携をよく使う

・より高精細に写真や滑らかな動画が撮りたい

・起動時間を短縮したい

 

というところでしょうか。

この辺りは明確に違いがありますが、それ以外は実用的にはあまり違いは無いかもしれません。

 

ちなみに私は、M10からM100への買い替えはしないと思います。

同じ役割ならばM10で十分ですし、私の場合は、これ以上の撮影がしたい場合は別のカメラも持っているため。それと、あまりスマホと連携することが無くて、PCに接続して撮りこむばかりであるからです。

 

M100は発売日が10月ということで少し先のようですが、M10はお店に置いています。

興味がある方は触ってみてはいかがでしょうか?

何かしら参考になれば幸いです。

 

 

私がM10でお勧めなのは、EF-M22mmがセットになったこれかな・・。