読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

EOS Kiss のコンセプトが変わった!?という駄文

カメラ初級者のお勉強 雑感 2017 EOS M10

キヤノンさんより人気一眼レフシリーズの新製品、EOS Kiss X9iが来月4月に発売されます。

 

 

 

私はいまだにEOS Kiss Digital Nというカメラを現役で使っているぐらいなので、Kissシリーズに新しい製品が出るのはとても嬉しいし楽しみなのです。

 

で、夜中に子供にけっぽられて目が覚めたので、ついでにYoutubeで公式動画を見て驚いたのですが・・

www.youtube.com

これ、Kissシリーズのコンセプト変わっていないですか!?

 

これまで、Kissシリーズと言えばパパママ向けの「お子様撮り」カメラというコンセプトを全面に打ち出していたはずなのですが、この動画では若い女性が街撮りを楽しんでいる様子を描いています。

Kissという名前は引き継いだまま、コンセプトがパパママ用→若い女性向けと変わっているように感じませんか?

 

こ、これは・・私が愛用しているEOS M10の市場を食いに来たか!? 

 

・・とおもってオフィシャルサイトを確認すると、基本的にKissシリーズのコンセプトは変わらず、その中にX9iも組み込まれていますね。

cweb.canon.jp

 

ただ、この中のX9iの特別サイトではパパママ色はグッと減り、カメラとしての性能の高さを伝えています。

cweb.canon.jp

 

そこで海外のサイトを調べてみると・・実はCanon USAではKissではなく、EOS Rebel T7iという名称で、特にパパママ向けとしてではなく普通の一眼レフカメラとして売られていました。 

www.usa.canon.com

 

そしてCanon USAの公式をYoutubeで探してみると・・

www.youtube.com

カメラの名称だけが違う同じ動画でした。。

 

予算的なあれでしたか。Kissシリーズとはいえ日本独自の動画作成は今回は無いんでしょうかね。それともこれから出てくるのでしょうか。

とんだぬか驚きでした。

 

一人で夜中にこんなどうでもいい調べ物をしてしまったのでとりあえずブログで共有させていただき、さらなる蛇足として折角なので今回のX9iについて、世界的にはコンセプトの似ているM10ユーザの視点から思うところを書き残してみます。

 

一言、X9iって数段上のカメラ!という感じ。

M10からすると本職のライブビューすらDPCMOS AF(デュアルピクセルシーモスエーエーフ)を搭載したX9iの方が使いやすいと思います。私は1DX2でDPCMOS AFを使っていますが、AFが合うのも速いし顔認識なども速くて正確です。

それ以外に2400万画素はEOS M3で精細であることを確認しましたし、動画も60pだったり比較できるところはX9iの方が2世代ぐらい上位。

そのうえ一眼レフ機としてのメリットも享受できますもんね。

 

M10の方が優れているのは価格とサイズ感と、人によってはほぼタッチパネルだけで完結できる操作性でしょうか。あ、あとカラバリもかな。

ただ、これらは圧倒的利点。M10の良さも再確認できました。

 

エントリーモデルが充実するのはそのジャンルに入りやすい門戸を開くということ。EOS Mシリーズと共に今回のX9iも選択肢を増やしてくれることでしょう。

写真撮影という楽しい市場に、多くの人が触れてくれることを期待しつつ、この駄文を終わります。

 

失礼しました~。