読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

2016年8月 酒田帰省記 4日目

家事・育児 2016 2016年8月 酒田帰省記

今年8月、お盆休みを利用して一家で山形県酒田市の私の実家に帰省しました。

あっという間の3泊4日でしたが、子供たちにも楽しんでもらえたようです。

その思い出を書き残してみようと思います。

今回は4日目最終日。

 

庄内空港

最終日もいつも通りの朝を迎えました。

f:id:tarijiri:20160820051707j:plain

庄内空港発羽田の第二便8:50分の飛行機で帰ります。

今回の帰省ではずっと快晴の空。天気に恵まれました。勿論今日も快晴、飛行機も問題なく飛びそうです。

 

朝食を取り、空港までまた二台の車で移動させてもらいました。

私たち夫婦は免許を持っていますが、お互い路上では全く運転をしたことが無く、この帰省でも常に両親か実家の弟に車を出してもらっていました。この帰省の間にちょっとでも運転させてもらおうかな・・なんてかすめたりもしましたが結局は運転席に座ることも無し。多分エンジンの付け方も忘れています。

個人的には早く自動運転の世界になってほしいところ・・。

 

空港は非常に混んでいました。お盆休みのUターンピークの時期だったようです。

f:id:tarijiri:20160820054724j:plain

ちょっと早めに着きましたが、おかげでジジババたちと遊ぶ時間ができたようです。

 

夏の思い出

2年ごとに3人の子供が産まれた我が家ですが、絶え間のない育児生活の中でなかなか子供たちに楽しい思いをさせてあげられていません。特に子供らしく全身で思い切り遊ぶようなことはなかなか機会を与えられていません。

 

今回の帰省で、それが叶いました。

ザリガニ釣り、庭での水やり、車の来ない広い公園で走り回ること、海水浴、アスレチック。子供たちは本当に楽しそう。屈託のないという言葉がぴったりの笑顔で、全身で遊んでいました。

日常ではなかなか難しいので、こんなことを子供たちが楽しみに、また酒田に行きたいと思ってくれたらいいなと思います。

長男の夏休みの宿題にも事欠かない体験ができたようです(笑)

 

我々家族を快く受け入れてくれて色々と準備してくれた実家の両親、弟に感謝。とりあえず長男一人で帰省できることが分かったので、冬休みにも計画してみようかな。