他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

2018年5月、箱根一泊旅行 二日目

二日目は朝から快晴!

 

目が覚めたら妻と娘たちは温泉に行っていたので、ベランダで山肌の写真なんか撮っていました。

f:id:tarijiri:20180506082118j:plain

こういう写真はあまり撮る機会が無いので、適正露出が分からない・・。

 

f:id:tarijiri:20180506082324j:plain

朝ごはんも洋食でした。

一人前ぺろりと平らげるようになった長男。将来の食費が本当に恐ろしい・・。

 

f:id:tarijiri:20180506082513j:plain

食休み。

こちらの旅館にはWifi設備が無いので、Amazon Primeでダウンロードしておいたアニメを見ています。

久しぶりに見た「コララインと魔法の魔女」にハマる子供たち。

 

 

今日は早めに出て、小田原観光の予定です。

f:id:tarijiri:20180506082725j:plain

チェックアウトの時に富士山がくっきり見えていました!

 

今日も強風ということでロープウェーは運休。帰りもバスを使うことにしました。

f:id:tarijiri:20180506082922j:plain

ちょっと風があり、爽やかな五月晴れ。木漏れ日の中気持ちの良い移動です。

帰りは下りになるので、バス停まであっという間でした。

 

昨日は霧が出ていた平原もご覧のとおり。

f:id:tarijiri:20180506083126j:plain

降りてみたかったな~。

 

行きは箱根湯本からのバスでしたが、帰りは小田原まで一気にバスで移動しました。

ここでも酔い止めが効いてくれたようで、長男も半分以上寝て一度も吐くことはありませんでした。

 

f:id:tarijiri:20180506083323j:plain

一気に小田原まで到着!

 

今回は初めての小田原城観光。城下町の雰囲気は独特ですよね。

 

f:id:tarijiri:20180506083543j:plain

甲冑を身にまとうカーネルおじさんが居ました。

 

f:id:tarijiri:20180506083630j:plain

お堀の説明も長男は理解できる年頃。

説明をしてあげますが・・

 

f:id:tarijiri:20180506083701j:plain

f:id:tarijiri:20180506083717j:plain

家族が興味を持ったのは鯉でした・・。

 

小田原城はいろいろなイベントで大変盛況でした。

入口では沢山の屋台が出ています。

f:id:tarijiri:20180506084015j:plain

 

 

今年初めてのかき氷!

とても美味しかった。

f:id:tarijiri:20180506084121j:plain

 

ご飯ものもがっつり肉も売っています。

ホルモンも美味しかった~。

f:id:tarijiri:20180506084148j:plain

 

屋台以外にもビッグバンドの生演奏などもありました。

本丸の方に登っていくと・・

f:id:tarijiri:20180506084218j:plain

 

なんと猿が居たり!

f:id:tarijiri:20180506084248j:plain

 

トークショーをやっていたり手裏剣投げの体験ができたりと、こちらも大盛況。

混んでいたので小田原城内には入りませんでしたが、それは次回のお楽しみとしました。

 

小田原城がことのほか楽しかったので、駅に戻ってきてさすがに疲れた様子の子供たち。

f:id:tarijiri:20180506084828j:plain

 

ここで5歳の長女が「カメラ貸して」と言ってきました。

f:id:tarijiri:20180504125127j:plain

なかなかサマになっています。

この旅行で初めて、私の写真が残りました(笑)

 

こうして無事に帰宅することができました。

 

今回の旅行、去年に比べてずっと楽だったし観光も楽しむこともできました。

これはもちろん子供たちのおかげです。もちろんしょっちゅうケンカしたりポケモンに夢中になって怒ったりもありましたが、本当に子供たちの成長を感じました。

 

そしてこの旅行の最大の懸念が乗り換えの多さだったのですが、バスを使うことで便利に楽に移動できました。運よく全員座れたし、子供たちは移動中寝てくれたので、彼らの移動の負担は少なかったと思います。

 

旅行、本当に楽しめるようになってきたな~。

今後は積極的に旅行に行きたい気持ちになりました。

子供とを連れて大変というより、子供たちもお金がかかるようになるのでそちらの心配がありますが(笑)、お仕事頑張りたいと思います。

 

あ、家族旅行に6D Mark2を持って行った感想についても別エントリに書いてみようと思います。

 

家族に感謝!