読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

【傷写真注意】娘が舌を怪我してしまいました

4歳10カ月の長女が先日、舌を噛んで怪我をしてしまいました。

 

と、ここで急なんですが閲覧注意な写真がありますので、サムネイル用に素敵なツツジの写真を貼っておきますね。

f:id:tarijiri:20170509021011j:plain

 

 

今年のGWは家族全員カレンダー通りだったので、5月3日の水曜日からの5連休でした。

その前日の晩御飯の時に噛んでしまったらしく、出血もありとても痛がっていました。

閲覧注意!怪我の写真です。

f:id:tarijiri:20170509023142j:plain

 

痛みには波があるらしく、MAX時には「痛い!痛いー!」っと絶叫しながら涙をボロボロと流し続けます。あまりの痛々しさに見ている側も辛いほど。

とにかく朝になったら病院に連れて行こうと言うことになりました。

 

開けて3日、運の悪いことに休日ということで一般的な病院はお休み、休日用の病院に行きます。長男は親戚にの家に遊びに行ったので残りの家族で家を出て、妻が長女と病院へ、私は次女と病院近くの公園で待機することになりました。

運の良いことに病院には耳鼻咽喉科の先生がいらっしゃったそうですが、薬を塗って様子を見るしかないということで、痛みを消してあげることはできなそうです。

f:id:tarijiri:20170509023956j:plain

頂いたのはデキサルチンというお薬でした。

 

そこからの娘と家族にとって、GWは舌の痛みとの戦いでした。

実は週末の土日、家族にとって5年以上ぶりとなる旅行が控えていました。なのでそれまでに治ってほしかったのです。ところがそんな思いをよそに痛む時間はますます増えているようで、家で休んでいても気晴らしにと外に出ても、顔をくしゃくしゃにして泣きながら「しみるー!」「痛いー!」と絶叫するようになりました。

かわいそうな気持ちが大半ですが、私たち夫婦も延々と垂れ流される痛いという言葉に正直イライラもしてきて、「分かったから!」と言ってしまう始末。いま冷静になって考えればますますかわいそうなのですが、それだけ私たちも余裕が無かったのでしょう。

 

舌を痛めて大変なのは、ご飯や飲み物を満足に取れないことです。本人も痛い部分を避けて食べたり飲んだりしようとするのですがそれも難しく、食欲がなくなってきてしまったようです。体が痩せてきてしまいました。

 

身体は疲弊するようで、よく寝ています。

寝ている間は痛みが無いし、治りも早くなるかととにかく寝て欲しいと思っていましたが、目が覚めると痛みがピークから始まる様で、夜中にも泣き叫んでいました。

 

結局GW最初の3日間は何もできずに娘に付きっきり。

そして旅行に出発する予定の土曜日の朝、やはり絶叫して泣きながら起きた娘を見て「旅行はキャンセルだな」と思ったのですが、一度落ち着いたら痛みを感じる時間が減ってきたことと、イソジンを入れた水でうがいをすると楽になることを発見できたこと、そして何より本人が強く行きたがったので、「じゃあ行こう!」と旅行は実行することを決意しました。

 

結果初日は本当に大変でしたが、夜から急に痛みが去ったようで、旅行も大成功。娘も頑張ってくれましたし、他の子もフォローしてくれました。

一応週明けの月曜日に妻が休んで病院に行き、やはり一週間ほど様子見しようと言われたそうなので、翌火曜日も私が休んで一日付き添うことになりました。

 

現在まだ完全に治っていませんが、痛みを感じる時間は激減。回復が見えてきて本当に良かった。

舌のケガは本当に痛そうで辛そうです。できるだけ誘発しないように気を付けてあげたいと思います。