読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

広角レンズを買うぞ!

本当に嬉しいことに、一番下の子がだんだんと成長してきて、お出かけでも少しずつ手を離しておける時間が増えてきました。上の二人もますます手がかからなくなっています。

先日はそんなエントリを書かせていただきました。

tarijiri.hatenablog.com

 

ようやく、ほんのちょっとだけ余裕が生まれた!

車の無い我が家では、家族でお出かけというと近くの公園に朝早くから行くのが関の山だったのですが、買い物や食事をみんなで楽しめる日が近づいてきた予感がします。

 

折角生まれてきた余裕、そんな家族でのお出かけの際にも何気ない思い出を撮っておきたいもの。公園だけなら一眼レフでもいいのですが、目的を持ってのお出かけには大きすぎます。

そんなときには私の手持ちカメラではコンパクトなEOS M10がとっても便利!だと思うのですが、上記エントリのお出かけの際に問題に気づきました。実は我が家の手持ちのレンズでは、狭い場所では二人以上の家族を一緒に撮るのが大変だったのです。

 

我が家では標準レンズの、35mm換算で28mmが最も広い広角となります。 

 

このEOS M用標準レンズのほかに、EF-S 18-55mm 2というレンズも主にEOS Kiss Digital Nで使っています。こちらも軽くて良いレンズですが、画角は一緒。

f:id:tarijiri:20160705201907j:plain

 

キッドレンズながら子供撮りには便利に使っていまして気付いてなかったのですが、食事や買い物をするような狭い場所では28mではちょっと狭いんですね。

因みにこれは換算28mmで撮った写真。見事に長男の顔が見切れてしまいました。。さらに兄妹まで入れようとすると自分が下がらなくてはいけなくなります。

f:id:tarijiri:20160705200820j:plain

 

そこで、この夏のボーナスから労働闘争で勝ち取ったわずかなお小遣いをつぎ込んで、軽量コンパクトな超広角レンズを購入することにしたのです!

 

※因みにフルサイズの6Dで使っているレンズでは24mmからの広角があるので、自宅では広々と子供たちが絡んでいるところが撮れています。今回は家族でのお出かけ用ということで、コンパクトなレンズが欲しいのです。

 

自宅のテーブルで24mmで撮る画角がこんな感じ。ホワイトバランスいい加減ですみませんが、今回は広さだけを見てもらうとして。

f:id:tarijiri:20160705201704j:plain

食事などで家族3人撮ろうと思うと、24㎜でギリギリというところでしょうか。

なので、条件としては、最低でも換算24m以上広角のレンズとしました。

 

候補は二つ。

一つ目はEOS Mシリーズ専用の、EF-M11-22mm F4-5.6IS STM 。 

映りの良さ、軽量な取り扱いやすさで評判です。

 

そしてもう一つは、EF-S 10-18mm F4.5-5.6 STM。 

こちらは更に広角となる上に、APS-C一眼レフとEF-Mシリーズの両方で使えるのが魅力です。

※EOS Mシリーズで使うには、こちらのアダプターが必要になります。 

Canon レンズマウントアダプター EF-EOSM

Canon レンズマウントアダプター EF-EOSM

 

 


そして、レンズではなくコンデジでもいいのではないかと、かつて親に譲ってしまったG7Xも候補に! 

 

24mm始まりはギリギリですが、なんせ明るいレンズで動画も綺麗、なによりM10よりもボディが小さく軽い!外出時にはほんとに良いカメラなんですよね。しかも元々完成度の高いカメラだったにもかかわらず旧機種となったため、価格もお手頃です。

 

ちなみに、この弟分のPowerShot G9Xも1インチセンサーで画質がいい上にG7Xよりも更にコンパクトで、ポッケにも余裕で入るという理想的なカメラなのですが、残念ながら28mmスタートなんですね!こちらも画質などを考えると勿体ないぐらい安価になっているので、ちょっと残念でした。  

なんでこんな値段になってるの・・?

 

限られた予算ではありますが、お出かけ用に人生初の本格広角レンズかコンデジを購入します。

何を選んだか、はまたお伝えさせていただきますね。

 

あ~迷うのって楽し~!