他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

子供たちのロタ感染

先週、3歳7カ月の長女が急に吐きだしました。

我々夫婦はこの時点でピーンと来たのです。そう、胃腸炎ロタが来たな、と!

 

我が家では毎年のように家族がロタに罹っていて、その都度子供が寝込んだり布団で吐いたりなどやられてきたのでした。全員が同時に寝込むこともあれば、順々に罹ることもあり、あまり体調を壊さない我が家では天敵とも言える病気であったのです。

なので長女が吐いたときに即、「この季節がやってきたな」と把握したのでした。熱を測ると38度台。

 

ただこれまで散々かかりまくったせいか、なんとなくですが年を追うごとに症状が軽くなっているのを感じていまして。

熱が出た初日は流石に元気が無かったのですが、夕方には熱が下がり、翌日にはお腹は痛いらしく食欲も無いけどフル充電レベルの元気さ。

一応保育園は休んでいたものの、直ぐに復活しました。

 

で、よくあるパターンで一人が治るころに5歳10カ月の長男に移ってしまったようなのですが、こちらも初日の夕方には元気を取り戻し、食欲はなさそうなものの既にやりたい放題となっています。

 

こうなると不安なのがロタに疎い1歳6カ月の次女。この子だけはまだ我が家のロタ戦争を体験していません。

恐らく長男の次に移ることになると思うのでさてどうなる事か、と構えていたら・・。

妻が思い出したのですが、そもそもこのロタウィルスはこの次女から始まったんじゃなかったかと。確かに機嫌が悪くてウンチが白くなっていたことがあったことを思い出しました。重篤化しなかったのは、妻がロタの予防接種を打っていてくれたからなのでした。

f:id:tarijiri:20160131125235j:plain

この子が元凶。

 

予防接種のおかげか、症状が酷くならなかったので夫婦で忘れていました。

つまり、子供たちの間での循環は恐らくこの長男でおしまい。

次女がどうなるか、という心配は杞憂と言うことになりそうです。

 

正直ほっとしました。

あとはインフルかな~。