読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

2014 J2 第2節 札幌 1 vs 1 山形

サッカー・山形

 われらがモンテディオ山形は、第2節にして

得点1

勝ち点1

を獲得しました。

 

開幕戦となった前節は共に0だったので、一歩前進。

しかも試合内容は格段に良くなった気がします。

 

試合はガップリ噛み合って面白かったです。前田選手って本当に天才的ですね。砂川選手は今になってまた全盛期を迎えているような存在感でした。FKのチャンスを作らせなくて良かった。

スカパーで解説をされていたゴン中山「選手」、本当に知的で解説を聞いているだけで面白かったです。笑えるという意味だけでなく、経験を活かしたファンが知りたいこと、見えない視点を簡単に教えてくれて、越智さん級にレベルが高いと感じました。 

 

山形に視点を向けますと、札幌さんからすると萬代選手の高さが脅威であったようで、ロングボールを競り勝てるシーンがありましたね。萬代選手も成長しているということでしょう。下位チームと戦う場合の武器が増えたと思います。

 

攻撃は前節に比べ大分スムーズになった気がします。やはりディエゴ選手は存在感がありますね。周囲の選手もディエゴ選手の位置を把握し、ボールを保持した際の最初の選択肢になっていたよう見えました。たとえゴールを背にボールをもらっても、プレッシャーが弱ければスッと前を向いて決定的なパスを出せたり、周囲のパス交換の間に良いスペースに入っていたり、ちょっとレベルの違う仕事を見せてくれます。

今後相手チームからのプレッシャーは増えると思いますが、彼のそばに伊東選手や宮阪選手がいることで周囲の選手も活きてくるのではないでしょうか。前線は良い距離感で戦ってほしいですね。

 

宮阪選手は本当に躍動していました。ボールに触れる回数は最も多かったのではないでしょうか。長短織り交ぜた、時に縦に強いパスは見ていて気持ちが良い!彼がボールを保持すると安心感も出てきました。今シーズン中彼が成長を続けてくれることが、チームをJ1に導いてくれるキーになると思います。

 

攻撃陣は昨年からの継続を感じますが、それでも最終ラインを突破する崩しはまだまだ。というか、パスミスも多くてこれでは保持率は高くても得点には繋がりにくいですよね。今後、コンビネーションがあがってくるのを期待します。

 

一方の守備は、心配に見えました。個での頑張りは目を見張ります。特に當間選手は本当に相手の得点を消す仕事を前節に続いてしてくれています。ですが、失点シーンの最終ラインの乱れや、サイドでボールを保持されたときバイタルまでぽっかり空いていることがあるなど、ポジショニングなどの問題はこれからの課題かと思います。

 

ですが、本当に見ていて面白く、可能性を感じる試合をしてくれていると思います。今後楽しみ!

 

次節は首位のラモス岐阜さんとの決戦!納得できる内容での勝ち点3を期待します。