他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド、家族でも楽しめる最高のゲームでした!

大傑作であったペルソナ5をクリアしたあと、二周目に取り組んでいたのですがこのゲームの評判を聞いて、Wii U版を購入して家族で遊んでいました。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドです!

 

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド [Wii U]
 

 

この2カ月、子供たちと楽しく遊ぶことができました。クリアしたので思い出を書き残しておこうと思います。

 

その前にゲーム、ほんとうに面白いです。

面白いというか、素晴らしすぎて私ごときでは語りきれません。ネットなどでも大絶賛されているので、興味のあるかたはいったい何が素晴らしいのか、是非検索してみてください。

少なくとも私にとって人生最高級のゲームでしたし、歴史に残るゲームだと思います。

 

 

さて、このゲームは非常に広いマップを上を自由に行動します。

自由度の高いゲームって面倒なのですが、このゲームはその辺が上手く作られていて、めんどくさがりの私でもワクワクしながら遊べたのがすごいわけですが。

そんななかマップ中に祠(ほこら)が点在しています。祠を見つけてその中に入るとゼルダらしい謎解きゲームになります。まず、これを家族みんなでアイディアを出し合ってクリアするのが面白かったです。

 

そしてこのゲームでは、食事を作るのも重要な要素となります。色々な材料がプレーの途中で溜まってくるので、それを組み合わせて料理を作るのです。

強い敵と戦うときは体力回復するもの。崖を長々と上る場合は、頑張りゲージの回復など、目的に合わせた料理を作れるように組み合わせるのが面白いところなのですが、我が家ではこれを小2の長男と4歳11か月の次女が担当してくれました。

料理はアクションではないので操作は難しくないものの、組み合わせる面白さがあって長女でも楽しめるのが良かったです。

 

実はラスボスとの戦いで、最高の思い出ができました。

2カ月に渡る戦いの末、いよいよ到達したラスボスとの闘いです。子供たちも立ち上がって日本代表の試合のような盛り上がりとなりました。

休前日だったので21:30まで起きていてよい日なのですが、ボスとの戦いが長引き22時に近づきます。でもラストの戦いということで妻も何も言わずに見守っていてくれます。リビングのボルテージはMAXに達しました。

 

そしていよいよ、最後の一撃を与えるとクリア!ということろで・・、なんと私がミスを繰り返して繰り返して、結局ゲームオーバーになってしまったのです!

 

・・いやその後は大変でした。長男と長女は興奮と怒りのあまり大号泣(笑)。

まさに阿鼻叫喚の中、長女からは「お酒なんて飲んでるからだ!!」とまっとうな絶叫系の叱責を受け、兄姉の異常な雰囲気を察知した2歳10カ月の次女からも「おとーたんのバカ!」と覚えたて(?)の罵倒を受け、散々泣いた後の長男は涙を流しながらも、悔しさを飲み込んで慰めの言葉をもらいました。。

 

・・ってか父の威厳よ!

最初は子供たちの興奮具合に笑っていたのですが、本気で悔しがっていることを知り反省に至り。

その日はさすがにそのまま終わって、翌日の休日、朝からリベンジを果たして威厳を取り戻したのでした。

 

それにしても、本当に素晴らしいゲームでした。

もしWii Uを持っているのに興味の無い方などは、繰り返しになりますが是非ネットで批評を見ていただき、遊んでみてほしいと思います。

 

例えばめぐみさんの絶賛も大納得でございます。

 

我が家にとってもとても良い思い出ができました。

そしてクリア後は・・ 

この本を子供たちに買ってもう一度やり直し始めましたが、また盛り上がってきましたよ!

まだまだ楽しませてくれそうです。