他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

カメラ弱者パパのコンデジ選び

まーったくカメラの事を知らない、一眼レフまともに使ったこと無い、コンデジはいつもオートのみ。そんなカメラ弱者のおじさんが子供たちの写真を撮ることに急に興味がわき始め、2週間の間に高級コンデジと一眼レフカメラを購入してしまいました。

これからカメラを楽しんでいこうと、その出だしの状況を書き残しておこうと思います。

 

カメラ購入のきっかけ

スマホの写真があまり良くなかった
私は昨年、ずっと使っていたガラケーをついに諦め、スマホ化しました。で、スマホ自体は非常に便利なのですが、私が使っているスマホはカメラ機能が非常に弱かったのです。はっきり言って解像度が低い上、色が薄くておかしい感じ。素人の私が見ても、ずっと使っていたiPodtouch(第5世代)より明らかに悪い。これが非常に困るのです。
 
何故かというと、スマホやiPodtouchで撮った子供たちの写真をDropboxでアップして、それをお互いの実家に見てもらっていました。それぞれ孫の写真をとても楽しみにしてくれているので、この写真画質ではちょっと酷すぎるかなと思ったのです。
さらに私の実家では苦戦しながらも10インチタブレットを導入。大き目の画面で観られるわけで、それはがっかりされるだろうなと考えたのです。
 これが最初のきっかけでした。
・まともな記録が無い・・?
我が家には一応、当時最高峰のコンデジがありました。それがこちら↓。
こんなデジカメを持っていたのに上手く使いこなせず(これは今思うと確実に私の無知さが原因です)、しかも子供連れで出かけるときなど重くて持ちだすのも面倒で、あまり使っていませんでした。
それでもiPodtouchで撮れる写真は綺麗に見えていたし、そのままWifiで簡単にDropboxに飛ばせていたので、特に問題とは意識していなかったのです。

なのですがこのたび自分でDropboxにあがっている画像を見てがっかり。iPodtouchの写真も本体の液晶で見ると大変綺麗ですが、PCなど大きなモニタで改めてみると非常に小さくて心もとない。スマホの写真があれば十分と思って便利さにかまけてスマホばかりを使ってましたが、綺麗な子供たちの写真を残せていないこと気付いたのです。

 以上2点から、これではいけないと。早急にもっとよい写真をこまめに残せるような体制を作らなければいけないと、私は焦って新たな対策を考える必要が出たのです。
私は早速調査を始めました。
 

当時の状況

なぜこんなことになっているのか。まず、私の現状を把握しました。
前述の通り、家に所謂高級コンデジであるCanon Powershot G1Xがあります。ですがあまり写真は撮っていませんでした。
日常的に子供の写真をどのように撮っていたかというと、iPodtouchかスマホです。
それらの写真は全てPCにも保存していましたが、その保存の頻度もチョーまれ。そもそもPCに接続そのものが面倒。保存した写真もほぼ見返すことはなく、あるとすればそれぞれのモニタから時々、という感じでした。
PCにつながない以上、手間を少なく日々の子供たちの姿を保存してDropboxに上げるにはWifi機能が必須ですが、G1XにはWifi機能がありません。
 
一方で長男が産まれたときに私の親が買ってくれたビデオカメラはあったので、動画に関してはしっかり残せていました。

 

問題の把握

今の現状で問題になっているのは何か。纏めると以下です。

・普段撮るスマホ等の画像は良くない

・それに代わって簡単に使えて綺麗に取れるカメラが無い

・カメラにWifiが付いていない

・自分自身がカメラに対する知識が無い

 

対策検討

 

じゃあどうすればよいか。

まずはカメラ機能が優れているスマホに変えようか、と考えました。スマホで良い写真が撮れればベストです。なのですが、そういうカメラは高い(例えばこちら)!まだ買って間もない、カメラ機能以外は気に入っているスマホを変えるのももったいない。これは直ぐに却下となりました。

 

次いで検討したのが、「それならば軽くて小さくてかさ張らず、スマホよりも綺麗に撮れてWifi機能のあるコンデジを新たに買って、子供と出掛けるときは持ち運ぼう!」という案です。ポッケに入るようなサイズであれば、休日などはそれほど荷物にならないし、さらに綺麗な写真が必要な時はG1Xを持ち出せば良い。

これは有力かと思い、実際に候補となるコンデジを探しました。※因みに我が家では諸事情によりキヤノン一択なのでご了承を。

最初に検討したのはこちらのカメラです。


Amazon.co.jp: Canon デジタルカメラ PowerShot S120(ブラック) F値1.8 広角24mm 光学5倍ズーム PSS120(BK): カメラ・ビデオ

軽くて小さくて画質もそこそこスマホよりはずっと良さそう。但し、値段が微妙に高い・・。約3万円弱しました。立場的に半端なものにしては、ちょっと出しづらい。と、納得までは行かなかったのです。

 

天啓

 

そこで遂に出会いが。最新の高級コンデジ、PowershotG7xの存在に気付いたのです!


Amazon.co.jp: Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7X: カメラ・ビデオ

いや、気付いてはいましたよ。いましたが私のしがないお小遣いでは予算的に到底無理。「高嶺の花など・・咲いてないやい!」作戦で人生で培ってきた「我慢」をここでも駆使しようとおもったのです。

なのですが調べれば調べるほど、サイズや画質、Wifi、さらにはバリアングルなどなど、今探している条件にあまりにもマッチしたカメラであるのです。ですが当然サブ機としては高過ぎる。

「ん?サブ機?」とここで天啓が。私は家庭内での位置づけではサブ機にあたるものを探しているつもりだったのですが、このG7Xこそ家庭のメインに据えられる画質に加え、いつでも持ち歩けるサイズ。つまりなかなか持ち歩けないG1Xは売ってしまい、メインとサブ機の両方をこれ一台で賄えれば良いじゃないか!と気付いたのです。

 

こうなってくると話は変わってきます。家庭用のカメラということになれば予算は家計から出てくると。冷静に客観的に考えても悪い話では無いと思いました。こうなれぱ説得の材料集めです。

そして説得力のある言い訳・・いやいやロジックを構築できました。

我が家には私が独身時代に持っていた捨てるに捨てられないデジカメがあったのですが、調べたところカメラのキタムラさんというお店では、それを下取りに出せ、更に買い替えということで安くなるということです。

つまり、

・我が家の必要な条件に合ったカメラが、

・使いづらい大型デジカメを売った分と下取り分で

・安く買えるうえに、

・無駄に複数あるカメラが整理できる

というもの。

使わないもの、機能がダブっているものは極力捨ててしまいという断捨離ネイティブな我ら夫婦にとっても魅力的な案かと思いました。

子供たちに激しく邪魔されながらも、妻に意見を伝えることができて納得してもらえ、なんと家計費で最新コンデジを入手することができました!

f:id:tarijiri:20150128053515j:plain

翌日には妻がカメラのキタムラさんへ赴いてくれ、現金は3万ちょっとで購入。このカメラを使った感想については別エントリで書かせていただきますが、本当に簡単に綺麗な画像が撮れて、綺麗な写真が残せて私も大満足、写真を見た実家のジジババも非常に喜んでくれました。

家の中もすっきり。なかなか使えなかったカメラも無くなったし、あれも良いカメラなのできっと他の方が使ってくださるでしょう。

 

カメラって面白い!

 

g7xの購入前後いろいろとその機能を調べている内に、いままで意識したことが無かったカメラの撮り方というものを少し勉強出来ました。

具体的には、絞り・シャッタースピード・ISO・露出などの用語やその意味です。g7xはこういった技術を駆使して写真を撮ることができるカメラであり、実際に自分試してみると・・背景ぼけなど意図通りの写真になるではないですか!

これが本当に楽しくて、急激にカメラというものに惹かれ始めたのです。というわけで40の手習いとはまさにこのこと、もうちょっと自らお勉強して見ようと思います。

 

このカメラ弱者のお勉強カテゴリでは、ド素人おじさんが子供の写真を綺麗に撮るために、勉強したことを書き残して行こうと思います。