読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

対コートジボワール、悔しい逆転負け

日本のワールドカップ初戦、コートジボワールを相手に先制した得点を守りきることができず、後半連続失点によって敗れてしまいました。。悔しいですね。

 

前半

試合の序盤、日本もコートジボワールも共にプレスに行かず、慎重な立ち上がり。これまでの日本のやり方と違うな~と感じていました。作戦かもしれないのですが、なんとなく違和感があるまま試合は進みます。

得点した前後は日本の時間帯でしたが、それ以外の時間は相手の攻撃を必死に防ぐだけの時間になってしまいました。積極的に仕掛けられないのか、相手の圧力に防戦一方になってしまったのか。

ただし、守備はしっかり戻るし身体を張るしで、個の強さに対して組織とガッツで無失点で終えました。

 

後半

後半になっても状況は好転しません。

ここで両チームの選手交代が明暗を分けます。

日本は、おそらく予定通りとは思いますが、中盤の長谷部選手を遠藤選手に交代、コートジボワールは強力な攻撃的選手、ドログバ選手を投入します。

守備に追われて疲弊した状態でドログバ選手が出場すると、コートジボワールの攻撃は更に活性化、妻が外出なので子供の昼ごはんの準備などに気をとられている間に連続失点してしまいました。。共に日本から見て左サイドから、サイドバックの選手にフリーでクロスを上げられてしまったようです。

 

日本は大久保選手、柿谷選手を投入し得点を狙いましたが、相手が引いている状況かつ短い残り時間では強みを出せず、最後まで押し込まれたまま試合は終わってしまいました。

 

積み重ねてきたサッカーをさせてもらえなかった?

試合後のインタビューで監督もおっしゃっていましたが、まさに日本らしいサッカーができていなかったと思います。

パスやランでビルドアップができず、放り込み→セカンドボールを拾われる展開でした。楔のパスもキープすることなく跳ね返されカウンターの機会になってしまいます。フィジカルとスピードの差をこらえきれずの失点に見えました。作戦が間違っていたのか、それを上回る差があったのか、素人の私にはわかりませんが。

 

チャンスも少ないながらありました。

前半の得点シーン、長友選手のドリブルと本田選手のトラップ→シュートと素晴らしい得点でしたが、それ以外にも相手のDFにはスペースが結構あったんですよね。それを突ききることができず、追加点までいたらなかったのが残念でした。そういったところで強みを出したい香川選手ですが、中に入ってボールを納めたシーンってあまり無かったですよね?

 

FWの大迫選手も周りと合っていないというか、ボールを上手く受けられず、失ってしまうシーンが目立ちました。一度右サイドを崩してクロスのシーン、いいタイミングでゴール前に顔を出して「追加点か」と思ったのですが、クロスが二列目の選手を選択してしまったので、そのチャンスも潰えてしまいました。

 

これじゃ終われない!

4年間積み重ね磨いてきた武器を使えないまま、集大成を終えることはできないでしょう!残り2戦、悔いの無い日本の戦いを見せてほしいです。

守備を売りにしていたギリシャは、まさかの3失点で負けました。向こうも必死でくるでしょう。それに負けずに、積極的に主導権を握って戦ってほしいです。

 

解説の岡田前監督がおっしゃってましたが、「開き直るしかない!」。なんて良い言葉。

ここからがワールドカップ!頑張れ日本!!