他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

次女が自分でトイレに行けるようになりました

3歳4カ月の次女が、トイレに自分で行けるようになりました!

 

f:id:tarijiri:20171212035439j:plain

成長著しい!

 

オムツにおしっこしなくなって、「〇〇ちゃんおしっこー」と教えてくれるようになり、トイレに座らせて親が拭いてあげる時期を過ぎ、ついに一人でトイレにって帰ってくるようになりました。

 

ちゃんと拭けているのか??とちょっと不安もあったりするのですが、実際本当に楽になりました。

トイレに連れて行っている時は、「ここで待ってて」と付き合わされていたんですよね(笑)。そして褒めてもらうと。

これがちょっと面倒でしたが。

 

う〇ちはいまだにオムツでしかできないようで、オムツに履き替えて家族が見えない場所でしています。

先日たまたま見えてしまったのですが、両手で顔を隠して踏ん張っているのが可愛かった(笑)。いや、いつもは見ないようにしているんですよ。

 

あとはう〇ちと寝ている間のおしっこさえ克服できれば、我が家もオムツ卒業です!

その日を楽しみに・・してますが、最後かな?と思ったオムツも使い切り、また新たに購入していました。

f:id:tarijiri:20171212035454j:plain

 

産まれたときは心雑音があったり、心房中隔欠損症があったり、O脚でいまだに定期的に病院いにったり、おしゃべりが遅かったりと上の二人には無かったことが色々あった子ですが、成長してくれています。

最も自己主張が強く上の二人とぶつかっているのもまぁ心強いところ。一番怒られる回数も多かったりして(笑)。おしゃべりは途切れることなく、「おしり~」「おっぱい」などの下ネタを言っては自分で笑っています。

 

この子の成長で、家族でできることがどんどんと増えていきます。

このまま元気に育ってほしいと思います。

純正のステレオマイク、DM-E1を購入しました

以前、この頃の子供写真や動画の撮り方が変わってきた、ということを纏めたことがあります。

tarijiri.hatenablog.com

 

更に最近、3歳4カ月の次女がまぁ~面白くて。

拙いながらもおしゃべりだし(小二の長男以上に「ウ〇チ~おし〇こ~」だのの下ネタ多し!)、急に踊りだしたりとか、まだ幼なさと可愛らしさがのこりつつの行動だのしぐさだの発言だの声だの、可愛くてたまらないわけです。

 

それと共に焦りも・・。

そう、このかわいらしさはすぐに成長して消えてしまう!

5歳5カ月の長女はずっとサ行が言えずタ行になってしまって、そういった拙い言葉遣いが可愛かったのですが、ついにしっかりと話せるようになってしまいました。

 

もちろん上の子供たちもそれぞれ成長に伴った行動もとても面白い。

3人の絡みも増えましたしね。

 

そんな子供たちの様子、写真はたくさん撮っていますが、やはり動画を残したい。

特に声をしっかり残したいと、こんなものを買ってしまいました。

 

Canon 指向性ステレオマイクロフォン DM-E1

Canon 指向性ステレオマイクロフォン DM-E1

 

 

EOSデジカメで使える純正のステレオマイクです。

私もついに、マイクまで買ってしまいました(笑)。

 

f:id:tarijiri:20171204194148j:plain

く~っ!かっこいい~!!

 

あまりマイクについて調べる時間が無かったので、とりあえず純正にしてみましたけど・・高かった(汗)。でも子供たちの動画を残すのに、シンプルに運用するために純正にしました。

 

で、肝心の音なのですが・・うん、よくわからない(笑)。

そもそも室内って狭いので、意外とよく聞こえていたのかも。

 

気をつけなければいけないのが電源のON・OFFです。

f:id:tarijiri:20171204194225j:plain

ボディにこのマイクを刺した状態でONし忘れた場合、なんと音声が入らないのです。

録画にセットしてボタンを押す前に、ONにしないといけません。

またマイクも電池を使っているので、電池が切れないかの注意も必要ですね。

 

正直手間が増えるだけなのかも・・とも思えますが、折角買ったので活かしていきたい!と思い、沢山子供たちの動画も撮っていこうと思います。

感想などはもうすこし使ってみてから。

インフルエンザ迎撃態勢は整った!

先日、会社帰りに近くの医者でインフルの予防接種をしてもらい、子供たちの分もあるそうなので帰宅後子供たちを連れて3人とも2回目を打ってもらい、家族全員の予防接種完了しました。

 

今年は「数が少ない」と聞いていて、子供たちの分も「予約して確認してから来てください」と言われていました。

なので週末にでも予約取って・・なんて思っていたのですが、ラッキーでした。

 

子供たちは生まれて以来、毎年必ず2回の予防接種を受けています。

週末の朝一番でも混んでいる医者に毎年グズグズしている3人を連れて行き、なんとか順番が来たら嫌がって暴れるのを力づくで押さえて打たせて、泣きながら出てきては帰り道褒めながらお菓子を買ってあげる。

この面倒なフローを毎年二回やらなければいけないので、インフル予防接種は正直嫌でした。

 

ですが、子供たちが7歳、5歳、3歳で迎えた今年は違いました。

最初のグズグズと押さえつけはちょっと必要でしたが、今年は三歳の次女が2回目に一度だけ泣いただけで、そのほかは泣かなかったのです!

待っている間もスマホタブレットを総動員してゲームをさせてあげて、おとなしくしていましたし、終わった後も落ち着いていました。3歳児以外は、ですが。

 

本当に楽になってきた!

 

毎年憂鬱なイベントでしたが、ずいぶんとハードルが下がりました。

子供たちの成長を感じましたね~。

 

この子がもうちょい大きくなったら、更に楽になるんだろうな~。

f:id:tarijiri:20171202040821j:plain

 

さて、昨年は我が家初のインフルが発症し、そのリレーで大変な思いをしましたが、今年はどうでしょうか。

tarijiri.hatenablog.com

うう・・読み返したら思い出してきた・・。 

 

皆さんもくれぐれもお身体をいたわって、冬を乗り越えましょう。

 

忘れていた記念日

先日の話。

家族で晩御飯を食べている時に、急に妻がハッと何かを思い出したかと思うと、爆笑したいのを必死にこらえるかのようにして「12月5日って何の日だか覚えてる?」と聞いてきました。

 

私は毎日基本的に職場と自宅の往復だけ。休日に出かけることも友人と遊ぶ機会も激減している現在、予定があればカレンダーに書いて具体的な日付も忘れてしまうような状態で、先の予定を思い出せません。

でもわざわざ聞いてきたということは重要な話なんだろうなと、必死に思い出します。

 

「あれ、○○さんところに遊びに行く日だっけ?」なんて答えたのですが、「平日だよ」と。

で、「忘年会だっけ?」とか「あ、保育園の面談だ!」とか「長男の何とか体験の日だっけ?」とか記憶をたどって答えたのですが、その様子を見て妻はヒーヒー笑っています。

 

どうしても思い出せない様子に、妻は笑いを堪えながら答えを教えてくれました。

「結婚記念日」

・・

「あ~~~~!」

そういえば結婚記念日っていうものがありました(笑)。もう何年も話題にも出たことが無かったので、すっかり忘れていたんですね。

 

次の記念日で9年になることが分かりました。

私たち夫婦は初めて出会った一年後に入籍したので、出会って10年ということになります。

「10年はえ~!」とまた爆笑。

 

出会って10年。

結婚して9年。

気が付くと3人の子供の親になっていました。

 

しばし思い出話に花が咲き、若き日の私たちの様子を茶化す子供たち。

特に育児が大変だった時期の話に盛り上がります。

 

親戚も近くにいないなか、確か0歳・2歳・4歳を同時に育てていた時期があったはずなのですが、その辺って記憶も定かでは無かったりして(笑)。

「あの時、狂ってもおかしくなかったかもね」

「実際狂っていたかも」

 

夜中のミルクは極力自分がやっていたのですが、3人目のころには歳のせいか夜中に泣いても気づけなかったり疲れが取れなかったりと、40歳になって年齢の壁を感じていたことなんかも思い出しました。

 

でも、忘れるものなんですね。

 

振り返ってみると、あっという間。

子供たちは成長してくれました。

一番下も三歳を超え、毎日3枚ぐらい干していた保育園のエプロンも無くなりました。保育園での着替えの量も減って、洗濯物そのものも減っています。

オムツもうんち以外は使わなくなり、一時期は3人分買っていたのに、そろそろ卒業も見えてきました。

 

妻がなぜ爆笑をこらえながら質問してきたのか。

それはきっと、毎日必死になって家事と育児をこなすだけの中で記念日なんてすっかり忘れていた、という自分を笑ってしまったのと共に、私もそうであるはずということを、お互いがそうであることを知っていたからだと思います。

案の定、私が全く忘れている様子も面白かったのでしょうが。

 

私も妻が「記念日を忘れていた」という意味がよくわかるし、それが可笑しいこともわかります。私も答えを聞いて、爆笑してしまいました。

こういう共通認識をここまで築いてこれたこと、とても嬉しく思います。

 

ただ、私なりに一緒に頑張ってきたつもりではいますが、やはり妻の負担の方がずっと大きかったと思うし、いまでもそうです。

家の細かいこと、消耗品の補充、学校や保育園との窓口、全部任せっぱなし。

 

今回記念日を思い出して、色々と思い返し、妻に改めて感謝しなおす機会となりました。せめて結婚記念日ぐらい私が覚えておいて、感謝の気持ちを伝えられる様に・・できるといいな~。

 

せめて、とりあえず今年の記念日は忘れないように頑張ります(笑)。

 

f:id:tarijiri:20171123110924j:plain

数日後、やはり家のカレンダーには印なし。