他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

EOS M5ユーザから見た、G1X Mark3のスペック

キヤノンさんからAPS-Cセンサーを搭載したコンデジ、G1X Mark3が発表されました。

f:id:tarijiri:20171012195742j:plain

 

公式さまはこちら

 

よく言われているように、EOS M5と非常に似ていますね。

というか・・「EOS Mシリーズ殺し」と言っても過言ではないかも。。

画質などは同等だと思うので、他にはどういう差があるのか気になります。

 

私はEOS Mシリーズを日常的に使っています。

家族撮りやスナップ撮影に、初代、M10、M5を現在併用しています。簡単に綺麗に撮れる、M5は操作性も優れている、そんなシリーズと感じていて、気に入っています。

 

今回は特にEOS M5を使っているユーザとして、G1X3のスペックを見て良いと感じた点を挙げてみました。

私なりの使い方なので重視する点も特有なのかもしれませんが、何かしら参考になれば幸いです。

 

防塵防滴

私が最も重視したのは、防塵防滴になっていること。これは羨ましい!

このところ私が住んでいる地域では雨が続いているのですが、EOS Mシリーズはすべて、レンズも含め防塵防滴ではないので非常に気を使います。

f:id:tarijiri:20171018043723j:plain

「簡単に、綺麗に撮れる」への負担が更に減ったようなカメラに感じます。

 

小型軽量、カッコいい

M5がボディのみで427gであるのに対し、G1X3は399gとレンズも込みなのに軽くなっています。

しかもデザインが・・若干ボテっとしたM5と似ているようで、非常にソリッドでかっこいい!

f:id:tarijiri:20171018050520j:plainf:id:tarijiri:20160915110952j:plain

 

体形的には私はM5の方が似合っているかもしれませんが、より小さく軽くレンズも収納できるG1X3は持ち運びにも適していると思います。

 

物理的使い勝手の差

ついでに言うと、レンズ収納は楽ですよね。

最近のEF-Mシリーズのレンズは使用時にロックを解除するものが増えています。

f:id:tarijiri:20171018050822j:plain

レンズキャップを外す手間と共に、このロックを外して伸ばすという作業が先に入るので、そういった意味ではコンデジの収納レンズは片手で電源ONですぐに使えるのは羨ましい。

 

さらに、EOS M5は左側に電源スイッチがあるのもアレですし、ONとOFFがスイッチで切り替わるせいかBluetooth接続も電源をONしなければできません。G1X3はボタン式であるおかげか、電源OFFでも接続できるようです。

 

USB充電に対応

充電方法の汎用性が増しました。

バッテリーを外して、電源に差して充電する方法しか無かったのですが、USB充電ができるならば例えば移動中などにも充電できますよね。

 

ミラーレスやコンデジはどうしても消費電力が大きいから、充電方法が多いに越したことは無いと思います。

仕様を比較すると、バッテリーの撮影可能枚数はM5の方が若干上ですが、移動中の充電が可能であることでより電池の持ちは良くなるかもしれません。

 

3脚に据えながら自撮り可能

M5は背面液晶の180チルト機能がありますが、下方向です。なので、3脚に据えたまま自撮りが非常にやり辛くなります。

 

一方G1X3はバリアングルということで、それが可能です。

家族旅行などで写真を撮るとき、全員が写っていることを確認しながら撮れるのはいいですよね。

 

ソフトウェア機能の充実

本格的な撮影に振ったEOS M5に対して、G1X3はソフトの機能も追加されているようです。

特にショートクリップ動画や個人認証など、パパママファミリー向けの機能も追加されています。

普段の持ち歩きに加え、家族撮りにも楽しめるカメラなのではないでしょうか。

 

まとめ

ほんとうにざっくりとですが、公式サイトをずらっと見て感じた良い点を纏めてみました。もちろん触ってみないと実際のところはわからないわけですが、スペック上からは良いカメラだなと感じました。

 

比較してEOS Mシリーズの良さってレンズ交換ができるという点があり、より多様な画角に対応できたり、EFレンズが使えるというメリットはあります。

しかし正直EF-Mレンズは充実しているとはいいがたく、EFレンズを装着すると大きくなります。こと標準域に関してはG1X3の方が家族撮り+自分の趣味の撮影をする分にも良い点も多いのかも。

物理ボタンの数がM5の方が若干多いので操作性は上かとも思いますが、これも慣れの問題ですからね。キーの割り当てもカスタマイズできるみたいだし。

 

まさにEOS M殺しのカメラだな~。

価格が高いですが、私が所有しているEOS Mシステムを全部手放せば入手はできそう。機材や場所も減るわけだし、少し真剣に考えてみようかと思います。

 

ちなみに私は初代G1Xのユーザでした。

当時はカメラの知識ゼロでしたが、カメラの力で子供たちの写真が綺麗に撮れていて、本当に良かったと感じてます。

tarijiri.hatenablog.com

 

家族撮りカメラとしても、レンズも買わなくていいのでとても良いカメラであると思います。

価格はあれですが、発売されたら触ってみたいと思います。

10月のうちに大掃除しました

大掃除といえば年末ですが、水も冷たい季節には大変ということで(年末結局やらないというアレもあるので・・)、今年は10月の連休中にやってみました。

 

最初に窓掃除をしたのですが、我ながら綺麗になりました!

f:id:tarijiri:20171010195245j:plain

 

ちなみに私が使っている道具は5~6年前に購入したエトレさんのもので、現行製品でいうとこれだと思います。

  

このシャンプーカバーは私のものはサイズを測ると30センチでした。

 

一度濡らしてふくだけで本当に綺麗になります!

窓掃除は道具さえ使えばほんとに簡単にできますので、興味がある方は是非調べてみてはいかがでしょうか。

 

子供たちもお手伝いです。

f:id:tarijiri:20171010202221j:plain

 

 

お風呂も台所も、各部屋の隅っこまで結構綺麗になりました。

年末に気持ちよく掃除するのも良いですが、水物が冷たすぎない、しかも暑さも薄れて気持ちよく動ける今の時期のお掃除もお勧めですよ!

 

とうとうLレンズ装着したカメラ持って通勤してしまった話

42歳男子、また初体験を積んでしまいました・・。

日々自転車か電車通勤時の限られた時間で写真を撮っているのですが、遂にLレンズを装着したカメラを持って通勤してしまったのです。

  

f:id:tarijiri:20171006205834j:plain

・・ってなんだそりゃ!って話なのですが、車通勤でもないのに趣味も高じるとここまでやるんだな~と我ながら思いまして(笑) 、ブログに書いてみました。

 

通勤にぴったり、小型軽量のEOS M5といえどもEF100mm F2.8Lマクロ IS USMを着けるとこのサイズ。

通勤時にはこのバッグを使っていまして、

tarijiri.hatenablog.com

EOS M5+いつものEF-Mレンズであれば、装着しているのに加え常にもう一本レンズを余裕で入れられるのですが、ちょっと縦に長いEF100mm Lレンズを着けるとこの有様。

 

f:id:tarijiri:20171006210557j:plain

ぎりっぎりです。そして結構重い。

フードは置いていきました。

 

なぜこんなレンズを着けて行ったかというと、秋になって花壇に花が増えたので、マクロで撮ってみたかったんですね。

EF-M用のマクロレンズも所有しているのですが、 

 ちょっと望遠気味のマクロを使ってみたかったのです。

 

具体的にはこのレンズに興味が湧きまして 

流石に購入はできないものの、私の所有している100mmマクロをAPS-CのEOS M5に装着すると160mmという長いマクロになるので、仮想望遠マクロとしてマニュアルフォーカスでの撮影がやりたかったのですね。

 

100mmLレンズをマクロとしてAPS-Cに装着して使うのは初めてだったのでワクワクしながら使ってみたところ・・とても面白い!

自分的に特に気に入った写真はもう一つの下手写真ブログの方に載せたいのですが、それ以外の一部を貼らせてください。

※すべて撮って出しjpgを長編を640ピクセルに縮小しています

 

f:id:tarijiri:20171007002342j:plain

f:id:tarijiri:20171007002407j:plain

f:id:tarijiri:20171007003156j:plain

f:id:tarijiri:20171007003208j:plain

つまらない写真で恐縮ですが、マクロ撮影はとても楽しかったのです(笑)

普段のスナップとは違いますが、でもやはり構図を考えながら撮るのは一緒ですね。被写体の形を使って構図にする感じでしょうか。

こういった写真も少しずつでも上達したいなと思います。

 

中望遠マクロということで近づきすぎずに撮影できるので、昆虫も撮れますね。

EOS M5のEVFは精細なので、マニュアルフォーカスもやりやすいと感じました。小型軽量のM5ではバランスが心配でしたが、レンズの方を持つようにすれば特に問題無しでした。

 

一眼カメラはボディとレンズの組み合わせで新しい使い方や体験ができるのが楽しいですね!

通勤でもギリギリ持っていけることが分かったので、今後この組み合わせはどんどんと使っていこうと思います! 

 

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M5 ボディー EOSM5-BODY

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M5 ボディー EOSM5-BODY

 

M5、ますます便利さと心強さを感じるようになりました。 

 

Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応

Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応

 

100mm中望遠単焦点として、解像感の高いお気に入りのレンズです。

普段は子供のバストアップ写真が多いのですが、今回はマクロメインで使ってみました。

マニュアルフォーカスもやりやすくて、ピント面が前後するのはとても楽しい!

 

子供たちの成長に伴って変わってきた、家族撮り写真と動画について

私が父親として、子供たちや家族の写真をもっと綺麗に残したいと一眼カメラを購入して約3年になります。当時は長男が4歳、長女が2歳、次女が0歳でしたか、今はそれぞれ3歳ずつ増えて小2、5歳、3歳になりました。

あっという間ですね~。

 

子供たちが少しずつ自分のことを自分でできるようになったり、家事をしてくれることも出てきてだいぶ楽になりました。子供たちの成長へのうれしさ9割と、幼なさが少しずつ無くなる寂しさを1割感じながらの毎日です。

 

さてそんな中、最近は子供たちの成長に伴い家族用カメラの使い方も変わってきました。何気ない日常や表情を撮り残すという基本的な部分は変わっていませんが、その中でも増えてきた撮り方や新しい楽しみ方が加わりました。

私の機材に対するノウハウも少しずつ蓄積されてきたようで変わってきた点も含め、今回は最近起きている変化についてまとめてみようと思います。

 

子供たちの身体が大きくなってきた

私がカメラを購入した当初から、EF24-70mm F4Lを使ってきましたが、以前もう少しアップが撮りやすいように24-105mmも欲しいなというエントリを書いたことがありました。

 

tarijiri.hatenablog.com

 

ところが最近は、子供たちが大きくなってきたせいか70mmでも充分に感じています。

引っ越しをしてリビングが狭くなったこともあるのでしょうが・・。100mmのレンズを使うとむしろ狭く感じてしまうことも。

 

Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応

Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応

 

 このレンズは大好きなので、それについてはまた別途。

 

それよりも、ようやく使いこなせるようになってきたのか24-70mm F4Lでの写りが本当に素晴らしくて大満足しています。

 

Canon 標準ズームレンズ EF24-70mm F4 L IS USM フルサイズ対応

Canon 標準ズームレンズ EF24-70mm F4 L IS USM フルサイズ対応

 

日中はもちろん、蛍光灯の室内でも工夫次第で綺麗に写ります。

色乗りも良くキリッとして、それでいてカリカリ過ぎず、子供たちの肌の質感を良くとらえてくれます。

f:id:tarijiri:20171004021432j:plain

もちろんカメラボディや設定も大きな要素ですが、このレンズへの依存度と信頼性が圧倒的に上がっています。

 

3人で一緒に遊ぶ

それぞれバラバラであった子供たちも、特に次女の成長に伴って一緒に同じことをすることが増えました。例えばyoutubeを観たりとかボール遊びとか。

 

なので、3人を一緒に撮れるように広角気味のレンズを使いたくなることが増えました。上記の24-70mmの使用頻度が上がっているのはこんな理由もあります。24mmの広さは便利ですね。

f:id:tarijiri:20171004021453j:plain

 

子供たちの自撮り

長年カメラで撮られ続けた子供たちは、カメラへの抵抗があまりないようです(今のところ)。さらに最近はyoutube動画ばかり見ていて、自撮りされている動画を見ているせいか、3人そろって動画を撮ると喜ぶことが増えました。

 

ここで力を発揮するのが、軽量小型且つ180度チルト液晶なうえ綺麗に動画も撮れるEOS M10と、超広角レンズ11-22mmの組み合わせです!

f:id:tarijiri:20171004015454j:plain

この近距離で子供3人余裕で収まるんですよ。

子供たちがチルト液晶に映っている自分たちを確認しながらおどけていたり、後ろに我々親も入ってきて爆笑したりとか、面白い動画を残せているともいます。

 

f:id:tarijiri:20171004015624j:plain

便利すぎるのでアップで。

 

5人家族を収めてしまう広角レンズ! 

 

Manfrotto ミニ三脚 PIXIシリーズ PIXI EVO ボール雲台 ブラック MTPIXIEVO-BK
 

ミニ三脚は現行では、これになっていますね。

 

タイムラプス動画

子供が何かにじっくりと取り組むことも増えました。

例えば次女は絵を描くのが好きで、独特の(親のひいき目ですが)絵を沢山描いています。

そんな手元をタイムラプス動画で撮るのが結構楽しいし便利なのです。

 

タイムラプスとは、数秒ごとに写真を撮ってそれを動画としてつなげる技術で、パラパラ漫画のように長い時間の変化を短時間で見ることができます。

こんな感じで娘の絵を書く用紙にピントを合わせながら録画していると、白い紙にみるみると絵が描かれていく過程が残せるんですね。

f:id:tarijiri:20171004020142j:plain

 

パラパラ漫画っぽい面白さも相まって子供にも好評な上、普通に動画で撮ると長時間かかってしまう「過程」というものを短時間=ファイルサイズ小さく残すことができるので、最近気に入っています。

 

スロー動画

子供たちの動きがダイナミックになってきました。

こんな時に面白いのが、ハイフレーム撮影によるスロー動画です。

これは秒間120フレームなどの大量のフレームで動画を撮るもの。ぬめーっとゆっくりと、それでいてしっかりと撮ることができて面白いんですよ。

f:id:tarijiri:20171004024352j:plain

これは適当な静止画ですが、こんな動作がなめらかなスローで見られるわけです。

 

子供たちもはしゃぎまわる面白さと共にスローな自分たちの動きが面白いらしく、これまたお気に入りです。

ただこのハイフレーム撮影は画像データのサイズが非常に大きくなってしまうため、よほど気に入って且つ短い動画以外は削除しちゃっていますが。

 

まとめ

24-70mmは使用当初は「ネットでもまぁまぁの評価だったし、こんなものかな」なんて思っていたのですが、このところ最高の写りをする便利なレンズになってきています。

タイムラプスなんて雲の流れとか暮れ行く街並みを撮るものだと思い込んでいたのですが、とても便利でこれしかないという子供撮りの新しい手段として気に入りました。

 

子供たちの変化によって、カメラやレンズの良さを更に引き出してもらっている感じですね。

これからも子供たちと共に楽しく、家族撮りを続けていきたいと思います。

 

そして動画撮影が増えました。

可愛い瞬間も良いですが、声とかしぐさとか、そういうものも残したくなります。

 

そういえば・・

EOS M100にはタイムラプス機能がありました!

M10との違いを纏めたときには言及できていませんでしたが、これは便利かも。 

tarijiri.hatenablog.com

動画性能が上がっているのは、M100の良い点ですね。

 

さて・・ここまで長々と書いてきたのには理由がありまして、カメラの新たな遊びを覚えて以来機材を増やしたいと思っているのです・・。

それについてはまた今度。