他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

小二の長男のお小遣い制度開始しました

小二の長男に、いよいよお小遣い制を導入しました。

お小遣いって何歳ぐらいから?幾らぐらい??とか相場が分からないのですが・・。

そろそろあげてもいいのかな?とその方法を検討していたんですね。

 

そんな中、「これ!」という方法を見つけました。

きっかけはこちらのサイトです。

storys.jp

 

作者の超個性的なお父様の教育方法についてのお話でとても面白いのですが、私自身がこのお父様のような教養が無いので同じことはできません。

私が子供たちを京大にいれることも目指してはいません(全員公立ですませる計画は継続中ですが)。

 

でも教養ってやっぱり人生を豊かにするものだと思うので、子供たちにも楽しく身に着けてほしいもの。

そこでこのサイトの、「本を読んだらお小遣い」という制度を参考にしてみました。

 

我が家のルールとして、教養にかかわる本であれば、漫画なら1ページ1円、本ならば1ページ2円。本を読み終えた時にお小遣いとして挙げることにしたのです。

 

我が家では子供たちが本を読むという習慣が無く、時間があったらYoutubeばかり見てしまうという問題がありました。

子供たちが黙って静かにしているということで、私たち親の側が少しでも楽できるということで許容していたのですが、その時間を減らせるのかもという期待もありました。

 

結果・・良かったです!

12人の偉人が載っている伝記本を買ってあげたのですが、一日二人ずつ6日間で読み切りました。

f:id:tarijiri:20180120052658j:plain

とても集中して読んでいるのが印象的です。

 

これは223ページの本だったので、お小遣いが446円。

とても喜んでいました(笑)。

お小遣いを貯めてアミーボが欲しいのだとか。

 

長男の言葉によると、お小遣いもそうですが本が楽しかったようでした。

マザーテレサって凄いよ!」なんて毎回言うので(笑)、「どんな人だったの?」と聞いています。まだまだ説明が拙いのですが、そういった会話が楽しめたりとか。

本の中の分からない言葉や物の質問もありますね。いまはちょっと説明して、物であればすぐに写真を検索できるから良い時代です。

 

この本を読んだ後、おばあちゃんの家のモーツァルトのCDの存在に気付けたりと、早速視野の広がりを感じさせてくれます。

 

最初に選んだのがこの本だったのですが、とても良かったと感じたのが小学1~2年生用の読みやすい本であったこと。 

読んでおきたい偉人伝 小学1・2年―日本と世界の偉人12人の物語

読んでおきたい偉人伝 小学1・2年―日本と世界の偉人12人の物語

 

 

小2も3学期ともなるとより難しい本を読ませたくなって小3~4向けの本を選びそうなところですが、本人が、しかも本を読みなれていない子供でも楽しく読めるのは、少し簡単なぐらいのが良いと感じました。 

本を楽しめるようになったら、いずれ自分で読みだすでしょうしね。

 

課題は、金で釣るという親としてどうかという倫理面と(笑)、ちょっとお小遣い高すぎないか??というもの。

 

倫理面は・・あれですが、実際子供にはいい影響を与えているしお小遣いをあげるためのものなので良しと考えてます。

本人曰く、「本も面白いしお小遣いももらえるし、サイコー」とのこと(笑)

 

お小遣いの額に関しては、ページ数と相場はちょっと見直すかもしれません。

あ、まだ字の読めない下の二人も伝記漫画をパラパラとめくりだしたのですが、お小遣いもらえない不公平を感じているかもしれないので、そこもまた検討ですね。

 

とりあえずは少しでも人生を豊かにするための教養を増やす取組み、継続したいと思います。

EOS 6D Mark2を一カ月使ってみた感想 ~その3~

6D Mark2を1カ月使ってみた感想の第一回で、OVFとライブビューのハイブリットが良かったので後述します、と書いていました。

 

tarijiri.hatenablog.com

 

今回は感想の最終回としてその点と、感想全体を纏めてみたいと思います。

 

ハイブリットカメラとしての使い心地

 期待していたポイントにOVFとライブビューのハイブリットと挙げていましたが、個人的にはこの点は特筆するべきポイントでした。

 

f:id:tarijiri:20180115213431j:plain

足元も撮りやすい!

 

その前に、このハイブリットとは何を意味しているのかというと、光学であるOVFと電子であるライブビューが両立したカメラということで、勝手な造語なのですが(笑)。

今どきの一眼レフ機であればライブビューも付いているし当たり前ではあるのですが、視野率が0.71倍と気持ちの良いOVFであることに加えて、バリアングルでライブビューも使いやすいこと。

タッチ液晶も使いやすく、バリアングルも便利なんだろうなと期待してました。

cweb.canon.jp

詳しくはこちらを~。

 

さらにデュアルピクセルCMOS AFで素早いフォーカスができること。これは1DX2やEOS M5でも使っていますが、ライブビューの撮影も実用性が高いです。

というわけで、OVFがあり優秀で使いやすいライブビューというカメラとして期待していましたが、これが想像以上でした!

その理由は、期待通りのOVFとライブビュー性能であったことに加え、その「軽さ」と「持ちやすさ」です。

 

私は既にハイブリット機として1DX2を1年半使ってきましたが、OVFとライブビューの切り替えって実はあまりやってなかったんですね。

もちろん重いから!

1DX2は背面液晶が固定なので、ライブビューでの撮影はある程度カメラの位置が制限されるのですが、顔の前に維持するのはやはり重い!ファインダーで覗いている時は気にならないんですけどね。

 

一方の6D2は軽く持ちやすいので、ファインダーを覗いてる状態からライブビュー撮影に切り替えることが増えました。一旦顔の前にセットしたカメラ位置から持ち変えることに躊躇が無くなりました。

さらにタッチ液晶が優秀なので、その点も1DX2より使いやすい(1DX2はタッチフォーカスしかできない)。

 

ファインダーを覗きながら「これライブビューで撮ろう」と感じることも増えたように感じます。

EOS M5よりもライブビューで撮ることが多いぐらいかもしれません(笑)

 

f:id:tarijiri:20180118033516j:plain

バリアングルなので縦撮りもやりやすい!

 

このOVFの気持ちよさと共にバリアングルライブビューの使いやすさ。

個人的には特筆したいほど便利でした。

個人的な初代6Dとの最大の差分はライブビューにありました。

 

細かい点

その他細かい点を挙げていきます。

・明るめに写る(?)。-1/3にすることが多いです。

・撮影後はちょっともっさり。少し連写すると「お待ちください」が出てしまう

・一度娘のプールで写真撮影ができる日があったので持ち込んだのですが、一応防塵防滴ではあるので安心できました。

f:id:tarijiri:20180118035901j:plain

・静音シャッターは前機種では特筆していましたが、無音も当たり前になった時代にはあまりメリットはなさそうな程度の音はします

・ファインダー視野率98%はやはり残念!前機種を使っていた時と違い、今は私も写真の周辺どこまで入れるかを意識するようになったので

Bluetooth接続は便利!

 

6D Mark2を選んで良かった

1カ月使用感想のまとめですが、今のところはとても満足しています!

・軽くて持ちやすく操作性の良いボディ

・フルサイズならではの画質と高感度耐性

・OVFの気持ちよさとライブビューの使いやすさ

 

イマイチであったのは、レスポンスの悪さぐらいかな(あくまで重視する私から見て、です)。ワクワクするところが少ないのもあれですが、写真を撮るという点では実用性に溢れ期待通りの素晴らしいカメラでした。

 

持ち運びも苦ではなく、目的であったEFレンズの使用も増えました。

1DX2とEOS M5という二つのメインカメラの間を取ったつもりが、私の用途ではこれ一台で足りてしまうかも・・というレベルです。

 

今年キヤノンニコンさんからフルサイズミラーレスが発売されるかもしれず、新マウントになるという噂もあります。それを待つことも他社製品にする選択もありましたが、今回は6D2を選んで良かった。

 

しばらくはガンガンと使っていきたいと思います。

拙い感想でしたが、失礼いたしました。

情報処理安全確保支援士試験 申し込みました!

この春の情報処理安全確保支援士試験に挑戦しています。

 

今回の情報処理試験は、平成30年1月11日(木)より申し込みが始まっています。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:受験申込み

受験を考えてる方は、早めに申し込んでみてはいかがでしょうか。

 

私もたった今子供に蹴られて目が覚たら思い出したので、申し込み完了しました。

久しぶりの申し込みでしたが、ほとんど変わってないですね。 

変わったのは申込時のアンケートに、Webアプリシステム開発経験について問われたことと(以前は無かった)、私の午前1免除が無くなったことでしょうか・・うぅ(泣)。

 

私は職場の休み時間にしか勉強しないのですが、年が明けて過去問題に取り組み始めました。

久しぶりのセキュリティ試験、いやー覚えることがいっぱいあるんですよね。

参考書も分厚過ぎて・・ 

 

なので、早めに勉強本番を開始したというわけです。

ちなみにこちらの本は購入すると過去問の解説もダウンロードできます。

とりあえずはその解説で、勉強してみます。

 

私は過去問を使って勉強する、というスタイルなのですが、今回も以前に培った方法で試してみています。

 

過去問の取り組み方

tarijiri.hatenablog.com

 

過去問からの学び方

tarijiri.hatenablog.com

 

受験する立場で過去のエントリを見返すと、まぁ偉そうに簡単そうに語っていますが(笑)。

確かにこの方法で結果を出したのは事実です。

 

時代を経てこのやり方が古くなったかもしれませんが、それに気づいたら直ぐにアジャストしてとらわれないようにしたいと思います。

 

一緒に受けられるかた、頑張りましょう!

 

EOS 6D Mark2を一カ月使ってみた感想 ~その2~

6D Mark2を購入する前に、期待していた点や懸念していた点を纏めていました。

tarijiri.hatenablog.com

 

6D2に懸念していたのは

・価格が高い

・OVFであること(AFポイントが狭い)

・シャッターフィーリング

でした。

 

今回はこれらについて、実際に購入して1カ月使ってみて感じたことを纏めてみます。

あくまで素人ファンの感想なので、その程度とみなしていただけますと幸いです〜。

 

価格について

価格については難しく、6D2の素晴らしさもわかりますが、ん〜、他社がワクワクするような進歩を続けている中では正直平凡ではあり、相対的には割高だと感じていることも否めないかも・・。

 

ただ、私は機材を整理することとキャンペーンの品が良かったので、これらで相殺したつもり、にしました。

cweb.canon.jp

 

f:id:tarijiri:20180111022948j:plain

私の元にも届きました~。

なんか実用的な物を頂くって、キャッシュバックより嬉しかったり。

 

ちなみにこのキャンペーンは今週土曜日(14日)までなので、興味がある方はご注意を!

 

AFポイント問題

OVFであり、6D2は特にAFポイントが中央に寄ってしまっている問題。

f:id:tarijiri:20170712190308j:plain

 

ちなみに前機種の6Dでは中央一点のAFポイントのみを使い、中央でピントを合わせた後に構図を決めるフォーカスロックを使用していました。 

 

AFポイントも増えて、例えば被写界深度を深めに子供の腰から上ぐらいの写真を撮ろうとした場合は、胸元で測距すれば上手く撮れます。

でも、子供のバストアップぐらいで撮ろうとするとどうしても目にピントが欲しくなり、そうなるとAFポイントが届かないんですね。

 

で、中央以外に顔を持ってきたい場合はフォーカスロックになるし、目にピントを合わせるならば中央一点のみを有効にしたほうがやりやすいしで、結果、初代6Dで行っていた中央一点フォーカスロックをそのままこちらでも使っています。

私は6Dで育ったので、とても懐かしい感じだったりしてこれはこれでよかったりして(笑)。

 

f:id:tarijiri:20180111031937j:plain

日の丸の安定した写真もやはり増えて、これもまた良し!

 

同じようなバストアップを1DX2で撮る場合は、AFポイントを目に合わせますし、届かない場合は最も近い場所のAFポイントで最短距離でフォーカスロックをするので、やはりAFの狭さは使い方の違いを生みました。

 

ただ、AFの速度は上がっていると思います。

外で駆け回っている子供などのピント率は高くなっていると思います。

 

f:id:tarijiri:20180111032223j:plain

安定の日の丸・・。

 

シャッターフィーリングについて

私は、画質が良いに越したことは無いですが、それよりも撮っていて気持ちいいカメラを重視してしまいます。

つまりフィーリングですね。

 

これは人それぞれ気持ち良さのポイントがあると思うのですが、私はレスポンスを重視してしまいます。

撮りたい瞬間、自分の動作にシャッターが反応してくれる感じ。

このシャッタフィーリングが好きなようです。

 

この点が6Dは弱く感じていました。

具体的には、レリーズボタンの押し込み量が深くてヌルっとした感じになるのです。

ほんの些細な差なのでしょうが、当時併用していた7D、そして現在の1DX2の気持ちよさと比較すると、私にとっては差がありました。

 

6D2はどうかというと・・残念ながら同じ感触でした。

やはりレリーズ押し込みが深い感じ。

シャッターフィーリングに関しては進化を感じることはできませんでした。

 

もちろん、こんなことはカメラとしての実用上は全く問題ないんですけどね。 

 

今回は以上です。

マイナスポイントばかり挙げたように思われるかもしれませんが、私としては想定通りであり、良い面も悪い面も考えていた通りのカメラだなぁ~という感じなのでした。

 

次回は最終回として、使ってみて感じたその他のことについてまとめてみます。

 

 

前回は「期待通り良かった点」を纏めていました。

tarijiri.hatenablog.com

 

amazonさんで価格見たら、私が購入したときよりずっと安くなっているじゃまいか・・。 

 

感想のまとめです。

tarijiri.hatenablog.com