他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

娘が持ち込む女子文化に戸惑う父

男兄弟の中で育ち、いつの間にか娘を授かって、女子文化を全く知らずに育ってきたことを気づかされているようなパパもいらっしゃるのではないでしょうか。

5歳1カ月と3歳1カ月の娘を持つ私も、まさにその一人。

 

家の中にピンクが溢れる人生なんて、想像もしていませんでした。

f:id:tarijiri:20170819141210j:plain

f:id:tarijiri:20170819141225j:plain

これ、本当にごくごく一部です。

 

おもちゃ屋さんではリカちゃんの家に入り浸り。

f:id:tarijiri:20170819140651j:plain

このポシェットも自分で用意していました。

 

 

私が知らな過ぎて、子供の世話ができないことも出てきました。

たとえば髪関連で言うと、ゴムで結ぶ方法とか三つ編みとか。5歳の娘はもう人形や母親に三つ編みしてあげたりします。

私も勉強しなきゃダメでしょうか・・。

 

おもちゃでも指輪やネックレスなどのアクセサリーの整理の仕方とか、子供向けのお化粧品の使い方などなどまさに未知。

長男の時に困ることは一つも無かったと思うのですが、娘が自宅に持ち込む文化には少々と惑わされ、妻にいきなり注意を受けることもあります。

 

そんな例があったので書き残しておこうと思います。

これは、洗濯物の干し方の話。

 

長男の時には無かったのですが、いつの間にか娘たちの服にフリフリが付くようになりました。

f:id:tarijiri:20170819135520j:plain

 

これまでこういう服は、いわゆる角ハンガーに逆さまにして干していたのですが

ダイヤコーポレーション 干し分けハンガー ストロング40ピンチ付

ダイヤコーポレーション 干し分けハンガー ストロング40ピンチ付

 

 

妻に指摘を受けました。

こういうフリフリは干すときに伸ばしてあげないとだめ、ということでひとつひとつハンガーに干した上で、フリフリを伸ばすようにする必要があるそうです。

 

f:id:tarijiri:20170819140108j:plain

 

こんなリボンも同様で、ひと手間かけて広げて干してあげる必要があるとのこと。

f:id:tarijiri:20170819140213j:plain

 

うう・・正直メンドイ・・。

でも三つ編み覚えるよりは難易度は低いか。

 

親が出した服を思考ゼロで着るだけの長男と違い、娘たちは「これやだ、これが着たい」などと言い出しています。

そのうち娘たちにもいろいろと注意を受けるのかと思うともう不安ですが。。 

 

こんな感じでこれからも異性文化に対応していかなくてはならないと思いますが、考えてみればそれは長男のいる妻も同じなのでしょう。

折角だから色々と勉強していくぐらいの気持ちで、新しい文化もWelcomeで受け入れて・・行けるように頑張りたいと思います。

2017年8月 酒田帰省記 4日目 最終日

2017年の夏も、私の実家である山形県酒田市に帰省しました。

今年は前もって長男のみが帰省し、私と5歳1カ月の長女があとから合流した形となります。

毎年のことですが、思い出を書き残そうと思います。

 

今回は最終日。

お昼過ぎの飛行機で帰ります。

 

勉強

昨日の夜麻雀を始める前、小2の長男が昨日の分のお勉強をしていないことが発覚。

「明日、二日分やる」という約束をして麻雀を優先したので、長男は朝からお勉強でした。

f:id:tarijiri:20170817223924j:plain

 

計算ドリルが、まだ習っていない3ケタの引き算もあったということで、おばあちゃんに教わっていました。

f:id:tarijiri:20170817224016j:plain

 

長女の自転車練習

自転車で兄に差をつけられて悔しい思いをしていた長女、実はごねてごねて補助なし自転車へのバージョンアップを図っていました。

f:id:tarijiri:20170817224207j:plain

 

ジジババが自転車屋さんでチューンしてもらった自転車がこちら(因みに近所のお姉さんが乗らなくなったものを譲ってもらったそうです)。

補助輪が無い(スタンドは着けてもらいます)のと同時に、足を乗せるペダルも無いのがわかるでしょうか?

 

まずは座ってちょっとした坂道などでバランスを取りながら両足を挙げて「乗る」練習が有効ということで、それには邪魔になるペダルを取ってしまったそう。長男が今回練習して乗れるようになった方法だそうなのです。

 

長女は文句たらたらでしたが、まずは座ってバランスが取れればあとは簡単だよと諭して庭の小さな坂道で練習。すると最終日には体得して、平地で座ったまま足で走って加速をつけて、両足をあげられるようにまでなりました。

f:id:tarijiri:20170817224859j:plain

時間が無かったのでペダルをまたつけてもらう時間は無かったのですが、来年遊びにくるころには乗れるようになっていると思います。

それにしても・・長男に比べて運動神経が良い。

 

因みに長男はスピードに乗る練習ということで、この位置から全力でタイムアタックをさせました。

f:id:tarijiri:20170817225002j:plain

ギアの使い方やスピードに乗った時のブレーキのかけ方を教えました。

 

ザリガニ釣り

ここで妻から連絡が。飛行機の出発が1時間以上遅れるとのこと。

ちょっと時間ができたので、去年長男だけがやっていて長女がやりたがっていたザリガニ釣りに行きました。

f:id:tarijiri:20170817225258j:plain

こんな川があるのも贅沢ですね。

 

釣り方は簡単。するめを買ってきてたこ紐に括り付け、その辺の木の枝を釣り竿にして川に垂らすだけ。

f:id:tarijiri:20170817225332j:plain

 

これが・・笑ってしまうぐらいの大量!

f:id:tarijiri:20170817225404j:plain

掴んだ餌を離さないんですね。

 

釣れたザリガニは一旦バケツに入れたのですが、

f:id:tarijiri:20170817225428j:plain

小一時間の間に20匹ぐらい釣れていました。

 

f:id:tarijiri:20170817225549j:plain

勿論子供たちも大興奮!あぶないあぶない。

結果が簡単に出ると嬉しいですよね。子供たちもとても楽しんでくれた様子です。

 

最後はバケツに捕まえたザリガニを、そーっと川に戻して終わりました。

 

庄内空港の広場と公園

庄内空港の傍には、広すぎるほどの広場と公園があります。

f:id:tarijiri:20170817230515j:plain

 

昼ごはんにはちょうどどこも混んでしまう時間になってしまったので、お弁当を買ってその広場の木陰でピクニックすることにしました。

f:id:tarijiri:20170817230113j:plain

 

ヤマザワさんというスーパーで買ったお弁当、スーパーのものにしてはとても美味しくてびっくり。流石は山形です。

 

ところが、ここでまたしても妻から連絡があり、更に1時間近く飛行機の出発が遅れるとのこと。ジジババには申し訳ないながらも、更に公園にも付き合ってもらいました。

f:id:tarijiri:20170817230543j:plain

 

とにかく広くて気持ちがいい!

庄内空港をご利用の方で特にお子さんがいらっしゃる方は、早めに来て遊ばせてあげるのも良いかもしれません。

子供たちも盛大に走り回っていました。・・寝るな、これは。

 

楽しく時間調整ができたところで空港へ。

叔父さんも見送りに来てくれました。

 

飛行機にて

長男にはiPadにゲームアプリを、長女には3DSを用意して万全の体制を敷いていましたが、子供たちはあっけなく寝てしまいました(笑)。きっとあっというまの移動であったと思います。

 

無事に羽田に到着後、乗り物に弱い長男がやっぱり大量に吐きまして・・。

私は備え付けの袋を前もって用意していたので事なきを得ましたが、まだ治ってなかったんだ。

CAの皆さんには本当に親切にしていただき、ありがとうございました。

 

その後はiPad3DSを駆使し、なんとか電車を乗り継いで帰宅。

最寄り駅には久しぶりに再会する妻と次女が迎えに来てくれていて、無事に着いたとホットしました。

 

まとめ

今回の帰省もまた、子供たちはとても楽しんでくれたようです。日常ではできないことばかり、沢山体験できたはずです。

 

そしてジジババと叔父さんにも本当にお世話になりました。ほとんど家事を手伝わず申し訳ない上に、今回も散財させてしまいました。

今回は次女に会えなかったので、是非こちらもに遊びに来てください。

 

私も、久しぶりに驚くほど広い空の下、これまた広い海で泳げたのがとても気持ちが良かった。

また行く際は、こんどこそ防水カメラ持っていこう。

 

来年は長女が6歳になり、ジュニアパイロットでの搭乗が可能になります。

来年は長男長女の二人旅になりそうです。

故郷があるのはとても嬉しいことですね。

今年もありがとうございました。

2017年8月 酒田帰省記 3日目

2017年の夏も、私の実家である山形県酒田市に帰省しました。

今年は前もって長男のみが帰省し、私と5歳1カ月の長女があとから合流した形となります。

毎年のことですが、思い出を書き残そうと思います。

 

今回は3日目。

 

カメラを持って散歩

目が覚めると朝5時ごろでした。子供たちは二人ともよく寝ていたため、カメラを持って撮影散歩に行きました。

昨年は田んぼのほうに行って撮ったので、今年は街の方に向かおうと思ったのですが、徒歩ではあまり距離を稼げず・・。

それでもEOS Mシステムで沢山の写真を撮りました。Mシステムだけでがっつりと写真を撮る機会はあまり無かったので、色々と感じたことがありました。

 

その辺の感想はまた別のエントリで。

f:id:tarijiri:20170817093500j:plain

 

庭探索

今日はとても良い天気に恵まれました。

朝食を終えて庭で水やりなどを手伝っていると、孵化したての蝉とか

f:id:tarijiri:20170817093629j:plain

 

いつの間にかできていたという鳥の巣とか

f:id:tarijiri:20170817093648j:plain

 

プックプクに育ったピーマンとか

f:id:tarijiri:20170817093707j:plain

 

思わぬところでアオガエルとか

f:id:tarijiri:20170817093740j:plain

 

長女はカエルとの初めての遭遇に、「かわいー」を連発していました。

f:id:tarijiri:20170817093855j:plain

飛び跳ねたらビビッてましたが。

決して広いわけではない庭にも、こんな発見がいくつもあります。贅沢だな~と改めて感じました。

 

アスレチック

酒田には大きなアスレチックがあり、毎年の子供たちの楽しみになっています。

去年も猛暑の中遊びに来ましたが、今年も参戦。

f:id:tarijiri:20170817094027j:plain

 

おじいちゃんも頑張ります。

f:id:tarijiri:20170817094109j:plain

f:id:tarijiri:20170817094105j:plain

 

ここで一つ事件が。

動画しか撮ってなかったので写真が無いのですが、いわゆる「ウンテイ」をやった際、長女は最後までできたのに、長男は途中までしかできなかったのです。

悔しがる長男が可愛くて思わず笑ってしまったのですが、そしたら「そうやって僕ができないの笑うのヤダ」と泣き出してしまいました。。反省。

 

運動神経の良い長女が、得意げに長男にアドバイスとかしているのがまた火に油を注ぎまして。ずいぶんと長男のプライドは傷ついたようです。

そして、正直長女は音楽よりも体操などの習い事の方が良いのでは・・?なんてことを考えたりしました。

 

今年も盛夏。子供たちの思い出になってくれるかな。

f:id:tarijiri:20170817094508j:plain

 

公園での練習

昼食後はまた、近所の公園です。

長男はこの夏休みに補助なし自転車に乗れるようになることと、リフティング10回という目標があります。自転車は乗れるようになったので、後はリフティングだけなのですが・・

f:id:tarijiri:20170817094653j:plain

こちらはちょっと難しそうです。

 

長女はまたジジに遊んでもらい大はしゃぎ。

f:id:tarijiri:20170817094729j:plain

f:id:tarijiri:20170817094739j:plain

おじいちゃん、暑い中ありがとう。

 

お墓参り

お盆ということで、子供たちと共にお墓参りに行きました。

妻の側はあまりこういう機会は無く、私の側でもいままでタイミングが合わなかったせいかこれまで子供たちは一度もお墓参りしたことが無かったんですね。

初めての経験ということになりました。

 

長男はもちろん、5歳1カ月の長女でも死ということの意味は知っています。

でも、お父さんのお父さんにもお父さんがいて、そのお父さんもいてと、脈々と命が受け継がれて自分がいるということ。

そして大好きなジジババも父母もいつか居なくなってしまうこと、というのをこのお墓参りで少し理解できたようです。

f:id:tarijiri:20170817095141j:plain

ほんのちょっとしんみりした兄妹。

 

過去の人、周囲の人に感謝できるような人になってくれると嬉しいな。

f:id:tarijiri:20170817095236j:plain

 

その後父の実家に行き、またお仏壇に手を合わせて帰りました。

広い平野の広大な空を見上げながら、先人に思いを馳せる機会。ずっと過去の風景もあまり変わらないものであったかもしれません。

 

帰宅前の日、私も夕方の広い空を見上げながらいろんなことを考えてしまいました。

f:id:tarijiri:20170817095650j:plain

 

花火、そして麻雀

夕食後はまた、長女が楽しみにしていた花火です。

改めて、庭で花火ができる贅沢よ!

f:id:tarijiri:20170817095910j:plain

 

でも、長男はちょっと心ここにあらず。早く終わらせたいぐらいの様子。

f:id:tarijiri:20170817095954j:plain

その理由はもちろん・・早く麻雀したいから(笑)。

 

早々に切り上げるとまた私たちをしつこく誘って麻雀になりました。

長男の愛読書。

f:id:tarijiri:20170817100052j:plain

 

この日は長男は絶好調!何度もあがって気持ちよく追われたようです。

最後の夜は長男は2階でジジババと、長女は私と一階で寝ました。

 

さ、明日はお昼過ぎの飛行機で帰るよ~。

2017年8月 酒田帰省記 2日目

2017年の夏も、私の実家である山形県酒田市に帰省しました。

今年は前もって長男のみが帰省し、私と5歳1カ月の長女があとから合流した形となります。

毎年のことですが、思い出を書き残そうと思います。

 

今回は二日目。

 

前の日から予想していた通り、この日は朝から雨が降っていました。

f:id:tarijiri:20170815231521j:plain

昨日は海に行くのが気持ちいいぐらいの暑さだったので、ちょっとホッとするような空気。

 

庭に成っている野菜も艶のある姿を見せてくれました。

f:id:tarijiri:20170815231653j:plain

 

散髪

今回の帰省中にやりたかったことの一つに、散髪がありました。

日々仕事・家事・育児に追われているうえ、土日に子供たち習い事が入るようになり、散髪に行く時間もなかなか取れなくなっていたので、なんとか時間をもらって髪を切りたいと思っていたのでした。

 

1000円ショップも近くにあるということでしたが、なんとなく父が通っているところを紹介してもらいました。そこは父が子供のころから通っている「理髪店」だそうで、普段は安い美容院でカットだけしてもらっている私としても顔そりとか久しぶりで楽しみでした。

 

結果・・本当に良かった!

店内はシンプルながら清潔感があり、技術も良くて無駄話も無い。シャカシャカと小気味よいはさみの音。

顔の産毛を剃って貰うのですが、手さばきからなにからゆったりと心地よい贅沢な時間で、サロンに行ったような感じ。1~2か月に一度、こんな贅沢が味わえるならば、理髪店っていいな~と思いました。

 

ぼさぼさしていた髪もおかげさまでさっぱり!夏仕様に戻りました。

f:id:tarijiri:20170815225510j:plain

 

その間、子供たちは室内にある遊園地のような施設があるので、そこで遊んでいたようです。ジジババにも感謝。

 

娘へのプレゼント

以前は子供たちの誕生日には、ジジババからプレゼントを贈ってもらっていたのですが、やっぱり直接のほうが嬉しかろうと、会えた時にまとめて買ってもらっています。

小2の長男は先に一人で帰省した時に3DSの「ヘイ!ピクミン」というソフトとアミーボを買ってもらってました。

 

このごろリカちゃんにハマっている5歳1カ月の長女は、リカちゃん人形かリカちゃんの家セットのどちらかで迷っていました。家にはリカちゃん人形は一体あるので、家セットが欲しい。でも家セットだけでは今日買って帰っても遊べないと。

もちろんジジババは両方良いよ、と言ってくれていたのですが、それは私がダメと言いました。そして出した結論は・・。

 

実は今回は帰省していない次女の誕生日もあったので、そのプレゼントも買う予定でした。そこで

・次女にリカちゃん人形を買ってもらい、自分は家セットを買ってもらう。

・実家にいる間はリカちゃん人形を次女に(黙って)借りる。

というウルトラCを思いつき、事なきを得たのでした。

 

f:id:tarijiri:20170816064821j:plain

その後延々と楽しそうに遊んでいたので、この組み合わせで良かった。

自宅に戻った時、いつも姉と妹で取り合いになるので、リカちゃん人形が二体になったのも本当に良かった・・。

 

 

麻雀

今日はゆっくりと風呂に入れてご飯も食べた後、長男にとって待望の時間がやってきました。それは麻雀です。

長男は麻雀がとても楽しいらしく、何度もしつこく「麻雀やろう?麻雀まだ?」と聞かれて辟易していたのですが、ようやくそれが叶ったのです。

 

 

今回はおじいちゃんと叔父さんと父との対局。

f:id:tarijiri:20170816070906j:plain

 

 

一応、今年までは長男は役無しでもあがれるという特別ルールでしたが、半分以上役ありであがれるようになっていました。

最後、長男が振り込んでしまったところで21時となりこの日は終了。悔しそうながら明日のリベンジを誓っていたのでした。

 

むかし、私も家族麻雀が好きだったことを思い出しました。しつこい長男の気持ちもちょっとだけわかります(笑)

麻雀しながら飲み過ぎてしまい、この日も私はあっという間に寝落ち。

この日は長男も長女も1階で、私と一緒に寝ました。