他力と自力と

家事と育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

親として、子供のサッカーと勉強で共通すると感じること

小学4年の長男は、塾無しでの公立中高一貫校を目指して頑張っていますが、それと共にサッカーも頑張っています。

 

私は父として、この長男の二つの取組みをフォローしています。

 

受検については、過去問研究、情報収集や学習計画などの戦術的な部分の調査・検討と共に、実際に勉強を教えること。

まず私が勉強して(笑)、それをホワイトボードを使って授業のように伝えて先取り学習しています。息子は復習を頑張り、その丸つけや進捗管理も手伝っています。

 

サッカーについては、私自身がサッカーファンなので、一緒に試合やYoutube動画を見ること。そして朝の自主練習(15分程度ですが)への付き合い、試合の時には動画を撮って長男が自分のプレーを見返すことができるようにしています。

 

受験とサッカー、目的は違えどフォローにはある共通項があることに気づきました。

それは、親は子供の自主性を育むことを目指すべきではないか、ということです。

 

「自主性を育む」ってこの言葉自体に矛盾があるわけですが(笑)、勉強のサッカーの練習も、親がつきっきりで管理すれば良いというものではありませんよね。

最後までやり切れれば受検は合格するという結果は出せるかもしれない。サッカーだって親がスケジュールを立てて毎日練習させれば、ある程度の技術は身につくでしょう。

 

でも、それだけではダメですよね。

彼自身が自分で考えて取り組まないと、自力で問題解決する力は着かないのではないかと思うのです。

自分から勉強や練習をすることで、自分で困難や課題に直面し、失敗したりその問題を自力で解決する経験を積む。その繰り返しこそが成長だと思うのです。

 

本人自身が

合格したい、そのために勉強する。

上達したい、そのために練習する。

にならないと。

それを促すことが最も子供の成長につながるのではないか、と考えたのです。

 

では我々親はどうすればいいかというと・・ 、それぞれのお子さんの性格などもあると思いますが、

・怒らない

・教えない、気づかせる

・失敗しても当たり前、チャレンジを褒める

・質問して思考を促す

・目標を上手く管理してあげる

などでしょうか。

全て自主的な行動を褒めて、促しているものになります。

 

これ、実はサッカーの育成について本を読んで学んだことです。

それを私は子供との距離感としてとても良いと感じ、勉強とかそれ以外のことにも同じく応用できると考えたんですね。

その運命の本がこちらです。

 

 

サッカーに限らず、自分で考えて行動できるように促すのに、大人が邪魔しないほうがよいことを教えてくれました。

とはいえ、なかなかそう上手くは出来ないのですがね・・。

ついつい理解の悪いところにイライラしたり怒ってしまったり。

 

ですが少なくとも、この本が伝えているようなことにできるだけ添うような振る舞いを、これからも意識しようと思います。

 

長男はいま、サッカーのプレーについては自分でアイディアを持って私が知らないようなプレーをすることも増えました。

勉強も受検という目標を「自分ごと」として考えられるようになり、言われなくても取り組むようになってきました。

いずれも自主性を持ち始めてくれていると感じます。

 

これから成長期を迎えて反抗期など難しい面も出てくるかもしれませんが、親としてはそれも含めて自主性を尊重し、フォローを頑張っていきたいと思います。

長男、4年生二学期の成績が改善されました!

なかなか更新できないのですが・・。

もう二学期が終わってしまいました。

 

一学期の終わりに衝撃であった4年生の長男の成績。

tarijiri.hatenablog.com

 

二学期は考えを改めることができて、自分ごととして頑張ることができていたと感じています。

 

結果、二学期のあゆみは改善しました!

主要4科目でもまだ全てが「大変よい」にはなりませんでしたが、二学期の成果が出たと感じました。

 

f:id:tarijiri:20191226094255j:plain

 

この成果は、毎日の取組みが変わったおかげだと思います。

音読などの宿題も毎日必ずやること。忘れ物がないかどうか、その日のうちに確認。宿題も当日のうちに最優先で終わらせる。

 

それに加えて、カラーテストの対策もできました。

算数と理科に関しては、テストの前にこの教科書ワークを必ずやることにしたのです。

 

小学教科書ワーク 東京書籍版 新しい算数 4年

小学教科書ワーク 東京書籍版 新しい算数 4年

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 文 理
  • 発売日: 2015/03/14
  • メディア: 単行本
 

 

小学教科書ワーク 学校図書版 小学校理科 4年

小学教科書ワーク 学校図書版 小学校理科 4年

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 文 理
  • 発売日: 2015/03/14
  • メディア: 単行本
 

 

これが本当に効きました。

特に理科。

授業をしっかりと聞くことは口を酸っぱくして伝えているのでそれはできている様子なのですが、理科は授業で実験をメインにして教科書をあまり見ない場合もあります。

カラーテストは教科書で学んだことが出るので、習ったことは覚えていてもテスト形式で問われた時に答えられなかったり、そもそも理解を誤っているところもあります。

 

テスト形式に対してアウトプットする、という点で前もってこのワークに取り組んで、間違ったりわからないことを前もって一度勉強することで、復習にもなる上テスト対策にもなっていたのです。

 

二学期も最初のうちは、テストの前にワークをやっておくということができないこともあり全てが表裏満点ではなかったのですが、途中からその辺りも改善できて、後半のテストはほぼ全て満点だったと思います。

 

なお、宿題で自学ノートというのがあり、これはどんな勉強をしても良いというものだったので、ワークはこの自学ノートの宿題として取り組んでいました。ワークの対象ページをB5サイズに縮小コピーして、解いて親が丸つけを行ってノートに貼るようにしていました。

ここで間違えた問題は、翌日の自学ノートで復習するという決まりです。

 

成績の部分に成果は出ましたが、もっと素晴らしかったのは毎日の取り組みが改善して、宿題や提出物もしっかりとできるようになったこと。

これはあゆみにも最高の成果となっていました。

f:id:tarijiri:20191226100827p:plain

全てが「おおむねできる」になりました!

 

今季、長男は本当に頑張ったと思います。

この学校の取組に加えて、私との中学受験用学習とサッカーも両立させていました。

 

彼もそうだったと思うのですが、私ももっと成績がいいことを期待していて、これだけ頑張っても「大変よい」にならないこともあるのかと、やはり厳しいのだなと改めて学びました。

 

先生がおっしゃるには、「よい」になってしまった理由は、二学期の中盤までカラーテストで裏面で50点満点が取れない場合があったためということでした。

ですのでワーク取り組みも改善できたいま、このまま続けることができれば三学期のあゆみには期待できるのではないでしょうか。

 

そしてこういうノウハウを積み重ねて、公立中高一貫校試験の対象となる5年生からのあゆみでは、できるだけ満点を目指させてあげたいと思います。

 

それにしても頑張ったな〜、えらい!

4年生の長男成績が大きく下がりました

子供三人、塾無しで公立中高一貫校を目指している我が家ですが、一学期の結果のあゆみ(成績表)で、4年生となった長男の成績が悪化しました。

 

公立中高一貫校は小学校時代の成績がそのまま試験時の得点の一部を占めるため非常に重要です。

3年生の二学期から授業をしっかりと聞き、テストでは常に100点を目指して復習を中心に勉強をさせていたところ成績が向上。

その様子は以前、書き残していました。

 

tarijiri.hatenablog.com

 

4年生になっても引き続き学校の授業を大切にすることを継続、そのうえで受験用の算数の先取り勉強を行っていました。

ちょっと教科書ドリルの進みは悪かったものの授業はしっかりと受けている様子だし、小テストも100点を取ってきているのを見せてもらっていたので安心していました。

とても順調と信じていて、今回は全部大変良いになっているかな?なんて思っていたのです。

 

ところが・・左端に縦に綺麗にならんだ〇を想定して開けてみると、まぁボコボコになっています。

沢山の項目で「良い」に落ちていたのです。

国語算数理科社会といった主要教科も軒並みダウン。

 

私は理由がわからず、長男に聞きましたが、彼もわからないという。

そこで、帰ってきたテストを全部持ってこさせました。馬鹿正直に残していたのですね。

 

すると、100点取れていないテストばかり。

カラーテストですら100点を取れていません。三分の二ぐらいのテストにバツがありました。

しかも話を聞くと、音読などの宿題もやっていない様子。

 

これでは成績が落ちるのが当然です。

私は激しく怒ってしまいました。で、気づいたのです。

「そりゃ、100点取れなかった時に俺に言えないよな」と。

 

私は長男にとって、完ぺきを求める鬼になっていたのです。

 

長男は隠す、私は気づかない。

ついにばれた長男は、その話し合いの場ですら嘘でごまかそうとしたほど。

長男に裏切られた思いでしたが、同時に反省もしました。

 

本当に情けないですが、私の育成力は現状この程度。

散々怒り散らしてしまいましたが、改めて学校の成績が大切であることの重要性を伝えました。

本人も一応、それは分かってくれたようです。

 

この夏休み、先取りの勉強をできるだけ進めたいと思っていたのですが、それを少し減らしてでも1学期の復習が必要になりそうです。受検の点数というだけでなく、学校で習うことは大切ですから。

 

そして最大の問題は私です。

それ以来、同じことを何度言っても何度も忘れる長男に、本当に腹が立つようになってきてしまいました。そしてそれを態度に出すことが我慢できなくなっています。

 

このままじゃいけない。

 

息子の周りにも中学受験の話をする子も増えてきて、長男は受検して学校に受かりたいという気持ちが強くあるようです。その気持ちがしぼんでしまわないように、自主的に前向きに取り組めるように、サポートしてあげなければいけないのに。

 

私も今、なかなかうまく子供の勉強と向き合えていません。

怒ってしまうことが本当に増えた気がします。

私自身が早く成長しなければいけない。

難しい。自分の未熟さを感じて入るのですが、なかなか改善ができない。

長男といっしょじゃないか(苦笑)。

 

本人は毎日勉強は継続しています。

それは当たり前と思わず、ちゃんと褒めてあげよう。

f:id:tarijiri:20190728222720j:plain

そこから始めてみます。

夜の自宅で恐怖を感じた原因は・・

いま、夜中の3時45分ごろからこのブログを書き始めています。

夜中に目が覚めて、こういった時間にしかゆっくり書いたり読んだりできないので、なかなかブログに関われる時間が無いのですが。。

 

最近、こういう時間に・・急に恐怖を感じることがあります。

「あ、後ろに誰かいる」「見られている」感覚が急に沸き起こって、圧倒的な恐怖に振り返ることもできず、慌てて家族みんなが寝ている寝室に逃げ込んだりします。

 

子供の時暗闇に恐怖を感じたことはあるし、超常現象を扱った本や漫画(昔は沢山ありましたよね~)を心から信じてビビリ倒していた時代もありました。でも大人になった今、電気のついている部屋で、急に怖さを感じるなんて想像もしていなかったのですが、実際に確実に、久しぶりの恐怖の感情を感じるのです。

 

f:id:tarijiri:20190625035505j:plain

私がこれを書いているすぐ横。

うう・・怖い。

 

なんで急に怖さを感じるようになったのか。

たった今分かりました。

理由は・・静かすぎるのです!!

 

いえでは子供3人、うるさくてうるさくて「音のない世界に行きたい」と思うほどうるさいのですが、同じ場所でも夜中にはみんな寝ているために静かな室内に慣れていなくて、それゆえに寝がえりのちょっとした音が大きく聞こえたりして恐怖を感じるようなんですね。

 

我が家って普段うるさすぎるんだな~なんて改めて感じたのでした。

原因がわかって安心しました。

いい歳こいて本当に怖かったから(笑)

 

・・原因は、これだけ・・だよね??