他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

EOS M5のタッチ&ドラッグ機能に苦労して気付いたこと

小さいのに操作性に優れ、大のお気に入りであるEOS M5というカメラをこの半年使ってきました。

f:id:tarijiri:20170923044911j:plain

 

このカメラのある機能を通じて今更ながら気づいたことがあったので、書き残してみようと思います。

 

操作性に優れています

このカメラの特長はいろいろありますが、このサイズのミラーレスなのに操作性が良いのが気に入っています。

 

構えた右手の親指と人差し指の場所にダイヤルがあります。

そのため一眼レフのようにファインダーを覗きながら露出系操作ができるうえ、EVFゆえ設定の変化を画面に映し出せるということで、ある意味一眼レフ以上の効果を発揮してくれます。

 

タッチ&ドラッグに苦労

ただ・・。

ファインダーを覗いたままではどうしても使い辛いと思っている機能があります。

それがタッチ&ドラッグという機能です。

 

これはフォーカスポイントの位置を背面液晶をなぞることで動かせるという機能で、ネットなどでも「使いやすい」「一眼レフ機にも搭載してほしい」といった声が聞かれます。

f:id:tarijiri:20170923034118j:plain

 

この機能はタッチが有効な場所を指定できます。

 

f:id:tarijiri:20170923034406j:plain

 

最初のころは喜んで使っていたのですが、ネットでの好評とは逆になぜか私は使い辛さを感じだしたのです。

そこでそんなはずはないと、いろいろとカスタマイズしてみました。

 

右で挫折

先ず私は、設定を利き手でありカメラの操作を行う右半分の位置にしていました。

なのですが、ファインダーを覗きながらだとこの位置には顔をつけてしまっています。そのためそのまま触ることができず、顔を液晶から離す=目をファインダーから離して触れることになります。

これだとどうしても離している間に構図がずれてしまうため、微妙な場所にフォーカスポイントを持ってこれません。

しばらくこれで使っていましたがどうも妥協しているところがあるので挫折。更なるカスタマイズに挑戦しました。

 

左はダメ

そこで左側を使ってみることにしました。

すると下からカメラボディを支えている左手を一度離さないといけませんが、構えて構図を決めた右手と目はそのまま、離さずにドラッグできます。

EOS M5は軽いからこれも何とかできるかな、と一旦は落ち着き駆けました。

 

しかしすぐにこの設定ではダメなことに気付きます。

縦に構えるとき、私は右手側を上にするのですが、そうすると液晶パネルの左側に丁度私の鼻の頭が当たるんですね。これによってフォーカスポイントがずれてしまうのです。

これでは使い辛いどころか勝手に動いてしまうので、早々に退散です。

 

横で構えるときは左側、縦に構えるときは右側が使えるといいなと全体設定にしてみたのですが、やはり鼻が当たると動いてしまうのでこれも使えず。

 

なんでこんなに褒められている機能なのに使い辛いんだろうと思いながら、私は諦めにいたります。。で、結局中央一点でフォーカスロックで使うことに。

※ボタン操作でも動かせるのですが、一度別のボタンを押してからAFを動かせるようになるので、それも面倒なのです。

 

・・で気づいたこと

そんななか、電撃的な気づきがありました。

それはキヤノンさんのこちらの動画を見ていたときのこと。


EOS 6D Mark II 竹沢うるま篇30秒【キヤノン公式】

 

この動画で、竹沢うるまさんがビダッとカメラを構えたこのシーンを見て気づいたのです。

f:id:tarijiri:20170923040208p:plain

竹沢さんは右目でファインダーを覗いている!

 

私は自分がどちらの目でファインダーを覗いているか意識したことが無かったのですが恐る恐る試してみると・・、そうなんです、やはり左目なんですね。

 

左目でファインダーを覗くから、カメラを横に構えた時に液晶パネルの右側を埋めてしまっていたのでした。

試しに右目で覗くように変えてみると・・タッチ&ドラッグ機能がチョー使いやすい!

右半分を使うようにしておけば、横構えでも縦構えでも思っていた通りにAFポイントを動かせるようになったのでした。

 

というわけで私は左目でファインダーを覗いていること、そしてタッチ&ドラッグ機能は右目派の人にこそ使いやすいこと、これにやっと気づいたのでした。

 

まとめ

じゃ右目に替えるかというと・・、やってみるとわかるのですが、身に付いた逆の目でファインダーを覗くのってとても心もとなくて、バランスが悪くなるんですね。

1DX Mark2でも試してみましたが、重いカメラだとなおさら。

なので簡単にはできないかなぁ。

 

でも右目でファインダーを覗くのも新鮮というか、利き手と逆の手で歯磨きするような楽しさがあることには気づくことができました(笑)。

たまには普段と逆の目でファインダーを覗いてみるのはいかがでしょうか。

 

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M5 ボディー EOSM5-BODY

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M5 ボディー EOSM5-BODY

 

 

こんな気づきもファインダーのあるカメラならではですね。

5歳2か月で補助なし自転車に乗れるようになった長女

小二の長男がこの夏休みに目標としていた補助なし自転車、酒田への帰省中に乗れるようになり見事達成、その経緯を以前このブログでも書き残していたのですが

 

tarijiri.hatenablog.com

 

その様子を見て悔しがっていた長女もあっという間に、5歳2か月で補助なしで乗れるようになってしまいました!

f:id:tarijiri:20170921050019j:plain

ひょうひょうと。 

 

もともと運動神経は良く、しかもこれまた帰省中にジジババに基本的なことは教わっていたので乗れる日も遠くは無いと思っていたのですが、こんなに早いとは・・。

 

ただ長男と場合と違い、このピンクの補助有りの自転車に乗り慣れていたことと、この軽い自転車の補助輪を取っただけということで乗りやすくはあったと思います。

長男の場合は普段自転車に乗らず、いきなりちょっと重めの小学生用の自転車だったせいで挑戦の頭で苦手意識が付いてしまったので。

 

でもやはり兄妹というのは上が居ると違いますね。

その長女を見て真似したがっている3歳2か月の次女の様子。

f:id:tarijiri:20170921050358j:plain

 

長女の自転車を奪って乗れるようになる日も、それほど遠くないかもしれません。

餃子で知った、新たな喜び

先日、妻がこんなものをネットで買っていました。

f:id:tarijiri:20170919182338j:plain

私の故郷である、山形県酒田市の平田牧場さんの冷凍餃子です。

www.hiraboku.com

 

1パック12個入りを8パックぐらい買ってまして(笑)。

 

これ、本当に美味しいんですよ~。

作り方も油ひいたフライパンに餃子を並べて水をかけて、あとは蒸し焼きにするだけ。

簡単で美味しくて最高なのです。

 

で、こんな素敵な餃子の話もさることながら、この件で気付いたことがあったのです。

 

それは、妻が内緒で私の故郷のものを買ってくれていたことが本当に嬉しかったということ。

いや、別に内緒にしたわけでもなければ喜ばせようと思ったわけでもないのでしょうが(笑)。

 

さらに、妻の実家にも別に買ってプレゼントしていたようです。

なんかこういうのって、自分の故郷が認められたようで自分でもびっくりするぐらい嬉しかったんですよね。人生にこういう喜びの種類があるとは知りませんでした。

 

 

結婚してもうすぐ9年になるのに、また新たな喜びを教わり感謝。

私も、こんな感じで妻にも思わず喜んでもらえることも見つけたいものです。

人生で縦軸で携わってきたこと

ちょっと前の話なのですが、いつも録音して聞いている「ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ」というラジオ番組。

ゲストにタレントの中川翔子さんを迎えての放送を聞いた時の話です。

 

www.tbsradio.jp

 

中川翔子さんといえばゲームがお好きという印象はあったのですが、放送の中ではプレー中であるというドラクエ11の話を中心に、ドラクエシリーズやゲームについて愛とリスペクトを込めて話されていました。

 

 

 

その中で感じたことがありました。

それは中川さんがドラクエ11の立ち位置に関して話されていたときのことです。今ドラクエの集大成を遊べる喜びを語るのに、過去シリーズからの流れを、ご自身の体験談やその時代の空気と含めて縦の時間軸で文脈を語ってらしたのです。

 

ドラクエ11に触れて、他のゲームとの横軸の比較というのは誰でも持てる感想だと思うのです。私自身も直前までプレーしていたゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドとの操作性を比較した感想を持ちました。

 

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

 

 

でも、人生の中でずっと好きで携わってきたこと、リアルタイムで感じてきたことが綿々と蓄積されていて、強烈な自分の体験として縦軸に語れるものがあるということが、なんて素晴らしいことなんだろうと思ったのです。

 

子供のころは好きなことだけやっていた気がしますが、ちょっと大きくなると流行りものに乗ってみたり、「これってもう卒業しなきゃ」と世の中の価値観に合わせて離れてしまったものもあります。

環境として、そのものが世の中から無くなってしまったものもあったかもしれません。 

 

最近で言うとやはり子供ができたこと。

私は2年ごとに3人の子供を授かりましたが、親になってからというもの毎日家事育児をこなすのに必死になり(今もそうですが)、自分の趣味や継続してきたことを途切れさせてしまったのです。

その分、今の生活の中でできることを探してカメラなどの新しい趣味を持つこともできましたが、子供のころからとは言わないまでも若い時分から続けてきたことが断絶してしまいました。

 

育児は大分楽になってきたので、そういったものにもう一度携わることもできるでしょうが、体力や技術的なことは底に落ちてしまったし、なにより新たな価値観を得たことで、以前好きだったものも客観視できるようになってしまったというか、気力や執着心が薄らいでしまったのは否定できません。

 

私には、子供のころから好きでこだわって執着して続けてきたことが無くなってしまいました。

 

中川翔子さんがドラクエという軸で語っていたことは、人生を通じて人生と共に好きでいたこと、携わってきてずっと心に残っているものがあるということの素晴らしさ、豊かさだと思います。

・・って私が勝手に感じていることではあるのですが(笑)。

 

私は失ってしまいましたしそれが私の人生でこれはこれで好きなわけですが、子供たちには本当に自分が好きなことを見つけて、やりたいように遊び続けさせてあげたいと思いました。

f:id:tarijiri:20170918040954j:plain

 

自分が執着できることがみつかったなら、私たち親の価値観とは違ってもできるだけ大切にしてあげられるような親でいられるように、頑張りたいと思います。