読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

「マクロレンズで1/100世界を遊ぼう」キャンペーンのプレゼントが届きました!

カメラ初級者のお勉強

以前購入したEF-M28mm IS STMレンズ、とても気に入って使っています。

 

感想も纏めていました。

tarijiri.hatenablog.com

 

単焦点レンズとして写りもよくて、なにより極端なマクロ撮影が楽しめています。

よろしければこちらの「蛇足」部分をご参考に。

tarijiri.hatenablog.com

 

オフィシャルにはこんなサイトも。

cweb.canon.jp

EOS Mシリーズの良さを感じるレンズなのですね~。

 

このレンズ、実は購入時点では「マクロレンズで1/100世界を遊ぼう」というキャンペーンが行われていまして、こんな素敵なプレゼントが届きました!

f:id:tarijiri:20170226061015j:plain

※現在は終了です

 

初めてのゴリラポッドの三脚と、 

 

テラダモケイさんの1/100模型です。 

送っていただいたのはこのレンズ用の特別バージョンみたいですね!

このシリーズ、このレンズを使ってハマったら面白いかも・・。

 

今回キャンペーンへの登録には箱の切り取りなどは必要なく、ネットからレシートの写真を送る程度の簡単なものでした。お送りしてから2カ月以上経っていてちょっと不安でしたが、無事に届いて嬉しいです。

 

細かい作業は大の苦手なのですが、子供たちと遊ぶことができたらまたその様子をアップしてみたいと思います。

 

いやーキヤノンさん、ありがとうございました!

プレゼントが届くって、ある意味キャッシュバックより嬉しかったり。

家族が初めてのインフルエンザに罹りました~その2~

インフルエンザ201702 家事・育児 2017

我が家では、過去に誰一人インフルエンザに罹ったことがありませんでした。私も妻も経験がありませんし、もちろん子供たちもそうでした。

 

もともとインフルに強いうえ長男が産まれてからは毎年全員で予防接種をしているので、きっとインフルとは縁のない人生を送れると思っていました。

2017年2月を迎えるまでは・・。

「我が家はインフルに強い」は幻想でした。

 

結構大変だったので、忘備録として今回の出来事を書き残してみます。

今回はその2。

 

月曜日

金曜日の夜から熱が出た長男の体調が戻り始めた月曜日、第二子である4歳7カ月の長女に熱が・・。それほど高くはなかったのですが、もともと長男の付き添いで妻が休んむ予定だったので、長男と共に長女も休ませることになりまあした。

「後から熱が出るかもね」と妻が言っていたので、長女も発症している可能性を感じながら私は出勤です。

 

私もウィルスを保持している可能性が高いため、通勤と職場ではずっとマスクを着けたまま、できるだけ周りの人と話さないように過ごしました。

 

そして案の定、妻からの連絡で長女の熱が上がってきたので病院に連れて行くという連絡がありました。想定外だったのは・・妻も熱が出てきたということ。確かに鼻が詰まっている感じでしたが・・。

 

二人で病院にいって、妻もおそらく人生初のインフルエンザにかかってしまったらしく、長女は検査では出ませんでしたがインフルで間違いないだろうという診断だったようです。

子供で発症から間がない時は検査で出ないこともあるそうですね。

 

妻が倒れた!

連絡を受けた私は月曜日は保育園に次女のお迎え。その前に一度自宅に戻ると・・妻と長女がリビングに布団を敷いてぐったりと寝ていました。

妻は身体も弱くなく、気力もあり、めったに体調を崩して寝るようなことはありません。たまにそういう姿を見ると、普段は子供が寝ているところしか見てないせいか、身体が大きい大人が倒れているように見えてインパクトが大きくて心配になります。

まだ冗談を言えるぐらいの様子でしたが。

とりあえず今週いっぱい妻は出勤しないことが確定しました。

 

インフル発覚から3日目の長男は熱も下がりおとなしくテレビを見ていたようです。

ただ、いまから「魔の二歳児」を最もこじらせたような次女を連れて帰ってこなければいけません。

妻には隣の寝室で寝るように進言しました。

 

症状

長男は口に物を入れる度に吐いていましたが、長女は一度だけ、ほんのちょっとだけ吐いただけでした。ですが長男よりも熱が高く、咳が辛そうです。

妻はのどの痛みと鼻水だそう。

 

同じ家族で同じA型インフルエンザに罹ったというのに、それぞれ症状が違うんですね。

 

火曜日

まだ辛そうな妻と長女をよそに、2歳7カ月の次女は元気いっぱい!

ですが長女と共に通う保育園からは、次女も休んでほしいと言われてしまいました。それは当然ですね。

 

それは仕方ないとはいえ、何が嫌だって、家族の一部が体調悪い時に一部は空気を読まずに元気であること。それが特にわがままで気が強く、やりたいと思ったことはやるまで泣き続けるようなこじらせ系二歳児であることが最悪。

この元気を持て余した子を、家族二人が倒れている家の中に一日中囲っておかなければいけません。不謹慎ながら、どちらかというとこちらがぐったりしててくれれば・・なんて思うこともあるぐらいでした。

 

妻も休みになりましたが、一応私も予定通り火曜日はお休みを取りました。

前の日にドラえもんだのコナンだの、最近子供たちがはまっているアニメのDVDを沢山借りてきたので、それを見せて何とかやり過ごします。

 

ただ一度、次女があまりにも外に出たがってうるさいため、少なそうなところをお散歩に連れ出しました。これだけで大分落ち着いてくれます。

 

あとはベランダで好きなだけ遊ばせたり。

f:id:tarijiri:20170226052127j:plain

暇な私も、歩き回る長女を連写モードで写真を撮る、なんてことを日がなやっていました。

 

自分は元気な平日に、家族全員でお休み。しかも冬晴れのとてもいい天気のなか家に閉じこもっているということで、不思議な感じの一日でした。

 

タミフル

次女も粉末状のタミフルをいただきました。

長男が飲み始めたころはいつも通り、お水1~2滴たらして混ぜ合わせ小さなスプーン一杯分ぐらいのペースト状にして飲ませていたですが、ここまでの工夫でアイスに混ぜてみるとかパンに塗るチョコレートに混ぜてみるとかいろいろと試していました。

ですがまだイマイチ、しっくりくる方法は見つけ出せないまま。

ここは妻が工夫してくれることでしょう。

 

翌水曜日、発熱から二日たった妻と娘の熱も完全に下がったので、私は出勤したのですが・・。

続きます。

家族が初めてのインフルエンザに罹りました~その1~

インフルエンザ201702 家事・育児 2017

我が家では、過去に誰一人インフルエンザに罹ったことがありませんでした。私も妻も経験がありませんし、もちろん子供たちもそうでした。

 

「我が家はインフルに強い」。

もともとインフルに強いうえ長男が産まれてからは毎年全員で予防接種をしているので、きっとインフルとは縁のない人生を送れると思っていました。

2017年2月を迎えるまでは・・。

 

結構大変だったので、忘備録として今回の出来事を書き残してみます。

今回は長男の発熱から。

 

急な発熱

それは金曜日の夜でした。

日曜日に初めて小学校のお友達の家に遊びに行くことになった長男は嬉しそうにしていました。しつこく「○○君の家でゲームするんだ!」などと言っていて、本当に楽しみにしていた様子です。

f:id:tarijiri:20170224024059j:plain

とっても元気だった金曜日の夜・・ってどうでもよい写真ですみません。

 

休前日ということで子供たちも21時半まで起きていた後、家族全員で布団に入りました。そして夜、寝静まった寝室で急に小一の長男が泣きわめき始めたのです。

長男は夜中に何かに怖がるように泣いてしまうことがあって、また始まったのかと単純に思っていました。・・んが、背中をさすってあげると熱い。どうやら熱がある様です。この時点で私たち夫婦は、ちょっと覚悟を決めました。

 

何とか寝付かせて翌土曜日朝、熱を出して辛そうな長男。熱は39度に届かない程度。なにか口に入れると直ぐに吐いてしまうので、その時点ではいつもの胃腸炎かもと思いました。我が家はインフルは未経験ですが、胃腸炎は毎年のように全員罹ります。そして毎年軽くなっている感じ。この時点では胃腸炎だといいな、と思っていました。

 

翌朝医者へ

とりあえずお医者さんに診てもらうしかないということで朝9時ちょっと前にいつもの小児科に。長男は立っているのも辛そうで、抱っこして何とか自転車に乗せました。9時になっても開かないし誰もいない。すると妻から電話があり「今日は休日だからお休みだった。休日診療しているところに行かないと」と言われました。

なるほど。休日には注意しないといけないですね。

 

で、以前もお世話になった救急病院に行ったのですがなんとこちらも開いていない。

こちらは9時半に開くようです。自転車に乗っていると楽そうなので、ゆっくりと近所を回りながら時間を潰します。戻ってみると4組ほどの家族や若いお兄さんがおられ、それぞれインフルっぽい・・。開院と共に入ってアンケートに答え、順番を待ちました。

 

どうやら長男と同じクラスの女の子もお父さんと来られていたそうで、別れ際に「しばらくお休みします」とおっしゃっていました。

 

息子が数年間のお年玉で初めて購入したゲームを持っていきました。 

ポチと!  ヨッシー ウールワールド

ポチと! ヨッシー ウールワールド

 

 体調が悪くて辛そうでも、3DSがあれば待合室も頑張れるようです。

 

いよいよ息子が呼ばれましたが、いつも通り心臓の音と喉の奥を確認したあと、鼻の奥に棒を差し込まれていました。話には聞いていましたが、これがインフルかどうかを判断する方法なのですね。

 診察室から出されて数分後、また呼ばれてみると検査薬のA型のところにしっかりと線がありました。我が家初めてのインフル患者誕生の瞬間です。

日曜日に友達に家に遊びに行けなくなったと知った長男は泣いていました・・。

 

いただいたのは粉末状のタミフルと熱さましの薬。

一度息子を連れて帰って、薬局に行きました。タミフルは1日朝晩2回を5日分です。これは必ず飲み切ってくれと言われました。

 

症状と療養の様子

息子は風邪をひいても胃腸炎になっても、とにかく吐くことが増えます。ちょっと水を飲んでもアイスを食べても吐いてしまうのですが、今回のインフルでも症状は同じでした。

吐く前は本当に気持ち悪そうで辛そうでかわいそうになります。

 

本人は一人で寝るのが寂しいらしく、リビングに布団を敷いて寝ていました。

f:id:tarijiri:20170224023808j:plain

普段であればもちろんこんなところでTV見てたら怒りますが、今日は特別。苦しそうです。

他の家族もウィルスを持っている可能性があるので、外出は控えました。おかげで他の子もこんな近くに・・。

夜は一応寝室を分けて、私がリビングに布団を敷いて一緒に寝ました。

 

その後の経過

今回インフルに罹ってお医者様に聞いて知った点が2点あります。

・発熱した翌日から5日間は学校に行ってはいけないこと

タミフルは、一応異常行動の可能性もあるから、一人にしないこと

 

長男は金曜夜に発熱なので、水曜日まで学校を休むことになります。妻も私もちょっと仕事が忙しい時期だったので、月曜は妻が、火曜日は私が休むことし、水曜日はその時決めましょうということに。

タミフルは粉末状、一日二回朝晩に飲むように指導を受けました。苦いらしく、小1なのに飲むのを嫌がります。吐かれては意味がないので、アイスに混ぜたりパンに塗るチョコレートに混ぜて味変して飲ませました。

 

初めての経験でどれぐらい続くのか心配でしたが・・。タミフルのおかげか予防接種がそれなりに効果があるのか、熱や吐き気は二日ほどで収まりました。

みるみる元気になった子供は、それまでの分を取り戻すようにはしゃいだりしゃべったりおどけたりしています。本当にほっとしました。

 

ですが・・、「我が家はインフルに強い」。

それは幻想でした。我が家のインフル禍の始まりに過ぎなかったのです。。

続きます。

父にゲームをやらせたくて皿洗いを始めた長男

家事・育児 2017

小1の長男はゲームが大好き!そして自分でやるのもいいのですが、私にゲームをやらせてそれを見るのも楽しいようです。

最近はPS4ペルソナ5というゲームをやらされています。

 

ペルソナ5 - PS4

ペルソナ5 - PS4

 

 

元々は私が買ってきてちまちまとやっていたのを見つかってしまいました。とても面白いしかっこいいしボリュームもあって私も楽しめているのですが、長男は本当に気に入った様子です。

 

平日は私が帰宅して家事を終わらせた後、長男が寝る準備ができていたらゲームをすることにしています。ただ21時に寝る時間になるので、遅くてもそれまで。

だから長男は学童保育で宿題をちゃんと終わらせ、音読も率先して済ませます。お風呂も素直に入るし歯ブラシとフロスも自分で用意する始末。

とっても助かっています(笑)。

 

逆に休日は時間に余裕があるので、平日よりも長い時間ゲームをできます。

もちろん画面を見過ぎて目が悪くなるのはかわいそうなので時間の制限はしますが、いつも物足りなさを我慢して終わっている長男からすると、とても嬉しいのだと思います。

 

とある休日、午前中からゲームをしてほしい長男は、朝食のあとの皿洗いを私がなかなか始めないため、なんと自分がやると言い出したのです!

 

長男も皿洗いできるようになってくれれば楽なので、やり方を教えました。

鍋とか大きな皿は私が洗ってしまい、その後小さな皿とコップ、そして箸やスプーンをお願いします。かえってビショビショにしちゃうんじゃないかという心配をよそに、土台に立った長男は慎重に綺麗に皿やコップの裏まで洗ってくれたのでした。

f:id:tarijiri:20170221224222j:plain

 

その後も時々皿洗いを自ら担当してくれます。

我が家には、子供の「お手伝い」というのは存在しません。誰がやっても「家事」というくくりとして、家のことはみんなでやれるようになりたいと思っています。その分、誰に対しても家事をしてくれた人にはありがとうと言葉で伝えることも大事だよ、と言っています。

 

長男も結構な家事をやってくれるようになってきました。そして、親が家事をやっていることの大変さも知ってきたようです。家族五人でそれぞれ家事を分担できたら楽になるだろうな~。その第一歩が刻まれたようで、とても嬉しく思います。

 

それにしても・・ゲームってすごいな~(笑)。

f:id:tarijiri:20170221223607j:plain

 

いつかこの土台も要らなくなるのでしょう。