読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STMの感想

子供の習い事の発表会を前に、EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STMというレンズを購入しました。

f:id:tarijiri:20170421091803j:plain

 

これはEOS Mシリーズ専用にして2017年4月現在で唯一の望遠レンズとなります。

一カ月ほど使ってみたので、現時点での感想を纏めてみようと思います。

 

最初に結論としては・・

安価な望遠レンズとして割り切っている部分もあるものの、実用性は非常に高いレンズ!

というEF-Mレンズらしいものでした。

理由などを以下に列記させていただきます。

 

コンパクトな望遠レンズ

35mm換算で最大320mmという望遠レンズと考えると非常にコンパクト!

公式の仕様はこちらになりますが、260グラムで長さもわずか86.5mm。320mm望遠を気楽に扱えるのは便利です。

 

フルサイズでは軽量とされる200mmのレンズと比較すると・・

f:id:tarijiri:20170421091638j:plain

この差!!

 

EOS M5に装着してフードを付けたままでも、通勤用のカメラバッグにすっぽりです。

f:id:tarijiri:20170421091721j:plain

ちなみにレンズフードは別売り・・。 

 

一本余計にカバンに入れておくにも、邪魔にならないサイズですね。

f:id:tarijiri:20170421091756j:plain

 

このサイズで望遠で、EOS Mシリーズの綺麗な写真を撮れる、これがこのレンズのメリットです。

 

描写力も実用的

レンズの良し悪しを語れるほどの審美眼が無いので画質に関しては個人的な感想に過ぎないのですが、私の使い道では十分に綺麗!

キヤノンさんぽく等倍にしてもカリッカリに解像という感じではないですが、意図した表現に応えてくれるだけの描写力は十分持っていると感じました。

トリミング無しの下手な作例をドーゾ!

 

EOS M5で55mmで撮った写真を、フリーソフトで縮小したもの。

f:id:tarijiri:20170420055958j:plain

 

同じく200mm。

f:id:tarijiri:20170420060039j:plain

EOS M5の2400万画素と相まって、葉脈まで写っています。

 

こちらもM5+55mmで撮った写真を、DPPでデジタルレンズオプティマイザしてシャープネスをOFFにしたうえで縮小したもの。

中央のススキがもやっとしてますか。

f:id:tarijiri:20170421081815j:plain

 

200mmにするとこんな感じ。ズーム感はいかがでしょうか。

f:id:tarijiri:20170421081824j:plain

  

これはjpgのみでフリーソフトで圧縮。暗い場所で広角レンズで撮った緞帳ですが。。

f:id:tarijiri:20170421082049j:plain

 

この緞帳を望遠レンズで切り取ると絵が写りこんでいます。

右上の木の部分。

f:id:tarijiri:20170421082132j:plain

 

真ん中下の人物。

f:id:tarijiri:20170421082210j:plain

 

通常の用途には十分な解像感とは言えないでしょうか。

 

子供撮りにも便利

望遠レンズは今のところスマホでは賄えない画角ということで、まさにカメラならではの使い方。特に子供が大きくなって習い事を始めると、遠いところから撮る機会が増えてきた気がします。

 

これは曇りの日にEOS M5で撮った写真。場所は小学校のグラウンド。

f:id:tarijiri:20170421083223j:plain

f:id:tarijiri:20170421083225j:plain

 

 こちらは妻がEOS M10に着けて撮った写真。私の写真より安定している気が・・。

f:id:tarijiri:20170421083309j:plain

 

望遠レンズで追いかけるようになると、やはりファインダーがあるとより楽しくなってきます。

 

機能も実用的

カメラとして、そして動画撮影に使う実用的な機能もしっかりしている印象です。値段を考えるとこの辺りはカメラメーカーの矜持を感じるところ。

概要はこちらの「搭載テクノロジー」にまとまっています。

 

私が使っていて気に入った点としては・・。

STMレンズということで、動画を撮るときにはフォーカス音がほとんどしません。外で撮った動画では全く気付かないほど。

もちろん望遠ということで、手ぶれ補正のISも付いています。常にONにしているので効きを実感することはないのですが、下手な私でも撮れているので恩恵を受けているのでしょう。

あと個人的に、写真を撮るのにフルタイムMFは絶対に欲しい機能なので、こういった点を外さないところはさすがです。

 

割り切ったな~と感じる点

EF-Mシリーズ全般に言えるのですが、実用性は高いものの切り捨てているところは無慈悲なまでにカットされています。

 

このレンズで感じたのは、やはり明るさ。

F4.5-6.3ということで、55mmのワイド端であっても4.5という暗さです。望遠にすると解放でも6.3なので、色々と工夫をしながら使わないといけないかもしれません。

ワイドと望遠端でF値が変わるためマニュアルで撮影していると明るさを都度調整しなくてはなりません。もちろん、値段や大きさを考えれば当たり前ですし、ISOだけでもオートにしておけばいいんですけどね。

 

あと、できればもう少し距離が欲しいところでした。

先の子供のサッカーの写真は小学校のグラウンドで練習中に撮ったもの。例えば試合の場合は更に遠くなるので、換算320mmでも物足りなく感じてしまうかもしれません。

 

ちなみにマウントがプラスチックであることは、私は全く意識しません。むしろ軽くなって好ましいと思います。

 

まとめ

私はAF追従をガンガン使うようなことが無いので、AFの速さなどはすみません、未検証となります。

ただ私の用途では実用性の高い、優れた望遠レンズであると感じました。しかもコスパも良い!

 

地味なEOS Mシリーズの中でも更に一番地味めのレンズですが、望遠レンズは楽しい。

写りもサイズも機能面でも、あると便利な一本です!

子供撮りとしても風景撮りとしても、ガンガンと持ち出していこうと思います。

 

 

ちなみににシルバーもあります。 

 

フードは別売り・・。 

 

 フィルター径は52mmですね。私はプロテクターは着けていませんが。

Kenko レンズフィルター MC プロテクター NEO 52mm レンズ保護用 725207