他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

また、映画を楽しめたはなし

ちょっと古い話になってしまうのですが、長男とそして私たち夫婦もちょうどお盆で休みとなり、下の二人を保育園にお願いすることができた日がありました。

そこで、本当に久しぶりに、我々夫婦と長男との3人でお出かけすることになったのです。

映画を観に行ってきました。

 

f:id:tarijiri:20180907062427j:plain

 

私は独身時代から映画が好きでよく見ていました。

子供が産まれてからはDVD鑑賞ばかりになりましたが、隙間時間の趣味として続けていて、このブログでも下手な感想文を書き残していたりもしました。

 

でも・・子供が3人となり毎日ルーティンに追われるようになると、隙間時間の余裕も無くなり映画も観なくなりました。なにより、2時間も集中する気力も失ってしまったのです。チャンスがあっても映画をスタートするのを面倒に思うようになってしまったんですね。

 

年に1~2回、どうしても気になった映画は職場を半休して映画館まで観に行くこともありましたが、自宅での映画鑑賞はほぼ無くなりました。子供たちのためにAmazon Primeという素晴らしいサービスも導入しましたが、なんせ気力もないので活かすこともできなくなりました。

 

そんな今、長男と映画を観に行くことになったのです。

 映画はかつて映画館で観たことがあった、Mr.インクレディブル

Mr.インクレディブル [DVD]

Mr.インクレディブル [DVD]

 

の続編、 インクレディブルファミリーというものでした。

 

これならば長男も楽しめるかもしれないし、ピクサーであれば我々大人にも見ごたえのある本格的な内容が期待できるものでした。

 

予約したチケットを発行してSwitchで遊びながら入場時間を待っている長男を見た時、不思議な感覚を覚えました。子供が産まれて観れなくなった映画を、子供が成長したことで一緒に観に来れるようになったんだな~と感じたのです。

 

これまでも子供と一緒に観た映画はあります。

でもいずれも子供向け映画。自分が観に行きたくて選んだ映画ではありませんでした。今回は長男がここまで成長してくれたおかげで、久しぶりに私も本気で楽しめる映画を観られるようになったのです。

 

映画は素晴らしいもので私も大満足!久しぶりに映画が楽しかった。なにより長男も気に入ってくれて、感想を言い合えたのも嬉しかったのです。後日旧作のDVDを借りてきたところ2回も観てしまうほどでした。

  

これは長男だけではありません。

長女も6歳となり、妻に似てドラマを見るのが好きなようです。妻も長年ドラマを自動録画しては見る時間も無く消すことを繰り返していたのですが、最近は長女と一緒に見られるようになってきたようなのです。

・・そんな話見せないでよ!ということも多々ありますけどね・・。

  

私も妻も、親となって時間が無くなってしまい、失ってしまったものは沢山あります。

そして余裕が出てきた今、仮にそれをもう一度やってみたとしても、やはりちょっと違うものになってしまうものが多い。

でも子供と一緒にできることで、あのころとは違った視点でまた楽しめるものもあるんだなということを知ったのでした。

 

子供たちの成長、そして老若男女誰もが本気で楽しめる作品を作ってくれるピクサーに感謝です。

 

その日はその後3人で外食をして、帰宅後は長男は下の子たちに邪魔されずにゲームに興じていました。久しぶりの3人の時間、楽しんでくれたかな。

 

子供の成長のおかげでまた一つ、楽しめることが増えました。