他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

ペロッでゾッとした話

先日・・というか古い話になってしまいますがひな祭りの日。

この日はちょうどお休みということで、家族で特別なものでも食べようと、お昼ご飯にパフェのお店へ行きました。

 

家族でご飯を3人前とパフェを3人前頼みまして。

まぁ今日は特別と、ご飯を食べ終わらなくてもパフェ食べていいよということにしていました。 

 

f:id:tarijiri:20180324050333j:plain

 

「まだぁ~?まだぁ~?まだぁ~?」と連呼しては私に怒られていた子供たち、待ちに待ったパフェとのご対面です!結構大きい!?

何となく、ご飯は足りなくてもパフェが3つは余るから、親もお腹いっぱいになれるかな~なんて思っていたのですが・・。

 

恐ろしいことに小2の長男も5歳の娘も、それぞれのパフェをペロッと食べきってしまったのです!

 

f:id:tarijiri:20180324050452j:plain

長男は奥の皿のパンもペロッといきました。

 

もちろんそれぞれに一口二口貰ったのですが、それぞれに渋られ(笑)、大半を一人で平らげたのです。

 

3歳の次女はさすがに全部は食べきれませんでしたが、口の周りベトベトにして半分は食べてました。

f:id:tarijiri:20180324050832j:plain

 

5歳の娘が一個食べちゃうのも衝撃ならば、小2の長男はご飯も平らげた上でパフェも行けちゃった。

パフェ一つ目の前にあるなんて人生で初めての贅沢だったこともあるでしょうが、好きなものに関しては正直ゾッとするぐらい量を食べるようになりました。

 

確かにいつかは来るはずと覚悟はしていた食費問題が、もうすぐ目の前まで来ていることを突き付けられた我々夫婦は、目を合わせてそっとため息をつくのでした・・。

 

ま、子供たちは美味しそうに食べてくれたので良かったです。

かつては小食で全然食べないと思っていたのに・・。

全国のパパさんママさん、子供がご飯食べないとか残すとかでイライラするのやめましょう。どうせいつか「そんなに食べないで~」になると思いますんで(笑)。