他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

EOS 6D Mark2を一カ月使ってみた感想 ~その1~

前回のエントリで、6D2を購入する前に期待していたことや懸念していたことを纏めていました。

 

tarijiri.hatenablog.com

 

それが実際に購入して1カ月使ってみてそれぞれどう感じたかについて、纏めてみます。

相変わらず文章が下手で長すぎるので、数回に分かれると思います。。

 

今回は、上記エントリで魅力と感じていたポイントについて。

私が6D2の魅力と感じていたのは、

・扱いやすさ(ホールド感・軽さ)

・画質

・OVFとライブビューのハイブリット

でした。

 

それぞれ、実際に使ってみた感想についてまとめてみます。

 

※6D2で撮った写真は全てjpg撮って出し、フリーソフトで圧縮したものです

※カメラは周辺光量補正とオートライティングオプティマイザをOFFにしています

 

私のカメラ使用歴

前提として、私のカメラ歴について。

40歳までカメラについての知識は無かったのですが、子供写真を撮り残せていないことに急に焦りだして写真を撮りだして3年が経過したど素人です。

その程度のものの感想ですのでご容赦ください。

 

私は基本キヤノンさんのカメラのみを使ってきました。なので写真についてはキヤノンさんのデジカメの写真を見慣れていて、他社カメラとの比較はできません。

この1年半、メインとして1DX2というでかくて重いカメラを使ってきました。なので大抵のカメラは軽く小さく感じるようになっています。

1DX2に買い替える前まで、1年半ほど前代のEOS 6Dを使ってきました。このカメラが私の一眼カメラの原点になります。

1年ほどEOS M5を通勤の際には持ち出しています。こちらは軽くて小さくて操作性が良いので、気に入っています。

 

以上が私の感想の基準となります。

 

扱いやすさ(ホールド感・軽さ)

まず扱いやすさは、さすがはキヤノンさんの一眼レフのものでした。

 

軽さと小ささは6Dゆずり。かつて6Dを使っていたときはコンデジに比べて重くでかいカメラと感じていましたが、今や通勤時に持っていけるほど。

私自身が1DX2に慣れたことで重さへの許容量が壊れたからなわけですが、やはり6D2の扱いやすさはあると思います。

 

それはカメラそのもの(765g)だけではなく、ホールドのしやすさにも由来します。

f:id:tarijiri:20180108100301j:plain

 

グリップが握りやすく、私の大きめの手でも小指まで引っかかる。

背面も右の親指のひっかかりは1DX2よりも高く、親指の付け根の肉厚の部分もしっかりとカメラに押し付けることができます。

 

f:id:tarijiri:20180108100243j:plain

ホールド感が良いことでレンズを着けた状態でも持ちやすくて軽く感じられ、休日の家族でのお出かけ時にも持っていけるようになりました。EFレンズを使う機会を増やしたいという希望は叶いました。

 

f:id:tarijiri:20180108074555j:plain

特にEF70-200 F4L ISを家族での電車移動ですら、持ち出すのに躊躇なくなったのが嬉しいです。

 

ただし!私の妻(カメラ全く興味なし。写真はスマホオンリー)は、手渡された瞬間「重ッ!」と言っていました(笑)。

なので私の感想は参考まで。 

 

最後に、やはり一眼レフ(OVF)は気持ちいい!

 

画質について

画質もまた期待通りの美しいものでした。

 

解像感もありますがカリカリとし過ぎず、しなやかな写り。

色も華やか鮮やかで、家族や子供たちなど人を撮るときにはとても良いです。

そして、なんというか情緒的に映ってくれるんですよね。

 

いわゆる「ローパス有り」といった画質で、等倍鑑賞でパリパリという解像感を期待するようなカメラではないと思います。

 

まずメインに使用する家族撮りカメラとしての感想の詳細。

明るいところは文句なし!

f:id:tarijiri:20180108091734j:plain

 

ただ明るいところでは、今どきのカメラであればフルサイズでなくても十分綺麗ですし、この例のように3人撮るとボケてしまう場合もあるので、そういった意味ではフルサイズのデメリットと言えるかも。

 

フルサイズである恩恵としては、屋内の暗い場所でも綺麗な写真になりやすいのは、まさに期待通りでした。

f:id:tarijiri:20180108080432j:plain

 

ただ、蛍光灯などの光の中では若干色味が安定しないように感じます。

それは仕方ないことなのでしょうが。

 

f:id:tarijiri:20180108081648j:plain

室内プールで娘を撮った写真ですが(AWBホワイト優先)、肌の色が黄色になっていますね。

 

また、不自然な滑らかさを演出するような挙動を感じることがあります。

f:id:tarijiri:20180108093028j:plain

極端な例ですが、撮って出しです。

顔がボケてはいますが、不自然ですよね。

 

でも、気になったのはこれらぐらい。

家族写真カメラとしてまたまた大満足なカメラです。

 

家族写真以外でも使っています。

画質について判断するほどの審美眼は無いので、いくつか特徴的な写真を張り付けてみますね。

 

f:id:tarijiri:20180108092502j:plain

夜に間違えてシャッター切ってしまった地面の写真です(笑)。

石を撮った時の解像感はいかがでしょうか。

 

f:id:tarijiri:20180108092647j:plain

枯葉の端っこを100mmマクロレンズで狙ってみました。

前後のボケはいかがでしょう。

 

f:id:tarijiri:20180108092850j:plain

朝焼けの諧調です。

 

f:id:tarijiri:20180108092915j:plain

室内太陽光の写真。

 

前機種6Dと比較して、解像度が上がった分精細な写りをしていると思います。

ですが当時とはレンズの質も私の知識などもあがっているので単純に比較はできないかもですが。

 

EOS M5も画質が良いのですが、Mシリーズの方がカリカリ感は高い気がします。

ローパスが薄いという噂もありますね。

 

個人的には大満足!

撮っていて楽しくて気持ちよければ、自然とシャッターを切る機会も増えますよね。

 

OVFとライブビューのハイブリッド

OVFとライブビューの使い勝手についてははっきり言って素晴らしい!

特筆したかったので、別の機会とさせてください。

 

 

第一回は以上になります。

まいど長すぎるしズルズルの文章で恐縮でございます。。

次回は、6D2購入前に懸念していた点はいざ使ってみてどうだったか、まとめてみようと思います。

 

まとめました。

tarijiri.hatenablog.com