他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

IIJmioさんのSIMカードサイズ変更は、BIG SIMカウンターが便利でした

新しく買ったスマホSIMカードがnanoSIMしか対応しておらず、IIJmioで契約しているSIMカードの変更が必要になった、という話を前回のエントリで書かせていただきましたが、

tarijiri.hatenablog.com

 

時間が空いた間隙を縫って、早速サイズ変更をしてきました。

 

 

概要はこちらに公式ページがあります。

SIMカードのサイズ変更はできますか? | IIJmio

 

ただ、こちらのプランだと配送に数日かかってしまうということで、日常使っているスマホのSIMとしてはちょっと困ります。

そこで、契約した時と同様、店頭で行ってきました。

 

BIGカメラさんの一部の店舗にはBIG SIMカウンターというサービスがあり、これは店頭でMVNOの契約などができるんですね。

www.iijmio.jp

 

私はIIJmioに変更したときにここで契約手続きを行っていたので、今回も行ってみました。 f:id:tarijiri:20170701065918p:plain

 

お店について店員さんに声をかけて今回の要件をお伝えすると(通話用SIMのサイズ変更)、カウンターに案内されました。

そこで手続き開始。iPadを使ってログインし、各種情報の確認を受けます。

なのでIIJmioさんのアカウント情報(メールアドレスとパスワード)が必要になります。

ログイン後、登録情報の確認や注意事項の確認があり、OKであれば画面上のボタンをスイッチしていくような感じ。

 

また顔写真入りの身分証明書も必要で、これもこのiPadで写真を撮っていました。私は免許証を使ったのですが、引っ越し後の住所が裏面であったためか、表面と裏面の両方を撮っていましたね。

 

手続き自体は10分もかからず終了し、新規SIM発行もそれから10分程度待って完了でした。待っている間に軽く営業を受けたのはご愛敬。

 

元のSIMはその場ではスマホから出すこともお返しすることは無かったので、待っている間に普通にスマホで使っていたのですが、途中から通信ができなくなりました。これによって移行作業ができた、ということなのでしょう。

 

新しいnanoSIMを受け取って終了、20~30分程度で終了でした。

即時発行していただきとても便利ですが、変更手数料2000円と共に即日発行手数料も1000円かかるということで、合計3000円+消費税がかかりました。

この代金はこの場で支払うのではなく、通信費支払いのタイミングで同時に引き落としされるそうです。

 

まとめとして、IIJmioのサイズ変更は、その場で変更ができるカウンターでのサービスが簡単でした。変更が必要な方は、BIG SIMカウンターのある店舗(上記サイトのページにあります)を確認し、最寄りのお店でお願いするのをオススメいたします。

 

こうして無事に受け取り、帰宅して新しいスマホで使ってみました。SIMは問題なかったのですがまたトラブルが・・。

これはまた次回。