他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

EOS Kiss X9i コンセプト変わってませんでした!失礼しました

約ひと月前、パパママ向けカメラEOS Kissシリーズの最新モデルである、EOS Kiss X9iの発売が発表されたばかりのころに、これまでとコンセプトが変わった!?というエントリを書いていました。

tarijiri.hatenablog.com

 

公開されている公式動画に、パパママ向けの要素が無かったためです。

 

しかし発売日を迎えた昨日、私が知っているだけでなんと5本もの(!)コンセプトに沿った動画が公開されていました。

www.youtube.com

そのほかはこちらから検索してみてください。

 

EOS Kissで検索してくださる方がいらっしゃるので、謹んで訂正させていただきたいと思います。EOS Kiss X9iもまた、パパママ向けのカメラでした!失礼いたしました。

 

これで終わってはなんなので。

検索してきてくださった、子供向けカメラの購入を検討しているもののカメラについて初心者の方(がいらしたら)に向けて、EOS Kiss X9iっていいカメラなの?ということについて私なりの感想を簡単に書いてみたいと思います。

私もど素人一般ユーザなのですが、キヤノンさんのプロ用の最上位機種と最も初心者向けの一眼カメラの両方を、毎日のように使って子供の写真を撮っている現役ユーザです。

 

私もまだ実際に触ったことがないので具体的な機能の良し悪しには触れられませんが、選びきれないほど沢山あるカメラの中でのこのカメラの立ち位置や特徴について、お伝えできると嬉しく思います。

 

EOS Kiss X9iってどういうカメラ?

 

 

最初に結論ですが、とっても良いカメラです!

写真も動画も画質が良く、しかも撮りやすいです。

 

スマホコンデジしか使ったことが無い初心者の方に向けた初めての本格的カメラの位置づけ、つまり入門機に当たりますが、そういった方が使ってカメラとしての性能面で物足りなさを感じることはほとんどないんじゃないか、とすら思うほど。

 

初心者の方でも簡単に、赤ちゃんやお子さん、ご家族の写真や動画をキレイに撮りやすいカメラだと考えています。

なぜ私がそう思うのか。具体的に特徴を挙げさせてください。

 

Kiss X9iの特徴

これまでのKissシリーズも、綺麗な写真が撮れる良いカメラでした。

X9iはその良さは引き継ぎつつ、さらなる特徴があります。

初心者向けという顔をしていて、実際に初心者のかたでも簡単に使えるような操作性も持っているのですが、実は中身は中級機と肩を並べるほどの性能に進化しているのです!

特にピントを合わせるのが非常に得意なカメラになりました。

 

例えばスマホで子供の顔を撮る場合、アプリを起動してモニタに顔を捉えてハイチーズ、とタッチすると思うのですが、実際には子供の顔がくっきりと写るまでに時間がかかりますよね?このくっきりとさせることをピントを合わせると言い、ピントが合わないとシャッターは切れません。

ピントが合うまでの時間がかかるため、シャッターチャンスを逃してしまうことはよくあると思います。

 

このピントをカメラが自動で合わせてくれる機能をオートフォーカスというのですが、この機能がこれまで以上に得意に、中級機と同等になったのです。

元々画質は良かったうえ、オートフォーカスの進化によって子供の躍動している姿や一瞬の表情を捉えるなど、従来は難しかったシャッターチャンスをカメラの力でより簡単に撮ることができるのです。

EOS Kiss X9iならではの先進機能|キヤノンEOS Kiss X9i

こちらが参考になります。

 

また、キヤノンさんのカメラは他社と比べても特に人を優しく明るく写すのが得意。お子さんを撮るのに向いている画質だと思います。

(逆に渋いものをカッコよく撮るには、他社機のほうが簡単だったりします)

 

一眼レフであること

EOS Kissシリーズのもうひとつの特徴は一眼レフ(いちがんれふ)という種類であることです。

 

一眼レフであるメリットは、軽快なレスポンスにあると思います。

ファインダーからのオートフォーカスは非常に早く、しかも瞬間的にシャッターを切れる。つまりX9iはオートフォーカス性能の高さをより活かせるカメラの形態なんですね。

レスポンスの良さから、個人的には一眼レフを使っているほうが気持ちがいいです(これ、いがいと大事な要素だと思います)。

 

一眼レフのデメリットとしては、やはり大きさ重さでしょうか。

とてもポッケに入るサイズではないですし、お子さんを抱っこしながら持ち歩くのも大変です。

 

今はミラーレス一眼という種類もあります。この二つの種類による画質に違いはありません。画質は一緒でミラーレスの方が小型・軽量になるので、画質はキープしたくてもサイズがネックであれば、「ミラーレス」で調べてみてください。

 

まとめ

まとめますと、私が考えるEOS Kiss X9iの特徴は、

・高い性能と一眼レフであることでシャッターチャンスに強い

・簡単に綺麗なお子さんの写真や動画が残しやすい

というものです。

 

お子さんの綺麗な写真や動画を撮りつつ、親の側も楽しさも味わえるような、良いカメラだと思っています。

EOS Kiss X9iの、カメラとしての立ち位置や特徴について私なりの考えを纏めてみました。何かしら参考になりましたら嬉しいです。

 

ついでながら、初めてカメラに興味を持たれた方にぜひ試していただきたいことがあります。

もしレンズ交換可能なカメラを購入されたら、ぜひ単焦点レンズ(たんしょうてんれんず)を使ってみて欲しいのです。

一眼カメラを持つ最大の喜びは、美しい写真が撮れること。キットで付いてくるレンズも良いのですが、単焦点レンズで撮る美しさはやはり格別です。

 

どのメーカーも安価でも綺麗に撮れる単焦点レンズを提供していると思いますが、キヤノンさんの場合はこちらがそれにあたります。 

私も気に入って使っているレンズです。

このレンズをKissに装着するとお子さんの顔のアップが撮りやすいですし、雰囲気のある写真が撮れると思います。せっかくならばぜひ単焦点レンズの写真の美しさを一度は味わっていただきたいと思います。

 

結局長文失礼いたしました。

 

カメラはともかく、お子さんの幼い写真沢山撮っていきましょう!

以前私なりの子供写真を撮る時の工夫を纏めたことがありますので、興味があれば是非。

tarijiri.hatenablog.com