他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

「ねたみ」を生む要素と解決方法(の私論と仮説)

今回、ねたみについての書いてみようと思います。

普段はこういうネガティブな内容はブログには取り上げないのですが、とあるねたみを伴う体験が自分らしい特徴があって面白かったのと、そこから見えてきたものがあったので紹介させて下さい。

以下、とっても雑で意味のない私論となりますので、ご参考程度にお願いします。 

 

f:id:tarijiri:20170401081422j:plain

自分の心が、目に映るもののどこにフォーカスしてしまうのか分からない。

その無常をピントを誤った写真で表現してみました。

 

「○○自慢かよ!」感情が沸いた

先日、とあるプロのカメラマンの方が公開している動画チャンネルを見ていました。

これはプロが知識や技術を惜しみなく公開してくださっている本当に勉強になるチャンネルで(最近カメラに限らずこういうチャンネル増えましたよね、ありがたい)、動画が公開されるたびに繰り返し見ています。

 

このチャンネルの過去の動画にさかのぼってみているとき、こんな映像がありました。

動画はそのカメラマンのかたが滝を撮りに来るということで、車で到着したところから始まります。外から別のかたがカメラを回しているようで、その方は後部座席に置いた機材バッグを取り出してドアをバタンと閉めて、さて今回の目的を話しだすシーン。

 

この動画の本編にも入っていないシーンを見て、私に急にとある感情が沸きあがってきたのです。それは・・「車運転できる自慢かよ!」というねたみでした。

 

ねたみが産まれた理由

SNSなどの不特定多数のアクセスの中で、会ったことも無い誰かに対する妬みという感情が世界中で産まれるようになって久しいと思うのですが、「車を運転できること」ってねたみの対象には普通ならないですよね?

でも、私には沸いてきた。動画の内容ではなくその導入の部分で。

これは何故でしょう。

 

要素として考えられるのがたった一つあります。

それは、私が車の運転ができないということです。

免許を取って以来約20年、一度も車の運転をしたことがありません。しかも自分は集中力が無いというか注意力が無いため、多分運転中に他のことをつい考えてしまったりするので、きっと危険なんじゃないかと思ってしまうんですね。

 

ただ、「車の運転ができない」という事実だけでは妬みまでは生まれないと思うのです。

運転できないのではなく、「本当は車の運転ができるようになりたいのに、できない」という自分の負い目というかコンプレックスがその要素になるんだと感じたのです。

例えば私は会社の中で全然出世できるタイプではなく、同期のトップ群にも遥かおいていかれているのですが、そこにねたみという感情は全くありません。自分が出世したいと思っていないどころか「役職をあげたくない」とすら思っていて、出世というものに負い目もコンプレックスも感じていないから、だと思うんですね。

 

でも、車は違います。子供たちと共にようやく電車で移動ができるようになってきましたが、本当は車でお出かけしたいのです。家族で車に乗り込んで「出発!」みたいなお出かけ、私もかつて実家で味わっていた喜びを子供たちにも味合わせてあげたいのに・・それができない。何故ならば運転できないから!

※因みに妻も私同様、完全無欠のペーパードライバー・・

 

子供たちが大きくなってきて、このところ更に自分が車運転できたらな~と強く思うようになったからこそ、今のタイミングだからこそ、何気なく当たり前にやっている姿にねたみを感じてしまったと思うんですね。

 

まとめ

ねたみを感じる要素、それは自分の側の問題である、というのが今回の体験を通じた私の仮説です。

ただ、例えば友人や親が運転しているのを見てもねたみは感じないし、道路に車が流れているのを見ても感じません。なのでこれだけが要素ではないはずですが、普通の人が普通に車に乗っている世の中で、そこにねたみを感じたのは私のコンプレックスが大きな要素だったのだと思います。

 

そして自分の側の問題ということは、自分で解決できるということ

私で言えば、車の運転ができるようになれば、このねたみは消えるのでしょう。

 

何かにねたみを感じる自分が嫌なのであれば、その相手ではなく自分の側で消化できるんだなと考えると、意外と世の中生きやすくなるかもしれないと思いませんか(笑)

当たり前のことかもしれませんが、いつかの自分のために、そしてもしかしたら誰かの役にたったらいいな、ということで忘備録として書き残させていただきました。

 

ブログに書きたいこと沢山あるのに、時間が取れなくて書けていないのに、こんなどうでもよいことをつい書いてしまいました。

失礼いたしました。

 

蛇足

過去に撮った写真をざっと見てみたのですが、車が一台も無い!そもそも車に興味が無かったんじゃん。。