読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

広角レンズとしてEF-M11-22mm F4-5.6 IS STMを選んだ理由

カメラ弱者のお勉強 EF-M 11-22mm STM IS

前回のエントリで、広角レンズを買うぞ!という宣言をさせていただいてましたが、

tarijiri.hatenablog.com

 

ようやく購入しました!

 

選んだのはこちら。

EOS Mシリーズ専用レンズ、EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMです!

f:id:tarijiri:20160710033749j:plain

レンズフードは別売りなので合わせて購入。レンズフィルターは着けません。

 

前述のエントリで候補に挙がったのはこのレンズとEF-S 10-18mm STM、そしてコンデジPowershot G7Xでした。

今回はこれらの中からこのレンズを選んだ理由について、書かせていただきます。

 

今回もG7Xを諦めた理由

以前気に入って使っていたものの親に譲ってしまったこのカメラ。いつか買い戻したいと思っていましたが、今回も諦めました。

理由はG7Xの性能面ではなく、単純に「もうカメラを増やせない」というものです。お出かけ用にはもってこいなのですが、今年は何とかカメラを集約しようと思っているので。。

G7X Mark2の値段もこなれつつあり、本当にもう縁が無いまま終わるのでしょうか。

 

EF-SかEF-Mか

そして残った選択が、EOS Mシリーズ専用レンズにするか、APS-C一眼レフカメラでも併用できるEF-Sレンズにするか、という選択です。

私はAPS-CカメラとしてEOS 7DとEOS Kiss Digital Nを使っていますので、こちらでも広角レンズが使えるというのは便利です。

ですが今回の広角レンズの使用目的としては、主にEOS M10で家族を撮りたいというもの。EF-SレンズをMシリーズに装着するには、アダプタを介さねばならずその分かさばってしまうという欠点があります。

 

ただ、キヤノンさんはEOS Mシリーズに力を入れていないという声も聞きます。また一方でフルサイズミラーレスの開発も進めているとも聞きました。フルサイズミラーレスはEF-Mマウントではないと思いますので、EOS Mシリーズの将来性を不安視する心境も正直、あります。

EF-SかEF-Mのどちらにするか、という悩みはいろんな方がされていると思いますが、EOS Mシリーズをどう考えているかでそれぞれ結論は異なってくると思います。

 

EF-Mレンズを選んだ理由

こういった条件のなかさんざん悩んだ挙句に出した結論が、EF-Mレンズでした。

・M10で一番使う以上、このカメラで使いやすいレンズが良い

・もし一眼レフでも使いたくなった場合は、また買えばいいさ(比較的安めのレンズ)

・もしEOS Mシリーズが途絶えるとしても、今の家族が写せればまずは良し

というのが、理由でした。

f:id:tarijiri:20160710044304j:plain

 

結果

そして選んだ結論としては・・本当に買ってよかった!これは良いレンズだと思います。

 

まだ使い始めて一週間ちょっとですが、既に大活躍してくれています。

現状で感じているこのレンズの特徴は、

・画質が良い

・広角ってチョー便利

・寄れる

・22mmまでズーム可能なのも便利

・M10にぴったり

といったもの。

3人以上も軽々と画角の収めることができますので、家族を撮る方には特におすすめしたいです。

 私は「なんでもっと早く買わなかったんだ」と後悔してしまったほど気に入りました。

 

 

以上です。

今回はこのレンズで撮った数枚の写真を貼らせていただきます。

このレンズの紹介は長くなりそうなので、別エントリでまとめてみようと思います。

※以下、EOS M10に装着して撮った写真を、フリーソフトで縮小したものです。

 

f:id:tarijiri:20160710043231j:plain

部屋が広ーく撮れます。。って汚くてごめんなさい。

 

f:id:tarijiri:20160710043721j:plain

道路もすっぽり収まるほど。

 

f:id:tarijiri:20160710043744j:plain

ちょっと見づらくて恐縮ですが、画質もいいのではないでしょうか。

 

f:id:tarijiri:20160710043822j:plain

そしてこんなに寄れるのが便利!

 

  

 

本当に買ってよかったです!

家族写真にスナップに、ガシガシ使っていこうと思います。

またEOS Mシリーズ手放せなくなってしまった。。

 

感想も書きました。

tarijiri.hatenablog.com