読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

子供撮りレンズとしてのタムロンSP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005)

タムロンさんのフルサイズ人気望遠レンズ、SP 70-300mm F/4-5.6(以降A005)を購入してから半年近くたちましたので、感想を書いてみようと思います。

 

 

発売が2010年。既に多くの方のレビューがネットにはあります。私には繊細な画質情報などはお伝えできませんので、普段子供撮りに便利に使っているパパ目線での感想とさせてください。

また私はキヤノンさんユーザーなので、レンズもCanon用のものになります。

※以下レンズが写っている写真以外は、このレンズで撮った写真をトリミング無しでフリーソフトでサイズを縮小した画像となります。

f:id:tarijiri:20160529020356j:plain

 

最初に結論ですが、「非常に安いのに、画質がよくて便利なレンズ」です!

このレンズに感謝したいポイントは沢山あるのですが、シンプルに4点に絞ります。

 

圧倒的なコスパ

キヤノンユーザの場合、フルサイズでの望遠レンズで同一画角のものと言えば、まずはLレンズを意識されるでしょう。 

Canon 望遠ズームレンズ EF70-300mm F4-5.6L IS USM フルサイズ対応

Canon 望遠ズームレンズ EF70-300mm F4-5.6L IS USM フルサイズ対応

 

 私はこのレンズを使ったことが無いのですが、レビュー等を見るにとても素晴らしいレンズ!のようです。

 

次いで、緑のラインのDOレンズも有名です。 

非常にコンパクトなレンズで、取り回しが良いのが特徴のようです。

 

価格的に手の届きやすい非Lの純正レンズも用意されています。 

Canon 望遠ズームレンズ EF70-300mm F4-5.6 IS USM フルサイズ対応
 

こちらもレビューなどでは十分良いレンズで、Lレンズの半額以下で購入できるうえ、IS(手ぶれ補正)も内蔵されています。今回挙げた70~300mmレンズでは最も軽いのも特徴ですね。

 

ですがA005は、非LのUSMレンズよりも更にずっと価格が安い!なのに画質が非常に良く便利なレンズなのです。他のレンズでもなかなか見ないほどの圧倒的なコスパの高さがあります。

 

便利な望遠レンズ

このレンズの画角は70mm~300mm。300mmあれば、ちょっと広い場所に行ったときにも、子供を大きく捉えることができます。

参考までに画角ですが、これがフルサイズで70mmとすると

f:id:tarijiri:20160526095413j:plain

 

300mmはこうなります。

f:id:tarijiri:20160526095432j:plain

 

APS-Cでは35mm換算で約112mm~480mmという相当の望遠となります。

以下はEOS 7Dで撮ったヴェルディサポーターの皆さんの写真です。112mmがこうですと・・

f:id:tarijiri:20160526095746j:plain

 

480mmだとここまで。すごい圧縮効果ありますよね!

f:id:tarijiri:20160526095827j:plain

 

70mmだと公園などの広い場所では子供2~3人を一緒に写せるサイズになりますし、300mmあれば広い場所でもひとりひとりの表情をアップで捉えるにも十分な画角です。

この画角の倍率が、普段のお出かけ用としてはとても重宝します。

 

画質に満足

最初にこのレンズを付けてEOS 6Dで写真を撮った時、液晶に映る画像の色が濃くおどろいた覚えがあります。このレンズは色乗りがしっかりしていると思います。

f:id:tarijiri:20160529015754j:plain

 

解像もしっかりとしてくれます。

f:id:tarijiri:20160528213425j:plain

 

しかも、タムロンさんのレンズのVCというのは手ぶれ補正機能を意味するのですが、これが非常に強力です。レリーズボタンの半押しでピントが合うと同時に、ファインダーから覗いている画面が「ガッ!」とばかりに、まるで力で押さえつけられているかのように固定されます。この強力な手ぶれ補正機能のおかげで、望遠にもかかわらずブレのない、しかも色のしっかりした写真が撮りやすいということになります。

 Lレンズを買っていたとしても、この画質なら納得していたかも。それぐらい私にとっては満足の画質、これだけの画質をこの価格でというのは個人的には驚異的なコストパフォーマンスだと思います。

 

フルサイズで使える

このレンズを購入した経緯は、APS-C用のEF-S 55-255mm STMという望遠レンズを買って望遠の楽しさ気持ちよさに気づいたので、

tarijiri.hatenablog.com

 

フルサイズである6Dでも使える望遠ということで購入しました。

手軽に使える望遠を、フルサイズならではの素晴らしい画質で使え、しかもこの価格というのは本当に助かります。 

 

イマイチな点

個人的にイマイチに感じている点もあります。

・ズームリングの方向がキヤノンのレンズとは逆回転

・最短撮影距離がちょっと遠い(1.5m)

・VCの音が大きい(ガガガッという音がします)

・VCのボタンが軽いため、カバンに入れておくとOFFになってしまっていることも

・純正レンズでないため、DPPで一部補正が効かない

特に最短撮影距離に関しては、子供が近くにいる時に撮れないのがちょっと不便に感じます。前述のEF-S 55-255mm STMが0.85mという短さだったのもありまして。

 

そして個人的に最大の問題点は、AFです。

例えば6Dで室内の暗い環境で撮っているとき、なかなかピントが合わなかったり後ろに抜けてしまうことが多いです。子供の日常を撮りたいと思っていらっしゃる場合、瞬間を撮り逃すことは私の腕では正直多いです。

 

とはいえ文句もこの程度。

ここさえ我慢できれば、十分満足できる望遠レンズとなると思います。

 

まとめ

改めて書かせていただきますが、非常にコスパの高いレンズです。

コスパというのが「この値段にしては良いレンズ」というのではなく、「こんなに便利で画質が良いのに、こんなに安い!」という点が素晴らしい。

Lレンズを二つ使っている私としても満足できる画質+手ぶれ補正も強力なので、望遠を気兼ねなく使ってみたい方には最初の一本に本当にお勧めです。値段が値段だけに持ち出すのにも気兼ね無く、撮影枚数も増えると思います。

大半の方は、子供撮りで物足りなさを感じることは無いと思います!躊躇されている方は是非試してみて、子供たちの豊かな表情をアップで撮ってみてください。

 

 

ただ、私は室内撮りでの最短撮影距離の長さとAFの迷いの多さから、やはり純正も購入しようかな・・とも考えております。