他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

カメラ弱者パパがEOS 7Dを使ってみて気付いたこと

子供の日常しか撮らないような素人カメラ弱者なのに、ついうっかり、かつてはキヤノンさん版APS-Cの頂点であったEOS 7D(初代)というカメラを買ってしまったことを以前書かせていただきました。

tarijiri.hatenablog.com

 

7Dの長所である動きモノ撮影の機会はまだほとんど無いため機能を引き出せてはいないのですが、ある種「最高峰」であったカメラに触れてみて私なりに感じたことがありました。

そのあたりの事を書き残してみようと思います。

f:id:tarijiri:20160114205837j:plain

 

※以下の写真は7Dでjpg撮って出しの写真を、トリミングもせずにそのままフリーソフトでリサイズしたものです。

 

連写って楽しい!

7Dと言えばAFの速さと連写によって動きものを撮れるカメラであるわけですが、私も試してみたところやはり楽しいです。コンテニュアスAFに設定してファインダーで被写体を捉え続ける、連写する。後から写真を見てみると、ピントがバッチリ合っている。躍動的な瞬間が写っている。楽しいんですよ~。

 

ちなみに、秒間8コマということで、EXIFで同じ秒となっている写真を並べてみますね。

f:id:tarijiri:20160103103945j:plain

f:id:tarijiri:20160114204321j:plain

f:id:tarijiri:20160114204335j:plain

f:id:tarijiri:20160114204346j:plain

f:id:tarijiri:20160114204352j:plain

f:id:tarijiri:20160114204357j:plain

f:id:tarijiri:20160114204407j:plain

f:id:tarijiri:20160114204414j:plain

 

まったくもって無意味かつもったいな使い方なのは重々自覚しておりますが、8コマの感覚、AFの感覚は伝わりましたでしょうか。

何度となく走らされている子供はかわいそうですが(一応楽しんではくれていますが)、躍動感あふれる写真が撮れた時は本当に気持ちいいです!

連写って楽しいですね~。

 

スペックに表れない使い勝手の良さ

7Dは発売から既に6年以上が経過していて、後継機が出てからも更に一年以上経っているようなカメラです。

秒間8コマ、測距点19点、1800万画素などなど、スペックとしては当時は最新であったかもしれませんが、いまや凡庸以下ですよね。

なのですが、実際に使ってみるこの7D、使用感がいいのです。

この理由を端的に表すと、「レスポンスが良い」と言うことだと思います。撮ろうと思った瞬間にシャッターが切れる、しかも二枚目三枚目の連写も早い、という感じ。「この表情を撮りたい」と思った瞬間にシャッターが切れるような瞬発力があるんです。

こういった使い心地はなかなか機能仕様=スペックには表しにくいと思いますが、機能というよりも土台となる「性能」の良さによって、使い勝手は変わってくるんですね。

 

また、手のでかい私にとっては「グッ」と握れる点や、多少重いレンズであっても、お辞儀しないボディの重さと安定感によって、かえって扱い易く感じたりします。

 

気付いたこと

7Dを使って気付いたことは二つあります。

一つは上記のとおり、スペックだけではカメラの使い勝手までは分からない、ということ。

今7Dに50mm F1.8 STMを付けて軽快に子供たちを撮るのが気持ちよくて仕方ないのですが、あっと思った瞬間に写真が撮れるようなこの切れ味は最高です。このような良さはスペック表だけでは気付けないところだと思います。

実際に使った時の心地よさ、自分にとってのフィーリングも含めて。いまどきのカメラであれば大抵画質は良いわけですから、ここも大切な魅力なんだな、と感じました。

 

もうひとつは、初心者であるほど高級機の恩恵にあずかれるな、ということです。

上位機種だから機能は豊富ですが操作系が複雑ということはありません。もちろん最低限の知識は必要でしょうが、その程度の予備知識はネット上で幾らでも得られます。

私は身の丈以上と思っていた7Dで子供撮りをしていて、気持ちよさという点では6DやM10すら越えていますし、「瞬間」を撮るという性能の高さは、私が持つ他のカメラでは替えが効かないとすら感じています。

そういえばカメラに興味を持った初期の初期、妻に借金してまでフルサイズの6Dを購入しましたが、技術が無いど素人であってもカメラの力で綺麗な子供たちの姿を残すことができました。AF合わせてシャッターを押すだけで美しい写真が撮れるからです。このカメラのおかげで素敵な思い出写真を沢山残せていると思います。

オーバースペックなんて思わないで、よりミス無く綺麗な写真を撮りたいならば、素人ほどカメラの性能に助けてもらえるように上位機種を選んだ方が良いのではないか!?と気付きました。

 

蛇足

ヤバいです。

7Dによって学んだこと、「初心者こそ性能の高いカメラを」と心底思って以来、手持ちのカメラを全て集約して「あいつ」に置き換えた方が良いんじゃないか?という考えにとらわれています。

当然私の今の手持ち資金では届かぬ値段ですが、「子供の成長は待ってくれない」という、単なる物欲すら正当化ができる錦の御旗があるのも怖い。

今年オリンピックイヤーということで更新が確実視される「あいつ」、どうにかして入手できないもんでしょうか。

 

夢のまた夢はさておき、7Dの画質については、ちょっと難しいと感じます。

6DやM10に比べて、適当にシャッターを押すだけではイマイチの写真になってしまうことが多い気がします。ですが、しっかりと取り組めばちゃんと答えてくれるだけの画質もあるカメラと感じました。

私は思い出写真ばかりなので、追い込んで撮ることは今のところしていませんが。

 

そんなライトユーザーの普段の子供撮りでどんな感じか、よろしければ参考にしてください。

f:id:tarijiri:20160113232505j:plain

f:id:tarijiri:20160113232440j:plain

f:id:tarijiri:20160113232513j:plain

f:id:tarijiri:20160113232429j:plain

f:id:tarijiri:20160115235415j:plain

 

50mmはAPS-C機種に装着すると80mmでF1.8という、ポートレートにもってこいのレンズになります。この機能でこの安さなのでお気に入りです!

 

 

フードも気分を盛り上げてくれます。

Canon レンズフード ES-68 L-HOODES68

Canon レンズフード ES-68 L-HOODES68