読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

PS4を手放してしまいました

雑感

約一年ちょっと前に購入したPS4ですが、先日売って手放してしまいました。

 

ゲーム機としては、残念ながら2015のウイイレ以来あまりできませんでした。

というのも子供たちが大きくなってきてしまい、ゲームをやりたがったり私がゲームをすると見てしまうなど、子供なしにはできなくなってしまいまして。

やはりPS4のゲームは大人向けなので(もちろんこれはいいことです!)、なかなか子供に安心して見せられないのですね。

 

で、我が家としてはWii Uを購入したのです。経緯として書いておりました。

tarijiri.hatenablog.com

 

Wii Uは5歳7カ月の長男と共に3歳4カ月の長女も遊んでおり、とりあえずしばらく大人しくなるので重宝しています。どっちがやるだの長女は直ぐにゲームオーバーになって怒ってしまうだのが面倒ですが。。

 

で、ゲームとしては使わなくなったPS4、映画観賞用として利用していました。

tarijiri.hatenablog.com

 

 

DVDをレンタルしても子供たちのせいで観られないままというリスクがなくなったという点では、便利でした。

 

では何故売ってしまったかというと。

第一には、やはり「お金が欲しかったから(笑)」。EOS Mの後継機を買いたいと思っているのですが、その資金が不足していたので・・。また、本体や箱のスペースを空けたいという気持ちもありました。私は不要なものを残しておくのがあまり好きではないので。


そしてもう一つ、「映画がすぐに観られない時がある」ため。

土曜日の朝4時ぐらいに目覚めて、「子供たちが起きてくるまでに、いまなら一本観られる」という時にサッと観たいのですが、PS4は頻繁にファームアップデートがあるんですね。なのでPS Store接続の前にアップデートを終えなければいけないのです。しょっちゅう起動しているわけではないので、毎回のようにアップデートがかかります。結局一本観れる時間が残らないことが結構あって、結局不満が残ってしまったのでした。

 

というわけで思い立ったら即実行、近所のゲーム屋さんで22Kで買い取って頂きました。

実際に手放した後も、今のところ全く不便さは感じていません。

 

もちろん、PS4はとても良いハードだと思います!

ゲーム機として使えないことと、映画もつかえるときは便利でしたが今のような限られた時間では厳しい場合がある、という私の特殊な環境に今は合わなかったということです。

今後、環境が合えばまた買い戻すこともあると思います。

とりあえず今までありがとうございました。