読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

iPodtouch第5世代 今までありがとう

情弱家族のスマホ化

約3年前、当時発売間もないiPodtouch第5世代64GBを購入し、本当に毎日便利に使い続けてきたのですが、ついに手放してしまいました。今回は人生で最も役にたってくれたこのガジェットについて、備忘録として感謝とともに書き残しておこうとおもいます。

f:id:tarijiri:20151010073747j:plain

カメラ機能で撮った写真が沢山残っています。

 

当時ガラケーを気に入って使っていたものの、スマホなるものが一般化していて使ってみたいと思ったこと、とはいえスマホで月々高いお金を払う気にもなれないということ、そして音楽再生デバイスが欲しかったことがあって購入しました。

 

いざ購入してみると・・本当に便利すぎるほど便利で!こんなに生活が変わるのか、と驚きました。なんせPCと接続してデータの入れ換えが不要になって、これ単体で運用できるのが便利でしたね。

購入当初はさまざまなアプリを試してみました。ゲームをしたり動画を観たりと使っていましたが、やがて我が家にもタブレット類も増えてきて、用途はシンプル且つ替えの効かないものになっていきました。

 

まず音楽プレイヤーとして。もちろんアプリも優秀で使いやすかったです。なにより64Gもあるので沢山の曲をストックできて、好きな時に好きな曲を外出先でも聞けるようになりました。

それまで使っていたのはアルバム2枚分程度だったので、これは衝撃的な進歩でした。

 

そしてカメラとして。

私は当時カメラについて知識ゼロだったので、このカメラで十分と思って使っていました。Dropboxに自動でアップできたので、孫の写真をジジババに簡単に見せることができていました。

子供たちの幼いころの写真は、ほとんどこのiPodtouchが残してくれました。

f:id:tarijiri:20151010095349j:plain

f:id:tarijiri:20151010073835j:plain

 

また、ラジオ好きなのになかなか聴けないでいた私にとっては、Podcastが非常に便利でした。毎日自動でダウンロードして、この番組のは聞いたら自動で削除、この番組のは保存、などがシンプルに設定できまして。これによって通勤が楽しい時間になりました。

 

また今でも通用する特徴として、この軽さと小ささがあげられますね。ジョギングに持ち出すのも楽でしたし、子供たちと一緒に寝る時も、ひっそりとWeb閲覧などに使っていました。

 

このように、購入してからの3年間、生活に密着して毎日使っていました。ガラケーはSIMフリースマホに変わったのですが、これがいわゆる「ファブレット」と当時言われたほど大きなもので使いづらく、毎日の通勤にも結局iPodtouchと二台持ちで運用していたのです。それでも苦にならないぐらい、便利なものでした。

 

何故手放してしまったかというと、第六世代が発売されるような時代になって、流石にスペック的に限界を感じてきてしまったからです。限られた用途でしたが、それでも動作も通信も重たくなってきてしまったからでした。

では第六世代に買い替えたかというと、今回は見送って、使いやすいサイズのSIMフリースマホを買い増ししましたがこれは別のお話。

 

今回のエントリを書くのに本体の写真を探してみたのですが、まだ見つかっていません。。わざわざ写真に撮ることも無いほど生活感溢れる道具だったんですね。私のタブレット経験の初期から支えてくれ、しかも長いこと第一線で活躍してくれた便利タブレットでした。

 

iPodtouch今まで本当にありがとう!