他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

3歳になった長女の様子

長女が3歳になりました。

f:id:tarijiri:20150709040320j:plain

備忘のため、今の様子を書き残そうと思います(これは1Nで撮った写真!)。

 

かわいいものが好き

女の子っぽいものが本当に好きなんですね。私は男兄弟で育ったので、こんな子供の時から女の子は女の子なんだと感じています。

ピンク、ふわふわ、スカート、「カワイイ」と言うこと、キラキラ、お姉さん、小物などなど、こんなものが大好きなのです。妻もおしゃれが好きで、センスの良い服を買ってきてくれるので助かっています。でもこのところ、妻が「今日はこれ着たら?」と出した服が気に入らないことも多くなってきました。

f:id:tarijiri:20150709040355j:plain

これはラプンツェルになっているのだそうです。

 

お兄ちゃん好き

お兄ちゃん好きなようです。ちょっと前までは「にいにい~」と慕っていましたが、最近は「○○ちゃん」と名前で呼んでいるようです。

また、兄がやっていることを真似したがりますね。ただし、兄が「じゃこれやろう」と言うと直ぐに飽きてやめちゃうこともあるようです。

 

f:id:tarijiri:20150709040149j:plain

花札やろうとしてますが、全く言うことを聞かない妹。流石に難しいでしょ(汗)

基本しつこいので、兄は面倒くさがっています。

 

おしゃべり 

まだ舌っ足らずで「おと-たん」「おか-たん」といった感じですが、良くしゃべります。

長男は突然妖怪ウオッチの話をするなどいまだに相手のことはお構いなしな時もありますが、長女の方が会話になった時期が早い気がします。保育園の話なども、結構しっかり教えてくれたりすることも。口癖は、「と-だよ」(そうだよ)と「いいけど」。

 

泣き叫び

とにかく自分の要望が聞き入れられないと泣き叫びます。

朝眠い時には特に期限が悪く、これまた泣き叫びます。

自分がお気に入りのタオルを持っている時に第三子が寄ってくると、タオルが狙われていると思ってこれまた泣き叫びます。とにかく、まだまだ「泣き叫ぶ」が有効と思っている様子で、ちょっとでも気に入らないとボロボロと泣きながら叫んでいます。

 

同じ要求を繰り返す

「ね-サクランボ食べたい、サクランボー。ね-サクランボまだ~?、サクランボー」のように延々と同じ要求を言葉に出してきます。

これが結構ウザくて、「わかったからちょっと待ってなさい!」とつい怒ってしまいます。それでも忘れたころに繰り返すので、「同じこと何度もいわないって言ってるよね!」という叱り方になってい
ます。

でもなかなか治らない。最近のトレンドは、ちょっとした自慢を親に見せるために、なんどもなんども「見て~見て~ねえ見て~」と繰り返すこと。

ちなみに長男は親がダメと言うと直ぐに諦めますが、長女は歯向かってきます。どちらも心配。

f:id:tarijiri:20150709041156j:plain

 

そこそこわがまま

例えば私が次女を抱っこ紐で抱えている時に「抱っこして~」と言ってきて、「いま○○ちゃん抱っこしてるから待ってて」というと、「○○ちゃん置いて」と言ってきます(笑)。これは長男は言ったことが無かった。本人の性格なのでしょう。それでも性根が悪いという感じではなく、そこそこのわがままさなので安心はしています。

 

f:id:tarijiri:20150709042551j:plain

お姉さんぶりたくて次女の世話を焼こうとして迷惑になっているところ。

 

言うと分かることが増えた

泣き叫んでいるときは難しいですが、ゆっくりと落ちついて説明すると理解して我慢してくれることも増えました。

朝、私が洗濯ものを干している時に、寝ぼけた娘が抱っこをせがんできました。しばらく抱っこした後に「お父さん、洗濯物を干さないといけないんだ。後で朝ごはん一緒に食べるから、先にこれ終わらせてもいい?」というと、「うん」と言って降りてリビングに行ってくれました。

 

カメラは苦手?

カメラを向けると顔をそむけてしまうことが多いです。これは以前から、保育園にたまにプロのカメラマンが来て撮ってくれる時も同様だったようです。

折角ポーズを取っても、目はカメラを避けていることが多いので、なかなかいい絵が撮れません。でも、ときどき笑顔の写真やこちらを見ている時の写真が撮れると、父としてはとてもうれしい。

また苦手そうなのは変わりませんが、ときどき「写真撮って」と言ってくれることが出てきました。カメラを構えるとまた顔をそむけてしまうのですが(笑)。

いわゆるツンデレキャラにでもなる気でしょうか。

 

f:id:tarijiri:20150709040452j:plain

折角の甚平も、カメラを向けると背中を向いてしまいました。

 

パイを卒業

長女はずっと「パイ」というものを飲んでいました。これは哺乳瓶に牛乳を入れて水で薄めたものです。

これを横になりながら飲むのが好きで、そのまま寝付いてくれることも多く、親としても助かっていたのですが、3歳になったら卒業しようと本人には伝えていました。

いざ誕生日を迎えたら、本当に卒業。今は牛乳をコップで飲んでから寝ています。

頑張りました。

 

とりあえずこんなところでしょうか。思い出したら追記していきたいと思います。
先日、折角誕生日だったのに手足口病にかかってしまって、舌にもできものが出てとても痛そうでした。かわいそうなのでケーキはまた買ってあげようと思います。

ちょっとわがままで愛想が悪いところもありますが、素直で明るい子供と感じています。

まだまだ父親に甘えてくれています。

このまま元気に育って欲しいと思います。