読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

酒田帰省記 1日目

2015年5月末。5歳2カ月の長男と2歳11カ月の長女と父である私の3人で、実家の山形県酒田市に帰省しました。

天気に恵まれ、子供たちも走り回って大いに楽しんでくれたようです。思い出を日記形式で書き残しておこうと思います。

 

出発の朝からトラブル

今回の帰省は、会社の有給を取得して木曜日~日曜日の3泊4日の予定。

早割り適用時期に往復のチケットを取得しておりました。庄内行きのチケットは、11:10発、12:10着の第二便を利用します。 帰りは第三便の12:50発、13:55着。

なのですが自宅を出る直前、トラブルが発覚しました。チケットの手配は妻にお願いしていたのですが、なんと妻は木曜日~土曜日の2泊3日だと思っていたらしいのです!なのでチケットも、土曜日の第三便を予約していました。

とりあえず早めに空港に行って、日にちを交換してもらえないか聞いてみようということになりましたが、日曜日の上りはさらに混んでいそうなのでちょっと不安でした。

空港について聞いてみたところ、早割りが効かないためキャンセルして改めてチケットを取ってもらう必要があるとのこと。確認してみると日曜日の帰りの便にまだ空席があったのでちょっと安心したものの、羽田のカウンターは非常に混んでいたため、庄内空港に着いてから手続きをすることにしました。

 

母との別れ、そしてロビーへ

今回の帰省で一番の心配ごとは、数日間母親と会えないことに子供たちが耐えられるか?ということでした。里帰り出産のときなど父である私と離れたことは多かったですが、母親とは初めて。特に3歳未満の長女は急に寂しさスイッチが入ってしまわないか心配でした。

同じく留守番している10カ月の次女と共に見送りに来てくれていたので、母親との別れは手荷物検査の前。長女はいつまでも手を振っていました。

ですが、空港内のロビーに入ると、兄と手をつないでリラックスしているようです。こんな時も長男の助けが本当に助かります。

f:id:tarijiri:20150606083816j:plain

 

やっぱり吐いた・・

もう一点心配事がありました。それは、長男の乗り物酔いです。過去に飛行機で帰省したときも毎回、吐いていました。親としての我々も長男本人も慣れたもので、紙袋にしっかり吐くことは出来るのですが、気持ち悪いだろうし苦しいだろうしかわいそう。

羽田から庄内空港までの飛行時間は1時間弱程度。今回はどうかなと思っていましたが、やはり到着間際に吐いていました。。

 

空港横の広すぎる広場

庄内空港には私の両親(以降ジジババ)が待っていました。子供たちが会うのは一年ちょっとぶりかな?最初はテレてしまうかと思いましたが、直ぐに「おじいちゃん!おばあちゃん!」と懐いてくれました。これって孫を連れて来た自分にとっても嬉しいものですね。

空港の隣にある広場で先に遊んでいるということで子供たちを任せ、私は帰りのチケットと交換に行きました。キャンセルし再購入でしたが、なんちゃら割りというのが効いたらしく二席で4000円弱の追加料金で無事チケットを確保。日曜日の東京便が簡単に取れるというのも、もうちょっと流行っていて欲しい気もしましたが。。

 

と言うわけで私も広場に移動。

f:id:tarijiri:20150606090419j:plain

ホワイトバランスを間違えたか露出補正が足りなかったか、変な色になってしまいましたが、どピーカンの空。

 

広場が・・広い!!

今回子供たちを酒田に連れて行きたかった理由の一つに、車が来る心配のないところで思い切り走りまわらせてあげたいという希望があったのですが、来ていきなり叶いました。

 

f:id:tarijiri:20150606090725j:plain

スゲー暗く撮れてる・・(泣)。実際にはとても広くて天気良かったです。日陰にビニールシートをしいてお昼も食べました。

子供たちはジジババが買ってくれていたボールやシャボン玉を使っておおはしゃぎ。

 

f:id:tarijiri:20150606091352j:plain

ボール拾いをさせられているジジババ、こんな晴天の下で大丈夫かな?

 

f:id:tarijiri:20150606091405j:plain

汗をかきすぎて拭いていました。着替えは全然足りなかったです、今回。 

 

自転車と三輪車

広場で遊び終わったら、イオンに移動して玩具を買ってもらい、遊具で遊んでいました。

f:id:tarijiri:20150606092049j:plain

こういった遊具に私たち親がお金を出すことはほとんどないので、この時とばかりに大いに楽しんでいたようです。

 

散々遊んだ後実家へ。

車での移動は長男が気持ち悪くならないか不安で、ちゃんとゲロ袋も用意していましたが、車では大丈夫だったようです。

 

実家では孫達のために、補助付きの自転車と三輪車を借りていてくれたようです。息子達はいままで自分で自転車に乗ったことは無かったのですが、こちらも楽しんでいた様子。

恐ろしいことに、自転車の練習をする場所が自宅前の道路という贅沢。確かに乗っている間、一度も車が通りませんでした。

 

f:id:tarijiri:20150606092425j:plain

まだぎこちない感じ。なかなか前に進みません。

 

f:id:tarijiri:20150606174250j:plain

三輪車はさらに難しそう。

 

f:id:tarijiri:20150606092512j:plain

この帰省の間に乗りこなせるようになるでしょうか。

そしてEOS Mでも色設定間違っていた・・。素直にオートで撮っておけばよかったです。

 

カレイとカレー ご飯が美味い

酒田に帰省して、やはり食べ物が美味しいのも楽しみでした。

晩御飯のカレイの煮つけはほくほくで美味しくて、子供たちも大いに食べていました。子供たちは大好きなカレーを、なんとつや姫にかけて食べていて、長男はお代りをするほど、大人一人前の半分ぐらいの量を食べていたと思います。

 

子供たちが寝た後は両親と弟とたらふくビールを飲みました。

初日から子供たちはからだ一杯使って遊びまわっていました。親としては疲れますが・・、ジジババのほうがずっと大変ですね。

明日も楽しみ!今回は10ヶ月の娘が居ないので疲れも相まってぐっすりと寝ることができました。