読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

酒田帰省記 0日目 帰省のきっかけと前日譚

2015年5月 酒田帰省記

我が家では今年の4月ごろを目標に、家族でのハワイ旅行を計画していました。ですが、残念ながら子供3人を連れていくには大変すぎるし、恐らく全く楽しめないと考え、断念しました。(そのあたりの顛末は、以下カテゴリーとして書き残しております。

tarijiri.hatenablog.com

 

そこでプランBとして考えたのが、スパリゾートハワイアンズへの旅行!母が福島出身ということで、あちらにはまだ3人の子供を紹介しきれていない親戚が多いので、その紹介を合わせて親戚が集まれる機会にできればなと考えました。

なのですが、母親に聞いたところそれぞれ忙しく、みんなが集まるのは難しそうだと。さらに、ハワイに行くほどではないにせよ、福島まで行くのも今の子供たちの年齢ではやはり大変。ということでこちらも断念。

そういった流れの中で、「じゃあせめて帰省しよう」ということになりました。

私の実家は山形県酒田市というところ。帰省だって移動は大変だろうと思われるかもしれませんが、今回は5歳2カ月の長男と2歳11カ月の長女だけを私が連れて、妻と10カ月の次女はお留守番という、家族を割った変則スタイルでの帰省を決断したのです。

 

思えばハワイ旅行計画の希望に満ちた日々からずいぶん遠くに来たなぁ・・。ちょっと寂しいですが、実は酒田に行くのも本当にたのしみでして。

まずは遊び盛りの子供たちを、車の心配のない広い場所で遊ばせられること。酒田と言えば庄内平野という平地にあり、普通の公園も広場もとても広いので、思い切り遊ばせてあげることができます。普段なかなか思い切って走り回る経験ができない子供たちですので、親として楽しみにしていました。

そしてもう一点は、自然の写真を多く撮れること。カメラに興味を持って初めての帰省です。酒田は平野に田んぼが広がる土地でさえぎるものが無いので、本当に空が広い。そしてもちろん自然も豊かです。普段子供か、街中に咲く花しか撮れていないので、これも楽しみになっていました。

 

今回の帰省ために中古で安く、またデジカメ買ってしまっていまして。。使ってみた感想は別エントリでお伝えしますが、ミラーレスカメラのEOS M+標準レンズ18-55mmを持っていくことにしました。それと、本当に迷ったのですが、折角の広い場所なのでフルサイズ機も持っていこうと、重いのを覚悟でEOS 6D+28-105mmUSM+50mm1.8Ⅱも持っていくことにしました。

f:id:tarijiri:20150601100751j:plain

 

というわけで、時間を見てちょっとずつになるかも知れませんが、前回の帰省エントリのように(

こちらにまとめてあります→2014年3月 酒田帰省記 カテゴリーの記事一覧 - 他力と自力と)、

今回の3泊4日の帰省の出来事についても、日記形式で思い出を書き残してみようと思います。

 

仕事などの忙しさは変わらないのですが、とりあえず初日分ぐらいは近いうちにアップしたい!