他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

子供たちが胃腸炎になりました

今回、汚い話ばかりになってしまい恐縮です・・。

 

6カ月の次女がずっとお腹が緩かったのですが、更に悪化を始めた木曜日、4歳10カ月の長男も夜中布団で吐きました。

いよいよ来たか、と。

 

実はちょっと前に、2歳7カ月の長女の保育園のクラスで、4人も吐いてしまったと聞いていました。我が家では毎年胃腸炎にかかり、特に長男は吐く傾向があります。今年も来たな、と覚悟を決めました。

 

この冬初めて関東では雪が降った翌金曜日。当然事態は収まっていません。

朝から気持ち悪そうな長男と、朝から何度もオムツにちびり続ける次女。これはちょっと妻一人では無理かなと会社を休みました。

 

長男はとにかく口にモノを入れると吐いてしまいます。ご飯を食べても牛乳を飲んでも、どうしても喉が渇いたからと水を飲んでも水のまま吐いてしまう状態。

ちょっと調子が良くなったから、すこしだけお茶を飲ませて様子を見て・・でもやはりぐったりした後吐いてしまう様子。

元気がなくて、昼から倒れるように寝てしまいました。

それにしても例年吐き続けているので、2回目以降はトイレに行けたり、洗面器に吐けるのは立派。一度勢いがありすぎて洗面器の外に吐いてしまいましたが、それ以外はちゃんと自分で対処できていました。

翌土曜日も朝から吐いていましたが、お昼ぐらいから落ち着いてきて、ようやく食べたものを吐かなくなりました。毎年少しずつ症状が和らいでいる気がします。

 

一方の次女は中々良くなりません。。

6カ月になったので離乳食を始めていたのですが、胃腸の負担を減らすために一時中断。それでも治まりません。

1時間の間に3回とか4回オムツを替えることもあります。今も夜中お腹すかせて起きた次女にミルクをやっている最中にウンチしたので、オムツを替えて手を洗って寝かしつけようとダッコしたらまたウンチ・・。

こちらも完全に目が覚めてしまい、おかげでこのブログをかけているわけですが(笑)。

次女自身は機嫌が悪いことも無く普通なのですが、やはりミルクを飲む量が半分ぐらいだったりなど、体調が悪そう。お尻もかぶれて赤くなっているところもあって軟膏を塗っていますが、早く良くなってほしいと思います。

 

それにしても、子供2人が同時に胃腸炎になると、親は常に汚物処理しているよう気になりますね。「こんなことするために産まれて来たんじゃない!」などとお互い愚痴ってしまいましたが(笑)、親としても吐いたものの始末スキルや被害範囲を狭めるリスクマネジメントのノウハウがあるので、以前よりはずっと負担が減った気がします。

とりあえず親の側で発症しなかったことと、恐らく自宅にウィルスを持ってきた長女が元気だったので助かりました。彼女も罹っていたら本当に耐えられなかったかも・・。

 

インフルエンザの猛威も増してきているようです。みなさんもお気をつけて。

早く春になってほしいなぁ。