他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

こまめに爪を切らないと

4カ月の次女が、少しずつ手を使えるようになってきました。ミルクを上げているときに親の服をつかんだり、穴のあいたボールを握れるようになってきたり。

f:id:tarijiri:20141214055419j:plain

 

それと共に自分の顔にも手が届くようになってきて、顔や頭をかきむしってしまい、自分の爪のせいで傷だらけになっていることが増えました。赤ちゃんの爪はそれほど伸びてなくても薄くて鋭いのですよね。直ぐに爪を切ってあげましたが、今後も気がつくたびに爪を切ってあげなければいけません。

 

それにしても赤ちゃんの顔の傷の治りってハヤー。