他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

ベッドも捨てました

我が家ではこの夏、近所にできる新築マンションへの住み替えを計画していました。

子供が3人いるのにわがマンションは2LDK。リビングが広いので3LDKには出来るのですが、それでも狭さが厳しいのではないかと引っ越しはずっと狙っていて、そのチャンスと思ったんですね。モデルルームまでみてローンの見積もりもして、と本気で検討していたのですが、結局は価格がやはり高すぎて諦めることになりました。

 

残念でしたが、どうせなら今住んでいる部屋をもっと住み心地良くしようと、最適化を目指して推進中です。前回ソファーを捨てた話を書いたのですが、今回は6畳の部屋を潰していた2台のベッドを捨てることにしました。

私と妻、それぞれセミダブルのベッドを使っていて、特に私のは結構高かった上に購入からまだ5年も経っていないもの。気に入ってたのですがこの2台のベッドだけで一部屋潰れてしまっていて、しかも子供たちは落っこちてしまうので寝かせることができず、みんなリビングに布団を敷いて寝ているような状況だったのです。

最適化推進のため、もったいない気持ちがありつつもベッドを処分することにしました。私と同様に妻もモノを捨てるのに躊躇が無いというか、無駄と思ったら即捨ててしまいたいところがあるので、直ぐに賛成してくれました。こういうところが似ているのはありがたい。

 

まずは売ろうと考えました。仮に値段が安くても、この部屋から持って行ってくれるだけでラッキーかなと。なのですがベッドってなかなか売れないんですね。中古じゃ買ってくれる人も少なく、しかも場所を取るので嫌われるそうです。

売るのを断念した後、じゃあお金払ってプロに処分してもらおうと業者を調べてみたのですが、これが結構な値段がするんですね!捨てるだけで2~3万円も掛ってしまうようでした。これはさすがにもったいないような気がしまして。

 

そこで粗大ごみとして出すことを検討してみました。

そうすると2台で5000円程度と無理のない値段です。ただ一点ネックがあり、それはマンションの外まで自分たちで運ばなくてはいけないということでした。私の地域では、高齢の方や障害者の方の場合は持ち出しを手伝ってもらえるのですが、それ以外の場合は自分たちで移動させなければいけません。

本当にできるのか・・。まずは二人のベッドを観察してみます。すると、マットレスと土台に分かれることが分かり、それぞれは持てない重さではないようです。これならば前回ソファを捨てたのと同じようにできるのではないか・・と考え、粗大ごみの申し込みをしました。

 

前日の夜にマットレスをマンション内の粗大ごみ置き場に置き、翌朝土台を移動させマンションの外に全て移動させました。部屋からはマンションに据え置きの台車を使って持ち出し、夫婦で運びだしました。勿論エレベータが無ければ不可能でした。朝から汗をかいて、その後埃のたまっていた部屋を掃除するのも大変でしたが、部屋を占領していたものが無くなり、部屋が一気に広くなったこの解放感は大変心地よいものでした。朝10時前には既に持って行ってもらえたようで安心。本当にすっきりしました。

 

当日からはその部屋に布団3+赤ちゃん用1を無理クリ敷いて、家族5人で寝ています。実は妻と次女はリビングに寝る予定だったのですが、長男が「5人で寝ようよ」と嬉しいことを言ってくれたので、ちょっと無理してトライしてみたのでした。

意外と狭くて5人で寝ると限界ぎりぎり、とりあえず0歳一カ月の次女は周囲を私達大人が防いで守りますが、長男長女はそれ以外の場所を縦横無尽にドタンバタンしながら寝ています。次女のミルクより、長男長女の頭突きや大車輪キックで起こされるほうがはるかに多くて大変ですが、それでもみんなで寝られるのは嬉しいものです。

 

もうちょっと次女が大きくなったら限界超えるんじゃないかとも思うのでまた変更するかもしれませんが、とりあえずは最適化が一歩進んだと満足しています。