他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

「STAND BY ME ドラえもん」 感想 ネタバレ

すみません、正直不快な映画でした。

 

※忘備録として、私が感じた不満点を以下正直に書いてしまいます。とても評判の良い映画ですし満足された方も多いでしょう。本作がお好きな方には読んでいただかないほうが良いと思います。

 

監督:山崎貴/八木竜一

2014年:日本

 

※以下ネタバレありなので、ご注意ください。

 

 

そもそも私は日本人として、ドラえもんは慣れ親しんだ存在であり大好きです。原作に詳しいというわけでもないのですが、最近子供たちが好きになったので私もまた興味を持っていました。この映画は長女にとって初めての映画鑑賞、子供たちが喜んでくれれば、と思っての鑑賞でした。

なのですが・。

 

ドラえもんとの出会いから別れ、そして・・まで

話はドラえもんの第一話から始まります。のび太の子孫であるセワシくんがドラえもんを連れてくるところ。「のび太君が幸せになる」ことを目指して二人で頑張り、そしてその目標を達成し役割を終えたドラえもんのび太くんの別れと、その後のエピソードまでを主幹として、その流れにドラえもん原作の名作といわれる話を盛り込んでいます。

 

不快であったエゴの押しつけ

原作の内容を基にしているとのことなので原作からしてそうなのかもしれませんが、ストーリーに「自分がやりたいことのために、相手を変える」というエゴの押しつけをが多くて、非常に不快に感じてしまいました。

 

まず冒頭で、ドラえもんのび太と暮らすことを嫌がります。それをセワシくんは「成し遂げプログラム」というのをドラえもんにセットし、強制的に従わせるのです。成し遂げプログラムは、例えば「帰りたい」などということを口走ると電気で痛めつけます。私はもうこの時点で腹が立ってしまいました。

 

そして「たまごの中のしずちゃん」の「刷りこみたまご」に至っては、文字通り刷り込みを通じて他人の心を変えてしまう道具です。もちろんこれは、話の中ではのび太が自分の勝手さを思い知らされる重要なエピソードであり、ストーリーとして必要だったのかもしれません。それにしてもその行動は腹が立ったし、ジャイアンスネ夫という無関係の二人がひどい目にあっているのを見ていても全く笑えませんでした。

 

ドラえもんにはこういう話は沢山あるでしょうし、これが単体の話であれば受け入れられたのかもしれませんが、「イイハナシ」げな雰囲気を盛り込んだパッケージ映画として繰り返し見せられるエゴに本当に嫌な気分になってしまったのです。

 

大切なしずかちゃんに対しても・・

話のメインが、のび太が将来しずかちゃんと結婚できるかどうかになってきます。そういう夢や目標を持つのも結構ではありますが、この視点からみてもドラえもんのび太の考え方や行動は、しずかちゃんに対するエゴの押しつけにしか見えませんでした。

まだ何の関係もないしずかちゃんに嫌われようとする「しずちゃんさようなら」の話も、絶望の底にいるのび太に対して虫すかんを渡すドラえもんがあり得ないのはさておき、嫌われるために勝手にスカートをめくったり薬を飲んで多くの人に迷惑をかける行動にも嫌気がさしました(そもそもこの時点では、将来の奥さんはジャイ子だったはずなのに)。

名作と名高い「のび太の結婚前夜」エピソードでも、そのエゴは炸裂します。もっとも驚いたのは、結婚前夜のしずかちゃん父娘のあいさつのシーンでした。その場面をのぞき見してる上に、その親子があまり会話できず別れようとしたときに、勝手に正直電波という道具で二人の大事なやり取りを変更して、本音を聞き出してしまうのです。

ここで、しずかちゃんのおとうさんはのび太のことを「人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことができる」と評しています。ですが、この映画に出てくるのび太からはそんな気持ちは少しも感じることができません。このエピソードの最後には、一方的に盛り上がってしまったのび太ドラえもんが、現代の何もわかっていないしずかちゃんに「幸せにするからね!」と思いを伝えるところで終わっています。私にはドラえもんものびたも、そしてそんな二人をずっと受け入れているしずかちゃんも、みんな狂人に見えてしまいました。

最後、ドラえもんが未来に帰った後の引き出しには、しずかちゃんと結婚した証となる写真が残されるのですが、他人に自分の将来の写真を勝手に持っていてもらいたくない私としては、こういうのを残すという演出も苦手でした。

 

坊主憎けりゃ・・

このように、この映画を好きになれなかったせいで、普段ならば気にも留めないような点も引っかかるようになってしました。

脚本的ないわゆる突っ込みどころも満載でした。この映画だけでなく、日本人として標準的にあるドラえもんリテラシーがなければ、つじつまが合わないと感じる点も多かったと思います。

そして某コラボレーション企業の広告はあまりにもあけっぴろげ。

さらに、これは映画の出来とは関係ないのですが、そもそもTVシリーズの映画宣伝で大事なところ全部見せてしまっており、私はそちらで十分泣いてしまったので、本番では「やっぱこれで終わりなんだ」といった程度に感動が抑えられてしまいました。

 

ルックは素晴らしかった!

ここまではよくなかった点を書いてきましたが、私的に素晴らしいと感じた点もありました。

白眉は映像の素晴らしさです。海外でもCGアニメ全盛時代ですが、この日本アニメのドラえもんの映像も負けていませんでした。「実写版ドラえもん」と見紛うほど各モジュールはきれいに丁寧に描かれていて、しかも他国の映画では見慣れぬ日本の家屋や風景が素晴らしいCGでみられたので、それだけで感動してしまいました。未来の道具もとてもキュートで、見てるだけで気持ちよく感じられます。日本映画ってこんなレベルでやれるんだ!と嬉しくなるレベルでした。

また、それぞれのキャラクターの演技演出も素晴らしく、特にのび太が最後ジャイアンに必死で喰らいついている表現などは、それだけで涙が出てしまいました(TVで見ちゃってましたが・・)。

秦基博さんの主題歌も本当に良かった!映画の雰囲気と合っている曲、そして歌詞を書けるプロの力を思い知らされました。

 

まとめ

CGの素晴らしさを感じさせてくれたのに、そのエゴイスティックな個々の展開や、それを気にも留めずに演技を続ける役者達の行動が、やはりプログラム的に作ったしょせん人間味の無いCGだったんだ、と思い返されるように感じてしまいました。。

未来を知っていて、その道具があるという強者の、相手の意図を強制的に変えてしまうようなエゴを強く感じてしまった作品、「良い映画」の体で、その実一方的な価値観の押し付けに終始して相手を思いやる視点を欠いているこの作りに、私は不誠実さを感じたし、不快でした。私は今回2歳児4歳児と観ましたが、もうちょっと大きくなった子供には見せたくない作品です。大好きなドラえもん映画、久しぶりの映画館での鑑賞でしたが、本当に残念でした。

ですが、CGや演技は本当に素晴らしかったので、是非またこの映像で素晴らしいストーリーの映画を見せてほしいと、本当に期待しています。

※青文字は三日後追記しました