読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

2014 J2 第11節 山形 1 vs 0 富山

ロスタイムの劇的勝利でした!

私は今節、二つの点を重視していました。
1つは、過去2戦で解説の方に指摘されていた、「3人目の動き」ができているか。
2つめは、今期初先発となる松岡選手の動き、です。

一つめの、複数の選手が動いているかというところに関しては、多いように感じました。中盤でパス交換をしている間に、サイドの選手がスペースに駆け上がるようなシーンがしばしばあって、選手が意識しているように感じました。
ですが、なかなかその展開するパスがなかなか繋がらず、とくに前半は決定機はほとんど作れていません。連携が深まることを期待します。

二つ目の松岡選手に関しては、期待通り良い仕事をされていたように見えました。
ボールはシンプルに扱うのが印象的。守備でも中盤から最終ラインにまで渡って締めてくれました。これからも先発を死守して欲しいですね。

初めてサイドに入った秋葉選手もいい動きで、解説の越智さんに褒められていましたね。またチームに新しいオプションが増えました。

試合はスコアレスドローが順当な内容でしたが、途中出場の萬代選手と山﨑選手の絡みから劇的な決勝点をあげてくれました。内容はまだまだですが、またひとつ試行錯誤も深まった気がします。
連戦で選手スタッフの皆さんは疲労が溜まっていると思いますが、是非連勝目指して頑張ってください。また、控えの動き選手もガンガンアピールして機会を得て欲しいです。