読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

2014年 酒田帰省記 その4 3日目編

2014年3月 酒田帰省記

酒田帰省日記の3日目です。

※本当につまらない備忘のための駄文なので、すみません。

 子供連れで酒田に行かれる方への参考にでもなれば。。

 

鳥海山荘で朝を迎え、また広いお座敷で朝ごはんを頂きました。

酒田という土地は港町であり、海の幸が豊富です。さらに山の恵みもあり、農産物も美味しいと改めて思ったわけですが、そんな魅力が詰まった朝ごはんでした。

お米は美味しいうえに、海藻のお味噌汁、焼き魚、山菜などなど、海と山と畑の幸を美味しく頂きました。それにしても旅館の朝ごはんって、なんでこんなに米の友が沢山あるんですかね。魚も梅干しもみそ汁ものりも。全部味わいつくすには何杯ご飯食べればよいのか。

野菜が苦手な息子も、美味しそうに食べていました。子供にはふりかけがつくのも嬉しいサービスでした。

 

ご飯を食べた後、雪は降っていなかったので外に遊びに行きました。昨日吹雪のためそりで遊べなかったリベンジです。。が、雪は降っていないものの風が強くて、やはりそりは断念。息子は3メートルほどの高さに雪を集めた山に、毛糸の手袋で登っては滑り降りる遊びを繰り返していました。

そういえばもう、ビニールの雪用手袋は売っておらず入手できなかったのでした。私は立っているだけで寒くて大変でしたが、いやいや雪を前にした子供のテンションはすごいですね。

 

温泉に入れて温めてあげたかったのですが、温泉は9時で清掃に入ってしまったため断念。下着まですべて着替えさせました。部屋が温かかったので風邪などはひかずに済んだようです。

チェックアウトを前に、もう一度車酔いの薬を飲ませました。途中、「猛禽類保護センター 鳥海イヌワシみらい館」に寄る予定でしたが、子供たちは朝から十分疲れたようなので、今回はあきらめて一度実家に戻ることに。

 

街に戻ると雪はすっかり無くなっていました。山の雪というのはすごいもんですね。

帰宅途中、また野菜の直売店に寄ったのですが、この店ではコーンの部分も上等の美味しいソフトクリームが売ってまして、ジジババが孫たちに買ってあげていました。私の家ではまだあまり甘いものを食べさせていなかったのですが、よほど美味しかったのか帰りの車中、子供たちは口の周りをベトベトにしながら夢中で食べていました。息子が抹茶、娘はバニラだったのですが、お互い取りあったりして食い意地を見せ、娘は息子にびんたを入れてまで食べることへの執着を見せます。息子はいつもどおり泣きながらもびんたを返すことはせず我慢してくれました。

 

帰宅後ちょっと休んで、お昼御飯へ。山形県といえば蕎麦が有名ですが、酒田はラーメンが有名。せっかくなのでラーメンを食べに行きました。

両親がお勧めのお店は混みすぎていて断念、別の有名店である「満月」というお店に行ったところ、ちょうどお座敷が空いたようなので入ることができました。こちらの満月さんはワンタン麺が名物ということで頂いたのですが、これまた本当に美味しかった!しょうゆ味だったと思うのですが、大盛りを注文もスルスルと平らげてしまいました。

酒田へ行かれる際は絶対にラーメンも計画に入れてください。「酒田ラーメン」というのぼりを掲げているお店を何件も見つけることができます。

 

お腹を満たした後は、文化センターの公園で遊び、その中の子供向け図書館に行きました。息子の背丈近くもある本があり、その大きさは私も初めて見たので驚きましたが、迫力があって良かったです。

 

その後、有名な平田牧場の本店に行き、晩御飯用のお肉を買いました。そういえば平田牧場の豚は味が濃くてこれまた美味しく(これしか言ってない気が・・)、是非お店の揚げたてのとんかつが食べたかったのですが、残念ながら今回は機会がありませんでした。

ちなみに庄内空港の中にもお店があるので、飛行機を使う前後に頂くことも可能です。

 

16時からはPCで、家族みんなでJリーグオンデマンドでモンテディオ山形の試合を観戦。残念ながら2-1で負けてしまいましたが、スカパーのチューナーが無い場所でも試合が見れるこのオンデマンドは本当に便利ですね。

 

晩御飯は新鮮なお刺身、そして平田牧場のお肉、シャキシャキの野菜を頂きました。家で食べるものも美味しかったです、ほんとに。息子もビールを祖母に注いだりなどしていました。この数日で瓶ビールも見慣れた様子です。子供たちを寝かしつけた後もガンガンにキリンラガーを空けながら、最後の夜も終わりました。