他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

クックルン風ハニーアップルパイを作ってみました

ロールパンホットドッグ作りました エントリに続き、またすすめ!キッチン戦隊クックルンで紹介された料理を、息子と作ってみました。

今回はクックルン風ハニーアップルパイです。レシピは こちら

f:id:tarijiri:20140319050850j:plain

 

これは餃子の皮を使うというユニークなもので、いつも通りとても簡単。3歳11カ月の息子でも、「料理した感」を得られたと思います。

 

今回息子が担当してくれたのが

・1cm角に切ったリンゴを皿にまとめる

・炒めたリンゴを餃子の皮に乗せる

・餃子の皮のフチに水を塗って、もう一枚を上から被せてくっつける

・バターとサラダ油を溶かしたものを塗る

と、盛りだくさんでした。

 

出来上がってみると、本当にフチはパリッパリになって、中はしっとり甘くてとてもおいしかった!

 

シナモンパウダーが無かったので入れなかったのと、リンゴに十分砂糖を使っているので、最後の砂糖も振りかけなかったですが、これはこれで美味しかったです。

 フチはさすがに餃子の皮だけあって甘味は無くむしろ塩気を感じまして、そこにもデザート感を出したかったら砂糖は振りかけたほうが良いとおもいます。私は甘すぎるとちょっと重くなるので、これぐらいでちょうど良かったです。

 

息子も楽しそうに料理してましたし、美味しそうに何枚も食べました。食が細い娘もにぃにぃが作ったのを見ていたせいか、食べてくれました。

料理を自分で手伝うようになってからご飯を食べる量も増え、空いた皿を纏めたり下げてくれるようになりまして、良い傾向です。

火を使った料理の際も傍で見ようとしたり、やたら手伝おうとするのでそれがちょっと危なくて面倒なのですが、料理に興味を持ってくれて、小学校高学年ぐらいになったら晩御飯をまかせたいと奥さんと話していたのですが・・さすがにちょっと難しいかな。