他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

「ワイルド・スピード MEGA MAX」 感想 ネタバレなし

「何も考えずに楽しめる」の最高峰!

 

2011年 アメリカ

監督:ジャスティン・リン

映画は全く詳しくないのですが、好きでたまに観ています。

映画館にはなかなか行けないので、レンタルDVDでの鑑賞が主になります。

どんな映画を見たか、すぐ忘れてしまうので、備忘のための感想駄文です。

 

 ※今回はネタバレ無しです。

 

なんか頭を使わず、スカッと楽しい映画が観たくて借りてみたのですが、まさに期待以上の楽しい作品でした。

 

鑑賞前はロック様がマシンガンでも打ちながら、カーレースやってドッガンバッゴンな映画か・・というイメージだったのですが、ロック様が主役ではなかったのですね。

しかもカーレースものかと思っていたのですが、まさかのケイパーものというのに驚き!さらにアクションはもちろん、人情あり、涙あり、お色気あり、ケレンミたっぷり。

ロック様とドミニクの肉弾戦は最高!その結果には元プロレスラーの意地を感じました。

ただし!ミアは妊娠初期にそんな運動しちゃダメ!

 

大迫力で車に全く興味の無い私でも十二分に楽しめました。

これは続編も観なきゃ治まりませんね!

 

ところでワイルドスピードシリーズは初めて観たと思っていたのですが、鑑賞後ネットで調べたら、ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTというのを、海外からの帰りの飛行機で見たことがありました。こちらは完全にカーレースの映画だったきがします。ドリフトととんでも日本描写と妻夫木くんしか印象に無かったですが、今回とは全く異なる印象であり、こちらの題名を覚えていたら、MEGA MAXは観ることがなかったかも・・。

 

覚えていなくて良かった!本当に楽しく見られる作品でした。