読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他力と自力と

育児に追われるおじさんの、日記代わりの備忘録です

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」 感想 ネタバレ

前編とはあまりに違う作品でした。。 監督:樋口真嗣 2015年:日本 ※以下ネタバレありなので、ご注意ください。 家族に時間をもらって会社帰りに観に行きました。 感想としては・・ん~残念!でした。 原作を全く知らないので的外れなことになってしまうかも…

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」 感想 ネタバレ

原作未読での実写版鑑賞、世界に誇れると思えるほど最高に面白かったです! 監督:樋口真嗣 2015年:日本 ※以下ネタバレありなので、ご注意ください。 パシフィックリムやGODZZILLA、ジャンボ鶴田さんや入道雲など、スケールのでかいものが出てくる世界が好…

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」 感想 ネタバレ

人生ベスト級キターー! 評判を伝え聞いてどうしても予備知識が無い内に映画館で観たかった作品、ちょっと無理をして時間を作って見に行きました。結果、大正解!人生ベスト級でした!! 監督:ジョージ・ミラー 2015年:米国 ※以下ネタバレありなので、ご注…

「セッション」 感想 ネタバレ

幸運なことに時間が取れたので、話題の映画を観ることができました。育児と家事と、更に仕事がいそがしかったのでようやく今年初めての映画館での観賞です! 話はシンプルですし、終盤畳みかけられるドラムは素晴らしく、多くの方が楽しめる作品であったと思…

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」 感想 ネタバレ

笑って泣けて興奮して。サイコーの快楽に漂わせてもらいました。 監督:ジェームズ・ガン 2014年:米国 ※以下ネタバレありなので、ご注意ください。 仕事がスッと空いたので、日頃の育児ストレス解消のため午後半休をして観に行きました。映画についてはテレ…

「STAND BY ME ドラえもん」 感想 ネタバレ

すみません、正直不快な映画でした。 ※忘備録として、私が感じた不満点を以下正直に書いてしまいます。とても評判の良い映画ですし満足された方も多いでしょう。本作がお好きな方には読んでいただかないほうが良いと思います。 監督:山崎貴/八木竜一 2014…

「GODZILLA」 感想 ネタバレ

でっかいもの好き(アホな文章)な私としては、ある意味最高の映画体験でした。 監督:ギャレス・エドワーズ 2014年:米国 ※以下ネタバレありなので、ご注意ください。 また、否定的な意見も多いので、本作がお好きな方はご容赦ください。 私は1954年の…

「世界の果ての通学路」 感想 ネタバレ

多様性と普遍性、そして希望のドキュメンタリーでした。 監督:パスカル・プリッソン 2012年:フランス ※以下ネタバレありなので、ご注意ください。 妻が産休に入ったので、一度ぐらい私も有給を取って、久しぶりに二人だけでランチをしようということになり…

「チョコレート・ドーナツ」 感想 ネタバレ

落ち着いた淡々としたトーンでしたが、突き刺さるような映画でした。 監督・脚本・演出:トラヴィス・ファイン 2012年:米国 ※以下ネタバレありなので、ご注意ください。 とある土曜日、午後から外出予定だったのですが、その前後3日間も奥さんが外出で私が…

「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」 感想 ネタバレ

面白かったですが、話が急に変わりすぎて、なかなか頭が付いていけなかったです。。 監督:エドガー・ライト ※以下ネタバレありなので、ご注意ください。 エドガー・ライト&サイモン・ペッグ&ニック・フロストの映画なら見に行くしかない!またまた会社を…

「映画クレヨンしんちゃん ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん」 感想 ネタバレ

泣きたくて観に行ったら、ギャグ満載のコメディ映画でした。 監督:高橋渉 ※以下ネタバレありなので、ご注意ください。 映画版クレヨンしんちゃんは「オトナ帝国」と「戦国大合戦」しか見ていない日和見且つしんちゃん弱者な私ですが、今回は父親を主題とし…

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 感想 ネタバレ無し

レオ様主演、スコセッシ監督のコンビ、初めて映画館で鑑賞できました。 「お下劣サイコー!」 株屋さんのレオ様ですが、ディーラーとして金を転がす役ではなく、電話で営業をしかけ客から金を集める役です。詐欺まがいの巧みな営業トークで客をたらしこみ、…

「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」 感想 ネタバレ

私は前作のキックアスが大好きでして、続編の上映を楽しみにしていたのです。 「キック・アス」 感想 ネタバレ で書いたのですが、この続編のために前作を見返し、テンションをあげて準備していました。 ただ、前作の魅力を超えることは難しいだろうな~とは…